昔の記憶

人生で一番ロマンチックな時期

 毎年秋になると、
 予備校時代に矢野雋輔先生が言われた、
 受験生は人生で一番ロマンチックな時期
 という言葉を想い出します。
 私が札幌医大に合格できたのは、
 矢野先生のおかげです。
 形成外科医になれたのは、
 恩師の大浦武彦先生のおかげです。
 ご恩は一生忘れません。
      ■         ■
 必死で勉強していて、
 彼女もいない不遇な青春時代でした。
 こんなに辛いのに、
 どうしてロマンチックなのだろう…?
 と不思議に思っていました。
 どんなに勉強しても、
 成績はそれほどUPしないし。
 来年、合格できるという保証もない。
 自分の周囲を見回すと…
 偏差値75で落ちた人がいる。
      ■         ■
 勉強をして、
 自分の実力を知れば知るほど…
 不安になっていたものでした。
 自分の実力がわからない時は、
 偏差値60ちょっとでも合格した人もいるから、
 自分もひょっとしたら…?
 合格できるかも…?
 なんて考えたこともありました。
      ■         ■
 55歳という年齢になり、
 自分が生きてきた年月より、
 残された年月が少なくなりました。
 矢野先生も…
 もうこの世にいらっしゃいません。
 この年齢になって想うことは、
 やはり…
 矢野先生のお言葉は正解で、
 自分が努力して目標に向かっている時が、
 人生で一番ロマンチックな時期だということです。
      ■         ■
 昨日の日記にあった、
 クジャクの羽を広げている時は…
 若い人の特権です。
 男性も女性も、
 人生で一番美しい時期です。
 羽を広げたクジャクは、
 餌(えさ)を取ることはできません。
 美しい代わりに何もできません。
 生きていくためには…
 餌を取らなければなりません。
 羽を広げて子育てはできません。
      ■         ■
 受験生の頃は、
 自分で餌を取る心配をしなくても、
 親が餌を取ってくれました。
 たとえ貧しい餌でも、
 お腹が減って…
 餓死することはありませんでした。
 受験生の時期は、
 自分の夢に向かって努力している、
 人生で最も充実した時期だったと思います。
 55歳になって気付きました。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ