昔の記憶

今から26年前…

 今から26年前。
 昭和58年(1983年)9月20日。
 函館市本町33-2、
 社会福祉法人函館厚生院函館中央病院で、
 長女が生まれました。
 その日は今日のように天気が良く、
 私が出勤する時に、
 家内を車に乗せて、
 病院へ向かいました。
      ■         ■
 当時、
 私29歳、家内27歳。
 函館中央病院形成外科に勤務していました。
 4年目の形成外科医でした。
 住んでいたのは、
 函館市富岡町の、
 キャッスル富岡という…
 賃貸マンションでした。
 病院が借り上げてくれた、
 住宅でした。
      ■         ■
 私は富岡町から、
 車で通勤していました。
 その日は、家内の定期健診の日でした。
 家内は、
 午前中に産婦人科で健診を済ませて…
 中央病院の近くにある、
 丸井今井デパートへ寄って…
 自宅へ帰りました。
 デパートにいる時に…
 ちょっとお腹が痛くなったそうです。
 そのままバスで自宅へ帰りました。
      ■         ■
 私が形成外科の医局で、
 お昼休みを取っていた時でした。
 家内から電話がありました。
 『ちょっとお腹が痛くて変なので…』
 『病院へ行った方が良いか…?』
 という内容でした。
 先輩の石川先生が、
 奥さんを迎えに行ったら…?
 と言ってくださいました。
 医局には製薬会社のMRさんがいらしていて…
 僕の車で行きましょう
 と言ってくださいました。
      ■         ■
 MRさんに乗せていただき、
 私は家内を迎えに行きました。
 お腹が痛かったのは、
 陣痛(じんつう)でした。
 車の中でも、
 そんなに苦しそうでもなく、
 家内を産婦人科へ連れて行きました。
 生まれそうになったら呼んでください。
 そうお願いして、
 私は形成外科外来で診察をしていました。
      ■         ■
 外来をはじめて間もなく、
 分娩室から電話がありました。
 先生、もうすぐ生まれます。
 分娩室へいらしてください。
 助産婦さんからの連絡でした。
 え~っ?
 もう生まれるんですかぁ~?
 私が分娩室へ着くと、
 家内は苦しそうな顔をして、
 分娩台の上にいました。
      ■         ■
 初産は、
 時間がかかるんじゃなかったかなぁ~?
 と考える余裕もなく、
 産婦人科の松浦敏章先生に取り上げていただき、
 無事に長女は生まれました。
 助産婦さんから、
 安産でよかったですね
 と褒めていただきました。
 当時はビデオはなく、
 カメラとテープレコーダーで、
 分娩の様子を記録しました。
       ■         ■
 私の両親も、
 家内の両親も、
 初孫の誕生を喜んでくれました。
 私の両親は、
 札幌から車で飛んで来ました。
 家内の両親には、
 まず、母親に来てもらい…
 約1ヶ月の間、
 函館に滞在してもらって、
 お世話になりました。
 義父は一ヶ月後に、
 母親を迎えに来て会ってくれました。
      ■         ■
 今のように携帯もなく。
 もちろんメールで画像を送ることもできません。
 まだ青函連絡船があった時代でした。
 26年前に生まれた娘は、
 親の元を離れて…
 自由に生活しているようです。
 信頼の絆(きずな)を切られて…
 もうすぐ3年になります。
 親の私は、 
 悪いことをしないで…
 他人の役に立つことをしていて欲しいと、
 願っています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ