昔の記憶

仕送りはがき

 平成28年12月17日、朝日新聞朝刊、
 ひとときへの投稿です。
 仕送りはがき
 今月も、20歳の息子からはがきが来る頃だ。
 息子は京都で大学生活を送る。我が家には子ども部屋がなく、息子は高校3年と浪人時代の2年間、同じマンションに住む「バコちゃん」のお宅で、ほぼ毎日、勉強させてもらった。
 バコちゃんは88歳の女性で、一人暮らし。血のつながりはなく、このご時世にご近所というよしみだけで、息子が小さい頃からかわいがってもらった。
 おかげで息子は志望校に合格。恩人であるバコちゃんにお礼をせねばバチがあたる。そこで息子が下宿する際、「バコちゃんにはがきを書くこと。そうすれば仕送りをする。ついでに富山の両方の祖父母にも書く。そして入金後に父親にお礼を書く」と条件を出した。
 それ以来、息子は毎月、近況を書いたはがきを送ってくる。皆、はがきの到着を「もうそろそろだ」と心待ちにし、何度も読み返して頂いているよう。息子には小学生レベルの文章力を向上させる訓練にもなる。夫は、面と向かって言ってもらえない感謝の言葉を聞ける。
 恩人・祖父母・息子・私たち夫婦、すべてに良し! の仕送りはがき。息子の動向を把握できて、私もにんまりだ。
 (東京都杉並区 武隈真紀子 主婦 49歳)
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 私の子供2人は、
 自宅から通える学校だったので、
 仕送りはありませんでした。
 私の弟だけ、
 札幌から東京の私大に進学しました。
 親が仕送りをしていました。
 大変だといつも言ってました
      ■         ■
 私の子供は自宅から通学しましたが、
 それでも在学中は大変でした。
 私の同級生も、
 みな同じように、
 子供の教育費が大変だと言ってました
 自分自身を振り返っても、
 親は教育にお金をかけてくれました
      ■         ■
 仕送りはがき
 とてもいい制度だと思います。
 はがきに字を書いて、
 投函するということを、
 知らない人が多いです。
 若者の間では、
 年賀状すらやり取りしないようです。
 メールという便利な手段があります。
      ■         ■
 同じマンションの、
 バコちゃん♡が素敵です。
 きっと、
 自分の孫のようにかわいがっていらしたと思います。
 ♡皆、はがきの到着を「もうそろそろだ」と心待ち♡
 …が目に浮かぶようです。
 20歳のご子息、
 毎月はがきを書くと、
 必ず将来役に立ちます。
 就職試験でも有利です。
 がんばってはがきを書いてください。
 札幌から応援しています。

“仕送りはがき”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    私の息子は何回も学校に入りました。長男は 大学四年間アパート暮らしだったので仕送りしてました。就職して八年過ぎ四年制の学校に入り直し八年で学費だけは貯めたものの、実習費は遠くに行くと50万円もかかり、それが何回もでした。次男は高校卒業後 就職しましたが一年で退職、千葉の介護福祉の学校に行き、仕送り、その後、山形の某病院で5年間介護福祉士として働き、その後に愛知県の准看護学校に行き、東京の正看護師の学校に行き 関東の総合病院に看護師として働いています。学費は貯めていたものの、それでは足りず、相当仕送りしてました。 でも たまにメールがくるくらいでハガキとか手紙はきません。あまりなんの連絡もないと 生きているならなんとかよこせ、とメールすると 【あ】とだけきます。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。さくらんぼさんのご子息は頭がいいですね。思わず笑ってしまいました。【】は生きている証拠ですね。うちの息子も似たようなものです。生きているのやら?と家内が心配していた時がありました。便りのないのが良い便りと私は思っていた時もありました。

  2. なっちゅん より:

    なんというシステムを武隈真紀子さんは
    考えつかれたんでしょう。
    とてもいいですね。
    心がこもってます。

    私も年賀状は昔100枚出していたのに
    今はメールやラインで済ませ
    ほぼ出してません。

    先生が書かれてるように
    ハガキを書くと言うことは
    将来役に立ちますね。

    毎月、バコちゃんとご両親はおハガキを
    心待ちにしてるでしょうね。

    ほっこりとしたお話で、よかったです。
    ご紹介していただきました
    ありがとうございました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。『皆、はがきの到着を「もうそろそろだ」と心待ちにし、何度も読み返して頂いている』よう。そのお気持ちがよくわかります。富山のおじいちゃんおばあちゃんも喜んでいらっしゃることですね。

  3. えりー より:

    仕送りハガキとは名案ですね。
    ハガキを送り続ける、ご子息も
    素晴らしいと思います。
    うちにも高校生の息子がいるので
    取り入れたいと思いますが、
    メールで済まそうとすると思います。
    大学進学は家計を圧迫しそうで、
    今から不安が大きいですが、
    親として出来る限りの事はしてあげたいですね。
    知識や教養は親が一生懸命与えてくれた財産だと
    思います。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。子供の教育費は贈与税がかからない親からのプレゼントですね。それにしても親は大変です。高校生のご子息様が無事に志望校に合格できることをお祈りしています。

  4. すみれ より:

    杉並区には17年いました。いまでも友達がいて二カ月に一度ぐらい行って、います。今どき部屋を貸す人がいるのですね。心あたたまる文です。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。小さい頃からかわいがってくれていたのですね。杉並区は高級住宅街のイメージです。いい方が住んでいらっしゃるのですね。

  5. くくるん より:

    東京に出てきた頃、自分は杉並区に住んでいました。
    【半年ほど】

    ハガキや手紙を書くことは、ほとんどなくなりましたが、気が向くと友人に往復ハガキを出すことがあります。
    返事が来るとメールにはない、肉筆の温かさを感じます。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。うちの子供たちは往復はがきなんて出したことがないと思います。せいぜい結婚式の招待状についてくる返信用はがきくらいでしょうか?返事をくださるご友人もえらいですね。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ