医学講座

第3回口頭弁論記録(札幌地裁)

 今日の札幌は雪です。
 最高気温が-7.4℃(PM4:30)
 最低気温が-10.4℃(AM7:00)
 寒い一日でした。
 札幌地裁で第3回口頭弁論がありました。
 平成28年1月6日15:30に電話があってから、
 一年が経過しました。
      ■         ■
 裁判は時間がかかります。
 大同生命との裁判①
 平成28年4月23日に、
 特別送達という郵便物が届きました。
 第一回口頭弁論期日呼出状及び答弁書催告状
 平成28年4月22日
 裁判所から、
 原告から訴状が提出されました
 当裁判所に出頭する期日が下記のとおり定められましたので、
 同期日に出頭してください。
 なお、訴状を送達しますので、
 下記答弁書提出期限までに答弁書を提出してください。
  記
 期日 平成28年5月30日(月)午後1時30分
    口頭弁論期日
 出頭場所 703号法廷(7階)
 答弁書提出期限 平成28年5月23日(月)

      ■         ■
 訴状の内容は、
 私が2016年6月20日HTB北海道テレビの番組、
 イチオシ!
 どう変わる札幌中心部再開発で報道されたように、
 大同生命は、
 私が院長日記で取り上げたことを、
 店子として不適格としました。
 最初は訴訟の最も重要な争点が、
 札幌美容形成外科のホームページ上の記載でした。
      ■         ■
 事件番号 平成28年(ワ)第816号
 建物明渡請求事件
 第3回口頭弁論
 原告 大同生命保険株式会社
 被告 医療法人札幌美容形成外科
 期日 平成29年1月12日(木)午後3時57分~
 場所 ラウンド法廷(3階304)

 今日の第3回口頭弁論で、
 ホームページ上の記載が、
 争点から外れたことが確認されました。
 ブログ裁判がなくなったことが法廷で確認されました。
      ■         ■
 これからの争点は、
 建物賃貸契約の更新拒絶です。
 つまり、
 大同生命が、
 医療法人札幌美容形成外科に、
 もう建物は貸しません。
 賃貸契約の更新を、
 平成29年3月5日が経過した後はしません。
 …ということです。
      ■         ■
 これに対して、
 札幌美容形成外科は、
 そんなことを言われても困ります
 移転先がありません。
 老朽化していると言っても、
 建物が傾いていて、
 今にも倒れそうな状態ではありません。
 設備もあるので簡単に移転はできません。

 …と主張しています。
      ■         ■
 今日の第3回口頭弁論では、
 裁判所が職権で不動産鑑定を依頼することが決まりました。
 しっかり不動産鑑定士の先生に鑑定をしていただきます。
 札幌美容形成外科は、
 裁判所が判決を出すまでは、
 診療を続けることができます。
 現在通院中の患者さんも、
 これから手術予定の患者さんも、
 どうぞご安心ください
20170112-2
20170112-3

裁判所前の大通公園では札幌雪まつりの雪像作りをしています
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ