昔の記憶

開院13周年

 今日2017年8月3日は開院記念日です。
 2004年8月3日に開院しました。
 満13年です。
 2004年生まれの赤ちゃんが、
 中学校1年生になりました。
 私は49歳から62歳になりました。
 まだまだ元気です。
      ■         ■
 北大医学部教官の定年が63歳、
 札幌医大教官の定年が65歳です。
 札幌医大を定年退職してから、
 開業する先生もいらっしゃいます。
 65歳から開業されて、
 80歳を超えても、
 現役で手術をしている先生がいらっしゃいます。
      ■         ■
 私もまだまだ元気なので、
 これからもがんばりたいと思っています。
 残念なことに、
 現在は建物明渡訴訟の被告です
 札幌地裁で裁判が行われています。
 原告は大同生命保険㈱です。
 私を追い出すのに必死です。
      ■         ■
 残念なことに、
 私は大同生命の担当者とは、
 一度もお会いしたことはありません。
 毎回裁判所にいらっしゃるのは、
 代理人の弁護士さんお二人だけです。
 弁護士に一任し、
 原告は裁判所に来なくても裁判ができます。
      ■         ■
 私が大同生命の担当者の話しを聞いたのは、
 HTBが放送してくださった、
 2016年6月20日の番組、
 イチオシ!
 どう変わる札幌中心部再開発だけです。
 YouTubeでご覧いただけます
 この中で、
 大同生命保険
 執行役員
 小川琢磨広報部長
が話している内容です。
 お会いしたことはありません
      ■         ■
 大同生命側はHTBの取材に対して、
 裁判に関しては係争中ということで、
 明確な回答は控えたいと
しました。
 番組のインタビューでは、
 基本的にはですね、
 争うと言っても、
 それはお互いに納得点が、
 話し合いの中ではなかったから

 ということでございますので、
 それぞれの、それを
 第三者の司法という目で、
 きっちりと判じてもらえればなぁ
と思います。

 …と話していらっしゃいました。
      ■         ■
 建物明渡訴訟の判決は、
 今年の秋に出ます。
 私は勝訴できると確信しています。
 来年の開院14周年も、
 現在地で診療を続けたいと願っています。
 みなさまから、
 たくさんのご声援をいただき、
 ほんとうにありがとうございます。
 最後まであきらめずにがんばります
open
20160620 
 

“開院13周年”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    13歳のお誕生日おめでとうございます(*^^*) 

    昨年の1月6日に大同生命の山田さんから
    突然電話が来たんでしたっけ?

    その電話応対が高圧的との相手側の主張で
    初のブログ裁判になり
    先生の証拠から
    あっけなくクリアしましたね。

    それから争点は建物明け渡しのみになり
    それぞれの言い分が違うと言う事ですが
    いきなり裁判にしてきた大同生命さん。

    私は札幌にいた時に
    大同生命ビルのテナントで勤務してました。
    立地条件がよく
    大同生命さんもなんとなく好きでした。

    でも私の中での評価が
    今回の裁判でガラリと変わりました。

    今は勝訴をお祈りするばかりです。
    そこのテナントで
    14歳のお誕生日を迎えてくださいね!

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。そうなんです。電話での応答は決して威圧的も高圧的もありません。YouTubeで公開と書いた頃から争点が変更になりました。ご声援に感謝しています。

  2. さくらんぼ より:

    開院13年 おめでとうございますm(_ _)m。 これからもずっと 今の場所で悩める人を助けてください。来年も 14周年!のブログ 待ってます。 頑張れ 本間先生!

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。12年目の開院記念日は店子として不適格なのでゼロ円で出て行け、今年は証人尋問が終了し、最終準備書面と判決を待つ身です。敗訴したら閉院も覚悟で訴訟に臨んでいます。さくらんぼさんから応援していただき千人力です。ありがとうございます。

  3. くくるん より:

    開院13周年、おめでとうございます。
    閉院するクリニックもあるなか、ここまで経営出来ているのは先生をはじめスタッフの皆さんと奥様の努力、地域の方のご理解があるからだと思います。

    写真でもおっしゃっていますね。
    もっと早く言ってくれよ、ってまったくそうですよ。
    頑張ってください!

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。開院祝のメッセージをありがとうございます。14年目も現在地で診療を継続していたいです。ご声援に感謝しています。

  4. えりー より:

    開院13周年おめでとうございます。
    記念日に偶然、奥様にお目にかかれて
    嬉しく思いました。

    定年なさってから開業される、
    お医者さまもいらっしゃるのですね。

    本間先生もまだまだお元気なので、
    これからも、
    困っている患者さんを素晴らしい
    技術で救って欲しいと思っています。

    14周年もご活躍応援しています。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。うちの家内も東急デパートのファンなのです。よく東急百貨店を利用しています。14年目も健康に気を付けてがんばります。

  5. すみれ より:

    開院13周年、おめでとうございます。今後、ますます、貴院がご発展しますように。その前に大同生命に勝訴して下さいね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。私としては現状維持で十分なのです。60歳を過ぎても仕事があることに感謝して毎日働いています。敗訴したら移転先がないので廃院です。従業員も患者さんもいるのでまだ閉院はできません。ご声援に感謝しています。

  6. ラズベリー より:

    本間先生、13年目の開院日おめでとうございます。

    原告側の某生命保険会社は提訴してきておいて、社長は裁判には来ないのですね。。。。せめてNO.2の方が来ないと裁判を軽視していると思われますよね。日程について裁判所から通知予告されるはずですよね。大企業の方だから弁護士に丸投げで余裕綽々なのですかね。
    賃貸人の更新拒絶、明け渡しを求める際の【正当事由】として、①老朽化が顕著で天災により、このまま放置すると建物が倒壊するという緊迫した状態。②家主が自分で住むために必要になった場合(別宅を持って意図的に住むという工作は論外)。③賃料を滞納が続いた場合(※1~3か月程度の滞納では認められない。(特別な事情がある場合もある可能性がある為と解釈)判例では確か6か月以上滞納した時のようです。)。④家主が別に建物を提供した時。⑤テナント難を解消するよう策を講じ、移転に際し、損害がどの程度出るのかを算出し、その補償金が妥当だった時【※北海道新幹線開通 新青森・新函館間(2030年には札幌まで開通予定です)】。
    さて、ネットの弁護人は答弁させて頂きます。
    ここからは特に原告人や原告側の弁護士の方に是非読んで頂きたいです。
    まず、上記③からです。本間先生は滞納はされません。
    もし、賃料を振り込んでいたのに、突然、オーナーに口座を勝手に解約して賃料を受けとらないという事があった時は、現金書留又は【供託】という方法をとります。前オーナーと交わした振り込み日時までに入金されます。
    札幌美容形成外科の赤字だから、滞納する心配についてはご懸念は無用です。
    原告側の弁護士の方は医療や介護に対してどの程度、ご理解があるのでしょうか。先日、6月18日に看護必要度評価院内指導者研修に行ってきまして、試験を経て、数日前に修了証書が届いたところです。
    研修の中で、これから日本は【少子高齢化】【第二次ベビーブームの人の未婚率が高い】→政府の対策が出来ていない、非正規大量増加で追い打ち、【医療、介護の増加】→団塊世代の高齢者が後期高齢者増加し、そのあと【多死社会を迎え】→(死人が多すぎて火葬もすぐ出来ず、葬儀も何日も待つ)【やがて日本の経済縮小】だそうです。
    日本の診療報酬について、【①物価が高い東京23区でも、都市部でも地方で物価が安いところでも一律】【②消費増税分が診療報酬に上乗せされていない】、稼働率に加え、看護必要度絡みや看護師配置7:1、10:1、地域包括ケアシステムの移行、今後医療介護院など検討されています。
    国立病院、市立病院も、個人の私立病院も赤字になる理由が上記にあります。赤字だから経営が危ういと、滞納のリスクというのは、まさに【営業権の侵害】ではないのですか?滞納を実際に半年したとか根拠があるなら話は別です。
    原告側は、今から少しずつ、生命保険会社様は、個人年金を満期になって運用した金額をお支払いしたり、2025年に第1次ベビーブームの人が後期高齢者になった時、3大疾病に罹患したお客様の医療保障、介護保障等があり、収支が変化するのではないですか?
    かんぱ生命は日本では保険料を値上げが響いたのと日本の保険市場が縮小するため、豪物流子会社の負債の補填として海外の生命保険会社をM&Aを行っていくと発表(日本経済新聞より)。
    日本経済新聞ははっきりと【国内の保険市場が縮小】と記載されてます。日本の少子高齢化が関係しております。
    さて、札幌は人口は微増しております。【今年1月で195万8772人、今年7月は、196万2630人です】
    札幌まで新幹線が開通すれば、もう少し人口増加や観光客が見込めます。
    上記⑤を双方で正当事由を争っているのですが、北海道新幹線開通に目をつけ、古いビルを取得して、建てなおすから退去、金銭解決と言われても、開通後にかなり地価が高騰すること、観光客や移住者がこれより増加し、収益増加が見込める場合、移転費用や損害金銭補償を第一選択に切り替えたようですが、金銭って開通後でないとやはり確定しないのではないかと考えます。移転するテナントがないわけですから、【生存権及び営業権】被告人にとっての正当事由であり【賃借権】を主張します。原告人の完全な商業欲の更新拒絶は無効であります。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    弁護とコメントいただきありがとうございます。ラズベリーさんにはお会いしたことはありません。札幌美容形成外科のためにここまでたくさん調べていただき感激です。ラズベリーさんは法律を学ぶ看護師さんなんですね。私が知らない法律のことまで詳しく教えていただきありがとうございます。札幌市民なのに札幌の人口すら正確に覚えていませんでした。

  7. ラズベリー より:

    本間先生、恐縮です。生意気な答弁もあるかもしれません。すみません。
    相手に法律的根拠がないと、裁判の時は理解が得られないと思ったから詳しく今まで書いてきました。原告側も医療に詳しくないのでイメージがつかないのだと思いました。
    内科と手術を行う形成外科がどうしてテナント探しが大変なのか。
    M&Aをやりなれてると麻痺してくるのですかねぇ。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。ブログ裁判の時はまだ気が楽でした。裁判所が専任した不動産鑑定士が算定した立退料で【正当事由】→更新拒絶と争点が変わってからはあせっていました。三鬼商事の営業担当がかつて経験したことがないほどの空室率です。移転先がありません。裁判所が正しい判決を出してくれると信じています。ご声援ありがとうございます。感謝しております。

  8. ラズベリー より:

    本間先生、大丈夫ですよ。収支調査をして赤字なのを退去させる一つの要因に話をもってこうとしてますけど、赤字なのに追い討ちをかけるように電気、ガス代金値上げに繋がったのはどちらの会社の方がそうしたかです。憲法にあるように【営業の自由】がありますから。赤字なのを調べておいて、ライフラインの値上げって、
    金額的に大きいと生存権とか営業妨害をしてることになりますよね。それで、裁判官には本間先生のところは赤字ですって主張して。。。結果的に自滅主張してるという事になるのではないかと思います。
    原告側弁護人の方に是非、下記をみてほしいです。
    本間先生は眼瞼下垂の手術が多いとブログでもあります。
    政府は定年延長とか定年廃止とか議論されております。
    目の開きを治すことにより様々な症状改善でだけでなく、見た目も若返り、いきいき働けるようにする、これが、近未来の形成外科の役割だと思えますし、今も本間先生は、それに寄与しておられる専門医です。札幌では貴重なのです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。現在の札幌美容形成外科は保険診療が大部分でその中でも眼瞼下垂症手術が多いです。赤字の原因となった脇汗ボトックス注射も赤字になることをわかっていて会計事務所にも相談して実施しました。今は診療報酬が改訂されたので赤字は解消されました。こちらとしてはクリニックの存続がかかった裁判です。10月以降の予定も判決日を待たなければ決められません。自社ビルの建替のために隣のビルで営業をしているクリニックを追い出すなら、もう少し丁寧にするべきだと(私は)考えています。調停を申し立てたのにいきなり裁判はないです。ご声援に感謝しています。ほんとうにありがとうございます。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ