昔の記憶

還暦の年2014

 自分が高校生の頃、
 還暦(かんれき)の年に何をしているか?
 考えてもみませんでした。
 毎日まいにち勉強していました。
 定期試験はあるし、
 授業についていくだけで大変でした。
 札幌西高校で、
 私は優等生ではありませんでした
      ■         ■
 還暦を迎える年になって思うことです。
 勉強ができるとかできないとか、
 頭がいいとか悪いとか、
 容姿が素敵だとか、
 高校時代の優劣なんて、
 還暦になってみると関係ないなぁ~
 …というのが実感です。
      ■         ■
 変わらないのは
 声、
 性格、
 ちょっとした仕草、
 ものごとに対する対応。
 昔からすばやい人は、
 おっさんになっても対応が早いです。
      ■         ■
 私たちは札幌西高校23期、
 昭和48年(1973年)卒業、
 3年7組、藤枝正道先生の教室でした。
 自由な雰囲気の高校でした
 私たちの生徒総会で制服自由化を決めました。
 当時としては画期的なことでした。
 友人の葬儀に参列して思ったこと
 あと何年生きられるか
 神様でもご存知ありません。
 悔いのない残りの人生を全うしたいと思います。
 少しでも人様から感謝される仕事をしたいと思います

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ