昔の記憶

25歳離れた夫婦

 平成29年5月9日、朝日新聞朝刊、天声人語です。
 25歳離れた夫婦
 昨秋、フランス各地の書店に『アンヌへの手紙』という分厚い本が並んだ。長く仏政界を率い、欧州統合の陣頭に立ったミッテラン元大統領が、生涯の愛人にささげた書簡集である。収められた1218通の恋文は真摯(しんし)で切ない。
▼出会ったときアンヌさんは19歳。ミッテラン氏は26歳も年上だった。二人の間に授かった娘を育てつつ、オルセー美術館の学芸員として彫刻研究に励んだ。書簡集は読者に圧倒的な支持を得ている。
▼そのフランスで、25歳上の妻をもつ大統領が生まれた。仏史上最も若い39歳のマクロン氏である。高校1年生のとき、ブリジットさんと出会った。40歳の文学教師だった。演劇部の顧問として脚本指導を受けるうち親しくなったという。
▼結婚したのは10年前。ブリジットさんが前夫との間にもうけた3人の子に、マクロン氏は謝意を伝えた。「僕は『普通の』という形容詞は好きじゃないけど、僕らは普通のカップルとはまったく違う。でもまちがいなく存在するカップルです」。
▼選挙戦を通じ、二人の年齢差はしばしば揶揄(やゆ)の対象ともなった。マクロン氏の支持者はこんな反論をしている。「米国のトランプ大統領とメラニア夫人も23歳差だ。なぜそちらは問題にしないのか」。
▼厳しい選挙戦を夫妻は二人三脚で乗り切った。演説の言い回しや演壇でのふるまいにも助言を続けた。彼女と出会わなければ、いまの彼はなかったのではないか。よどみのないマクロン氏の勝利演説を聴きながら、ひとり想像した。
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 私の友人にも、
 若い奥さんをもらった先生がいます。
 結婚式に、
 家内と招待していただきました。
 はっきり言って、
 すごい
 …と思いました。
 でも私には無理です。
      ■         ■
 逆に奥さんが年上のカップルもいらっしゃいます。
 例外なく言えることは、
 年上の奥さんは、
 実年齢よりずっと若く見えます
 若い伴侶がいると、
 若くなれるのかも?です。
 私はフランス語がわからないので、
 1218通の恋文は読めません。
 情熱を感じます。
      ■         ■
 私が結婚を決意した時
 今のように携帯もLINEもありませんでした。
 札幌⇔関西の電話料金は、
 3分で1,000円以上した記憶があります。
 唯一の通信手段は、
 手紙でした。
 速達で出すのが…
 せめてもの贅沢でした。
 手紙でいいところだけ見せ合ったので、
 無事に結婚できたようです。
      ■         ■
 その時は…
 この機会を逃すと…
 自分はもう一生結婚できないかも…?
 という危機感があったようにも思います。
 結納までの半年間に、
 たくさんの手紙を書いた記憶があります。
 その手紙のやり取りで、
 いろいろな事を確認できました。
      ■         ■
 結婚の条件という院長日記に書いた、
 日産自動車のゴーンさんの言葉があります。
 共通の価値観、
 優先順位など、
 共通項(commonality)が
 なければなりません。
 恋愛感情だけなら
 結婚する必要はないでしょう。
 私も価値観が同じというのが大切だと思います。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ