医学講座

ITに強い医師になる

 2013年3月15日の院長日記、
 パソコン突然死に…
 ぽんさんからコメントをいただきました
 データの消失を防ぐにはSSDを使用したRAID1の導入やクラウドサービスを利用するのも有効ですよね。
 先日ハードディスクからIntel製SSDのRAID0構成に変えましたが超高速かつ発熱皆無で驚きました。
 OSの起動が15秒ほどでExcelやIEなんかは一瞬で起動… おまけに振動にも強くハードディスク以上に耐久性に優れています。 唯一の欠点である価格の引き下げさえ進めばもうハードディスクの時代は終わるのでしょうね…
      ■         ■
 う~ん
 すごいですね。
 58歳のおじさんには…
 ちょっと無理ですかね。
 SSDは知っています。
 RAIDは聞いたことはあります。
 0と1の違いはわかりません
      ■         ■
 ちょっとネットで調べてみましたが…
 壊れたら困るので自分ではできません。
 医師仲間にも…
 とてもPCに詳しい先生がいます。
 自分でプログラムを作る先生もいます。
 私はせいぜい利用させてもらうだけです。
      ■         ■
 情報処理に強くなることは…
 これからの医療業界でとても大切です。
 カルテや検査データー、
 画像データーなどなど、
 医療機関にはさまざまな情報があります。
 それをしっかり管理して守るのは…
 容易なことではありません。
      ■         ■
 若い人の中にも…
 ITに強い人もいれば…
 PCの蓋を開けたこともない人もいます。
 私は(個人的に)…
 医学部の入学試験で難しい数学は止めて…
 情報処理や簿記を入れると…
 社会に出てからずっと役立つと思います。
 ぽんさんのご活躍を祈っています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ