昔の記憶

私の欠席日数

 昨日の院長日記、
 橋本順子先生(ライオン)で、
 高校時代のことを思い出しました。
 西高一年生の頃
 札幌西高の想い出
 私が札幌西高校へ入学したのが、
 1970年4月(昭和45年4月)です。
      ■         ■
 15歳のけんいち少年ひ弱でした
 よく風邪をひいて、
 学校を休みました。
 欠席日数が多いので、
 自治医大の入試で面接官から、
 きみは高校をよく欠席しているが、
 そんなに身体が弱くて僻地の医師になれるのか?

 …と質問されたのを覚えています。
      ■         ■
 橋本順子先生は、
 まさか?
 あのひ弱な、
 本間くんが、
 医者になれるなんて、
 きっと思っていなかったと思います。
 成績も医学部に合格できるとは、
 到底考えられない低空飛行でした。
      ■         ■
 私の欠席日数は、
 高校1年生10日
 高校2年生15日
 高校3年生14日
 特に毎年1月~3月の、
 3学期に多い傾向があります。
 とにかく、
 よく風邪をひいていました。
      ■         ■
 欠席日数は、
 高校の時の通知票に書いてあります。
 実家から持ってきてここ(私の部屋)にあります。
 通知票の中味は、
 とても公開できるものではありません。
 西高1年生の時は、
 5段階評価の5はゼロです。
 これでも医者になれたのです。
 私が医者になれたのは、
 予備校でお世話になった、
 矢野雋輔(やのしゅんすけ)先生
 …のおかげです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ