医学講座

独学で覚えた医療事務とオンライン請求

 昨日の院長日記、
 移転とオンライン請求2018に、
 さくらんぼさんからコメントをいただきました
 私がニチイさんで資格を取った時は電卓に薬価本でした。
 うちの奥さんも、
 ニチイ学館で医療事務の資格を取りました。
 電卓と薬価本でした。
      ■         ■
 今はPCで料金計算をして、
 オンライン請求です。
 札幌美容形成外科を開業した14年前は、
 紙カルテで、
 紙のレセプトに手書きでした
 毎月、月はじめに、
 日本医療事務センターから2~3人の方にいらしていただき、
 手書きでレセプトを作成していただきました。
      ■         ■
 傷病名という病名も、
 ゴム印で押してました。
 今から考えると隔世の感があります。
 札幌美容形成外科を開業した時は、
 領収書もレシートだけでした。
 2005年から
 ORCAオルカ
 …と呼ばれる。
 日本医師会が作った料金計算のシステムを入れて、
 手書きレセプトから、
 印刷したレセプトにしました。
 領収書も印刷して出せるようになりました。
      ■         ■
 その次、
 2009年に導入したのが、
 電子カルテです。
 アイレックスという札幌の会社の電子カルテです。
 その前に使っていた、
 ORCAオルカというシステムを使える電子カルテです。
 今でも使っています。
 私は、
 それぞれのシステムを、
 会社の担当者から教えていただき、
 あとは独学で覚えました。
 オンライン請求は知り合いの先生が、
 『僕は自分でやってます』
 『(本間)先生もできますょ』

 …というお言葉に励まされてやりました。
 やればできるものです

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ