昔の記憶

形成外科医の兼業(けんぎょう)

 大学病院に勤務する医師の給与は、
 想像以上に低いものです。
 医師の給与という、
 2007年2月4日の院長日記に書きました。
 私が研修医になった昭和55年(1980年)頃は
 研修医の給料が一番安かったのが、
 なんと慶応病院でした。
 あの有名な‘王選手まで手術した’
 慶応義塾大学病院の研修医の月給が約3万円。
 北大病院の研修医が約10万円でした。
 慶応病院はお給料が安くても
 たくさんの研修医が集まるため
 高くする必要がなかったのだと思います。
      ■         ■
 研修医だけではなく…
 医学部の教授職でも…
 大学からいただくお給料は高くありません
 大学病院のお医者さんは、
 学会出張もありますし、
 高価な外国雑誌の年間購読料。
 高価な医学書。
 高価な学会参加費。
 たくさん入っている学会の年会費。
 お金がいくらあっても足りません。
      ■         ■
 独身のうちや、
 共働きだと大丈夫ですが…
 子どもの教育費がかかるようになると…
 生活はとても大変になります。
 私は家内から…
 大学のお給料ではやって行けませんと…
 何度も言われました。
 それほど薄給でした。
      ■         ■
 結婚が決まってから、
 北大病院の給与明細を見せた時に…
 絶句されたのを覚えています。
 私の研修医としての給与は、
 手取り10万円未満。
 ボーナスも無しでした。
 家内が勤めていた会社は、
 大手のお給料が良い会社でした。
 短大卒後4年目で、
 私の2倍以上の手取りがありました。
      ■         ■
 大学病院に勤務する医師が、
 海外出張にも行けて、
 学会にも参加して、
 何とか生活して行けるのは、
 兼業(けんぎょう)というアルバイトのおかげです。
 国公立大学ですと、
 兼業届(けんぎょうとどけ)というのを提出して、
 許可を得てアルバイトへ行きます。
      ■         ■
 医師不足の世の中ですから…
 地域医療のため
 高度な技術が必要なため
 他に手術ができる医師がいないため
 技術指導のため
 さまざまな理由をつけて、
 兼業を許可してもらいます。
 不許可になることはまずありません。
      ■         ■
 ところが… 
 チェー店の○○美容外科で、
 美容外科研修のために、
 兼業を許可してください…
 という兼業願はいかがでしょうか?
 少なくとも…
 私が知っている先生で、
 堂々とチェーン店の美容外科へ行った先生はいません。
 だいたいは、
 休日である土日などに、
 こっそりと行っていました。
      ■         ■
 国公立大学の場合は、
 土日でも営利企業でのアルバイト禁止です。
 スタッフと呼ばれる、
 助手以上の教員は、
 この兼業規定が厳しくなります。
 症例数が多い、
 チェーン店の美容外科で、
 美容外科を研修しようとしても、
 なかなか難しいのが現実です。
 私がアルバイトに行っていたのは、
 函館にある病院でした。
 褥瘡(じょくそう)の処置などをしていました。

“形成外科医の兼業(けんぎょう)”へのコメント

  1. 函館の元看護師 より:

    函館の病院にいらしていた時は、そんな色々な現実があるとは知りませんでした。
    でも地方のあまり大きいとは言えない病院で、先生の技術は目から鱗でした。それから形成に勤務はできませんでしたが、外科の手術のある病院に勤めたきっかけにはなり、いまだにその見た技術は私の宝です。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ