昔の記憶

63歳になりました

 1954年9月8日生まれの私は、
 今日で63歳になりました。
 私が生まれた1954年9月に
 洞爺丸台風という
 台風が函館を襲いました。
 日本海難史上最大の惨事と言われる、
 死者・行方不明者あわせて1155人の大事故です。
      ■         ■
 この大惨事がきっかけとなり、
 青函トンネルが建設されました。
 今はそのトンネルを新幹線が走り、
 13年後には札幌まで新幹線が来ます
 昭和29年生まれの私には、
 実に感慨深いものがあります。
      ■         ■
 私にとって今年の誕生日は、
 18歳で受験に失敗し、
 浪人生活を送っていた時と同じ心境です。
 ほしいものは何もありません。
 勝訴だけです。
 立退料はいりません
 診療を継続できる、
 代わりの診療所がほしいだけです。
      ■         ■
 昨年の、
 62歳になりましたには、
 この一年で一番の出来事は、
 何と言っても大同生命との裁判です
 不動産の専門家にお聞きしたところ、
 (札幌)高裁までで5年
 …と教えていただきました。
 日本初のブログ裁判です
 私は後世に残る記録をしっかり残します
      ■         ■
 私は大同生命から被告にしていただいたおかげで、
 60代に大きな目標ができました。
 絶対に負けないという、
 強い信念を持って闘っています
 おかげ様で、
 健康に気をつけて、
 今まで以上に元気でがんばっています
 毎回の準備書面でたくさんのファイトをもらっています
 大同生命と虎門中央法律事務所を相手に、
 最高裁まで闘うつもりです

 …と書いています。
      ■         ■
 この日本初のブログ裁判には、
 勝訴する自信がありました。
 ブログに書いたことが、
 店子として不適格なので、
 立退料もなく、
 ゼロ円で出て行けという訴状です。
 このゼロ円で出て行けには、
 絶対に勝訴する自信がありました。
      ■         ■
 ところが、
 平成28年11月21日に相手方から、
 訴え変更の申立書が提出されました
 現在は、
 裁判所が専任した不動産鑑定士が算定した立退料で
 出て行けになりました。
 これには困りました。
      ■         ■ 
 立退料をもらっても、
 移転先がありません。
 立退料には高額の税金がかかるので
 立退料だけで移転費用がまかなえません。
 裁判は結審し、
 2017年10月30日(月)13:20に判決です
 札幌美容形成外科の運命が決まります。
 63歳を迎え、
 これからどうなるか裁判所の裁定を待っています。
 みなさまからのご声援に感謝しています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ