未分類

大地震のお見舞い

 東北地方太平洋沖地震のお見舞いを申し上げます。
 私は手術中でした。
 2011年3月11日、午後2時46分頃、
 身体が揺れている感じがしました。
 患者さんが、
 めまいのように…
 身体が…
 ゆれている感じがします。
 …と言われました。
      ■         ■
 すぐに考えたのは、
 この地震がどの程度か?
 手術は最後まで続けられるか?
 揺れがおさまっても…
 電気が消えるとまずい…
 最悪、
 懐中電灯でもキズは閉じられる。
      ■         ■
 幸い…
 札幌の被害は少なく、
 手術も無事に終了しました。
 これが…
 大病院で…
 開心術の手術中だったら…
 考えただけでも恐ろしいです。
      ■         ■
 今まで…
 十勝沖地震…
 北海道南西沖地震など…
 何回か地震を経験しました。
 今回ほどの地震は…
 考えたこともありませんでした。
      ■         ■
 市立札幌病院の設計時に、
 札幌市建築局の方と、
 設計図を検討したことがありました。
 形成外科病棟には、
 熱傷用ベッドという重いベッドがありました。
 形成外科病棟の床を補強していただきました。
      ■         ■
 札幌で大地震が起きても…
 災害拠点病院として機能するように、
 市立札幌病院は免震構造にして、
 建物は頑丈につくってあります。
 でもこれだけの揺れだと、
 壊れる医療機器もあると思います。
 仙台や福島の病院が、
 どうなっているか心配です。
 行方不明者を救出して、
 病院で治療していただきたいです。
 心からお見舞いを申し上げます。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ