二重・眼瞼下垂

眼瞼下垂症手術と二重の幅

 札幌美容形成外科で一番多い手術が、
 眼瞼下垂症手術です。
 難しい手術です
 眼瞼下垂症は、
 目をこすること、
 ハードコンタクトレンズを長期間使うこと、
 その他の原因で、
 まぶたが開きにくくなる病気です
      ■         ■
 小さい時から、
 アレルギーなどで目をこすっていると、
 眼瞼挙筋がんけんきょきんと瞼板けんばんがはなれてしまいます。
 生まれつき、
 目を開く筋肉眼瞼挙筋が弱い人もいます。
 中学生なのに、
 おでこにシワがあって、
 眉が上がっています。
      ■         ■
 そんな人が、
 15万円以上もする、
 高い埋没法を受けても、
 理想の二重
 …にはなれません。
 せっかくローンまで組んで、
 手術を受けたのに、
 できたのは、
 ラインがついた
 眠そうな目です
      ■         ■
 相談メールで、
 保険適用で眼瞼下垂症手術受ける場合に、
 二重幅などの希望を聞いていただくことは可能ですか?

 …とお問い合わせをいただくことがあります。
 保険適応の眼瞼下垂症手術は、
 目を開くための手術です。
 細かなご指定をいただいても、
 できないものはお断りしています。
      ■         ■
 二重の幅については、
 狭くする、
 ふつう、
 少し広くする

 …という程度のご希望は伺いますが、
 幅広の平行二重にしてください。
 アイプチのこのラインにしてください、
 …というのは無理です。
      ■         ■
 幅広の平行二重にして、
 二重のラインにキズだけが残って、
 修正してください
 …という方も世の中にはたくさんいます。
 幅広にすると戻りやすいです
 派手な目よりも、
 イメージは自然、
 自然な目

 …をおすすめしています。
 修正手術は簡単ではありません
 元に戻せないこともあります

お悩みはよく理解できます
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ