昔の記憶

ソフトクリームの思い出

 63歳になりましたに、
 私の同級生、
 すみれさんから、
 お祝いのメッセージをいただきました
 感慨深いものがあります。
      ■         ■
 すみれさんは、
 札幌西高校でアイドルような存在でした。
 目立つ美少女でした。
 西高祭という学校祭で主演をなさり、
 私たちの3年7組が優勝しました。
 脚本を書いた男子生徒は、
 その後、北海道放送に勤務しました。
      ■         ■
 私は青白い顔をした、
 不健康そうな男子でした
 いつも風邪をひいていました。
 熱を出して学校を休んだこともよくありました。
 一浪して受けた自治医大の面接で、
 きみは高校をよく欠席しているが、
 そんなに身体が弱くて僻地の医師になれるのか?

 …と面接官から質問されたくらいでした。
      ■         ■
 私たち札幌西高校23期は、
 1970年4月(昭和45年4月)入学
 1973年3月(昭和48年3月)卒業です。
 私は夕張市の山奥、
 大夕張の鹿島中学校から
 札幌西高校に入学しました
 札幌の高校に入学したものの、
 山奥から出てきたけんいち少年
 勉強ができませんでした。
 英語のテストは赤点でした
      ■         ■
 当時の札幌西高校は一学年450人でした。
 45人のクラスが10組ありました。
 おおよそ男子300人、女子150人程度で、
 圧倒的に女子が少ない学校でした。
 北海道の高校ランキングでは、
 ①札幌南
 ②札幌北
 ③札幌西
 …という順位でした。
 自由な校風が特徴でした。
      ■         ■
 大学受験で札幌医大を志望したものの、
 現役の時は全敗でした。
 3月上旬に試験があった、
 旧1期校→札幌医大→不合格
 3月下旬に試験があった、
 旧2期校→弘前大学医学部→不合格
 開学が遅れ10月に試験があった
 新設校→旭川医科大学→不合格
 私は失意のどん底で札幌予備学院医進コースで勉強していました。
      ■         ■
 予備校に入って驚きました
 私よりずっと偏差値が高い人が、
 予備校の模試で成績上位者だった人が、
 同じ札幌予備学院の医進コースに何人もいました。
 自分は落ちて当然だと自覚しました
 模試の成績は上がったものの、
 来年合格できるという保証はありません。
 毎日、勉強だけしていました。
 もちろん彼女なんていません。
 夢のまた夢でした。
      ■         ■
 街に出ることもめったにありませんでした。
 たまに本屋さんに参考書を買いに行く程度でした。
 そのくらい勉強しないと、
 私のように偏差値が65くらいの少年は、
 国公立の医学部に入るのは無理でした。
 札幌医大は、
 全国の国公立大学医学部の中では、
 一番入りやすいランクでした。
 それでも難しかったのです。
      ■         ■
 模試の成績もぱっとせず、
 あぁ、また来年も予備校かぁ~?
 …と思いながら歩いていると、
 あら、本間くん
 …と声をかけてくれた女性がいました。
 なんと、
 札幌西高校のマドンナだった、
 すみれさんでした。
 高校生の時よりずっときれいになっていました。
      ■         ■
 大丈夫ょ、来年は絶対合格できるって!
 私、本間くんにソフトクリームごちそうしてあげる。
 とってもおいしいの。

 どこでお会いしたのか?覚えていません。
 おそらく札幌の大通り公園あたりだったと思います。
 私はすみれさんに、
 札幌千秋庵のソフトクリームをごちそうしていただきました。
 人生で一番美味しかったソフトクリームです。
 すみれさんのおかげで、
 私は翌年、晴れて札幌医大に合格できました。
 このことをメールでお伝えすると、
 そんなことあったかしら?
 すみれさんはもちろん記憶になかったようです。
 私の青春時代の数少ない楽しい思い出です

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ