医学講座

保険でも見た目を重視するのが形成外科です

 昨日の院長日記、
 美容目的の手術は理想の目になれるか?
 …の続きです。
 私が形成外科を志したのは、
 札幌医大の学生時代です。
 形成外科医になった理由
 2006年11月26日の院長日記に書いてあります。
      ■         ■
 実習で手術を見学していた頃です、
 顔を縫うのにどう見てもキズが残りそうな縫い方を見ました。
 『病気が治ってもキズが残ったらこの人の人生はどうなるのだろう?』と思って、
 図書館で形成外科の教科書を見つけました。

 ここが私の出発点です。
 自分を信頼して手術を受けてくださる方に、
 できるだけ丁寧に手術をして、
 できるだけいい結果を出すことが生きがいです。
      ■         ■
 札幌美容形成外科では、
 保険診療でしか眼瞼下垂症手術をしていません。
 ですから、
 美容目的
 (高額な)自由診療で手術をしたら理想の目になれて。
 保険診療の手術だったら、
 理想の目になれない。

 …なんてことは【絶対に】言いません。
      ■         ■
 形成外科専門医試験の時に、
 10症例じゅっしょうれい
 …と呼ばれる症例提示があります。
 自己のベストの手術を、
 試験委員の先生に評価してもらいます。
 口頭試問もあります。
 ほぼ100%保険診療の手術です。
 保険診療の手術でも、
 仕上がりが悪いと
 形成外科専門医になれません

      ■         ■
 私たち形成外科医は、
 たとえ皮膚がんを手術した後の再建でも、
 できるだけきれい仕上げます。
 社会復帰が早くできるように、
 できるだけ早くきれいに治るように、
 手術をするのが形成外科医です。
 ここが形成外科の原点です。
      ■         ■
 保険診療の手術料金
 保険診療の料金は全国どこに行っても同じです。
 はっきり言って、
 今の保険医療制度では、
 もうからないこともあります。
 それでも、
 少しでも、
 きれいな結果にこだわります。
 やはり私は美容外科医ではなく、
 形成外科医だと思っています。

休診日のご案内

2019年2月の休診日

2月の休診日は以下のとおりです。
2日(土)第134回日本美容外科学会(東京)のため休診します
7日(木)
14日(木)
16日(土)17日(日)第30回日本眼瞼義眼床手術学会(大阪)のため休診します
21日(木)
23日(土)第18回日本褥瘡学会北海道地方会のため休診します

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ