昔の記憶

雪が解けたら何になるか知ってる?

 平成25年3月26日、北海道新聞朝刊、
 朝の食卓というコラムです。
 朝の食卓
 雪が解けたら
 渡辺貞之
 あれは確か、1年生の理科の時間。
 雪が解けたら何になるか知ってる?」と聞いたら、みんな張り切って「水になる」と答えました。ところが遅れて後ろの方から「春になる」って声が聞こえたのです。みんなドッと笑いました。私も思わず一緒に笑いました。
 やっちゃん、またー」。声の主が分かり、みんなやっちゃんの方を振り向きました。そう言ったのは、やっちゃんは何かにつけ、ちゃかしてばかりだからです。
 ところがその時、やっちゃんはいつになく真剣な声で、「だって、雪解けたら春になるんだべや」と、むきになって言い返したのです。「何言ってるんだ。雪解けたら水になるんだべ」。みんなも私も、笑いながらやっちゃんをからかいました。
 後になって、私はその時の言葉が妙に気になってきました。「雪が解けたら春になる」。なんとすてきな言葉でしょう。
 どうして春になるって言ったの?」と後日、やっちゃんに聞いてみました。するとやっちゃんは「納屋で父さんが、やっとあったかくなってきたなあ。さあ、雪が解けたら春だ。そしたら仕事が忙しくなるぞと言ったんだ」と話してくれました。父さんの言葉をしっかり覚えていたのです。
 私はそんなやっちゃんのすてきな言葉をエラーしてしまったのです。いつの間にか忘れていました。「心を育てる教育を」
 (元小学校教諭・深川)
      ■         ■
 理科の時間に…
 雪がとけたら…
 水になるが正解です。
 でも…
 冬が長い北国では…
 雪がとけて春になるのを待っています
 やっちゃんの言葉はすてきです
      ■         ■
 今年は例年にない大雪です。
 札幌市内にもまだ積雪があります。
 ちょっと路地に入ると…
 車の深いわだちがあります。
 通行も大変です。
 昨日はJRの架線事故がありました。
 交通機関は大変です。
      ■         ■
 やっちゃんのお父さん。
 きっと働き者です。
 やっとあったかくなってきたなあ。
 さあ、雪が解けたら春だ。
 そしたら仕事が忙しくなるぞ
 農業は大切な産業です。
 日本の農家が元気で働ける世の中にしてください。
 TPPがちょっと心配な春です。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ