医学講座

2007年5月15日 脂肪吸引のトラブル

この症例はPRSという米国形成外科学会雑誌に掲載された学術論文です。患者様は20代の女性。日本のある美容外科で腹部・殿部・大腿の脂肪吸... 続きを読む コメントはまだありません

2007年5月9日 小耳症と永田悟先生

5月6日に小耳症(ショウジショウ)という生まれつき耳がない病気について記載しました。実は、この小耳症の子供さんに耳をつくるのは、形成外科の中でも最も難しい手術と言われています。大学病院の有名な先生がした手術でも不満足... 続きを読む コメントはまだありません

2007年5月5日 眼瞼下垂症と保険適応

眼瞼下垂症は‘病気’なので保険適応になります。と昨日記載しました。どの程度の眼瞼下垂なら保険適応になるのでしょうか?というお問い合わせをいただきました。どの程度だったら保険適応になるか?という厳密な規定は現在のと... 続きを読む コメントはまだありません

2007年5月2日 専門医

形成外科にも美容外科にも専門医制度があります。自分に合った先生を見つけるのに、専門医は一つの指標にはなります。ただ形成外科専門医だから、美容外科専門医だから、腕が良いかというと、残念ながら答えはNOです。2006年... 続きを読む コメントはまだありません

2007年4月24日 陥没乳首と授乳

赤ちゃんはお母さんのおっぱいがあると反射的に吸い付きます。これを吸啜反射(キュウテツハンシャ)と呼びます。哺乳動物は何も教えないのにお母さんのおっぱいに吸い付きます。お母さんは乳首を吸われると反射的に乳汁を分泌しま... 続きを読む コメントはまだありません

2007年4月23日 何針縫いました?

顔に10針も縫うケガをしました。何針縫いましたか?など、何針という単位でケガの長さを表現することがあります。実は、この何針という表現には何の医学的な根拠もありません。一針何㎜と決まった基準はありません。一般外科しか... 続きを読む コメントはまだありません

2007年4月21日 目頭切開つづき

4月17日の目頭切開へのアクセス数が多いので続きを記載します。私は4年前から3回ほど韓国の目の手術セミナーへ講師として招かれました。そのセミナーには、私よりずっと有名な先生が招かれていました。韓国籍で米国在住、PRSと... 続きを読む コメントはまだありません

2007年4月18日 銃創

長崎の伊藤市長様が拳銃で撃たれてお亡くなりになりました。本当に残念で許しがたい事件です。以下は長崎市のHPから引用いたしました。伊藤市長のプロフィール■氏名伊藤一長(いとういっちょう)本名(いとうかずなが)... 続きを読む コメントはまだありません

2007年4月17日 目頭切開

最近、目頭切開の手術が増えています。私が最も得意とする手術の一つで、好きな手術です。目頭の皮膚がひだのようにかぶさって、目頭の赤い部分(涙湖といいます)が見えないのです。アジア人に多いので蒙古ひだと呼ばれています。ここ... 続きを読む コメントはまだありません

2007年4月14日 生涯に悔いを残すわきが手術のキズ

学会報告の続きです。京都に冨士森形成外科という有名な形成外科医院があります。院長の冨士森良輔先生は元京都大学形成外科講師。日本形成外科重鎮のお一人です。学会で‘京都の冨士森ですが…’と発言なさると、どの大学の教授でも反... 続きを読む コメントはまだありません

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ