札幌美容形成外科の診療内容

ヒアルロン酸

眉間のシワ
眉間のシワ
治療後6ヵ月
治療後6ヵ月
鼻唇溝のシワ
鼻唇溝のシワ
治療後6ヵ月
治療後6ヵ月

コラーゲン治療は中止しました

日本の厚生労働省が正式に認可した注入材料は1986年に認可された日本製コラーゲンと1987年に認可された米国製コラーゲンがあります。これらのコラーゲンは全てウシの皮膚を材料としています。狂牛病騒ぎで牛丼が食べられない時代もありますから認可されているとはいえ気持ちよくありません。札幌美容形成外科では、開院以来米国製のヒトコラーゲンを使用してきました。残念なことに、メーカーが販売を中止してしまいました。他に2005年頃から豚コラーゲンが市場に出ています。コストがヒトコラーゲンより安いのでヨーロッパを中心に用いられていますが当院では採用しておりません。2012年現在、日本製のウシコラーゲンが販売されていますが、札幌美容形成外科では使用しておりません。世の中の流れとしては、コラーゲンからヒアルロン酸になってきました。

ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸は生体内に存在するムコ多糖の一種です。皮膚・関節・眼球などさまざまな臓器に存在します。医療分野では関節や眼球にヒアルロン酸を注入する治療が健康保険で認められており広く普及しています。
当院ではQ-Med社で開発されたレスチレンを使用しています。レスチレンは一番古くから使われているヒアルロン酸の一つで安全性が高いのが特徴です。

吸収されないヒアルロン酸はお薦めしません

一部の美容外科では吸収されないヒアルロン酸としてアクアジェル(アクアミド)を推奨しています。安全性に問題がないと謳っていますが世界的にみると副作用が報告されています。注入した物質にアレルギー反応を起こした場合、それを取り除くことはとても難しいのです。鼻や顔の一部が真っ赤に腫れ上がってしまってからでは手遅れです。くれぐれも気をつけてください。

コラーゲンとヒアルロン酸の使い分け

コラーゲンもヒアルロン酸もシワの治療に広く使われています。それぞれシワの部位や深さによって使う種類が違います。慣れない先生がするとデコボコになったり数珠球状になったりします。手術以上に経験と技術が必要です。ヒアルロン酸はもともと肌の細胞の隙間を埋める働きをし水分や柔軟性の保持に役立っています。注入することにより潤いのある肌になります。

効果の持続期間について

ヒアルロン酸は効果が約6ヵ月から1年です。吸収され自然に元に戻るので安全だとお考え下さい。普通は年に2回程度来院され注射を受ける方が大部分です。どんなに高価な化粧品を使ってもシワは消えません。クリニックでしてもらう最高のお化粧だと考えていただければ満足できると思います。

ボトックスとの併用

ボトックスを注射すると筋肉が収縮しないため笑いジワや口唇のシワができにくくなります。眉間の縦ジワや目尻の『カラスの足跡』と言われる笑いジワには特に効果的で米国で大ヒットしています。ヒアルロン酸とボトックスを併用するとヒアルロン酸が吸収されにくくなり効果の持続期間が延長します。ボトックスの詳しい説明はこちら。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ