医療問題

救急の日

 今日は救急の日です。
 私は形成外科医として、
 長い間、救急医療のお手伝いをしました。
 形成外科で関係するのは、
 顔のケガ。
 熱傷(やけど)などです。
 救命救急センターでないと助からない、
 重症の患者さんの治療も経験しました。
      ■         ■
 TVで見る…
 救急病棟の先生は、
 かっこ良くて…
 さっそうと働いていらっしゃいます。
 実際の救急医療の現場は、
 大変なものです。
 55歳のおじさん先生には、
 とても救急当直はできません。
      ■         ■
 救命救急センターへ搬送される方には、
 今朝まで元気だったのに、
 突然倒れて…
 意識を失って…
 呼んでも返事をしてくれなくなった…
 冷たくなって…
 もう帰らぬ人になってしまった。
 という例もたくさんあります。
 市立札幌病院に勤務していた20年前に、
 救急部でたくさんの患者さんをみました。
      ■         ■
 私は救急で仕事をしてから、
 人生観が変わりました。
 ドナーカードを持ったのも、
 救急部へ行ってからです。
 死んで灰になるよりは、
 死んでからも…
 他の人の役に立ちたいと思いました。
 苦しんで死ぬのは嫌ですが、
 脳死になったら…
 組織すべてを差し上げます。
      ■         ■
 救急車に‘患者として’
 乗ったことはありません。
 同乗者としては、
 何度か乗りました。
 私の母親が…
 一度お世話になったことがあります。
 救急隊員の方は、
 とても親切丁寧でした。
 言葉遣いも丁寧で、
 公務員の見本のような方でした。
      ■         ■
 救急の仕事は大変です。
 救急医も大変です。
 民主党政権になって、
 日本は変わるようです。
 国民が安心して暮らせる世の中にして欲しいです。
 救命救急というのは、
 私たちの生活に必要なものです。
 日本全国どこにいても、
 最高の救急医療が受けられるような、
 医療システムを作っていただきたいです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ