昔の記憶

現代学生百人一首2018

 平成30年1月15日、朝日新聞朝刊、天声人語です。
 若き心に三十一文字
 毎冬この時期、東洋大学から「現代学生百人一首」が届く。今回の応募作は4万9千超。読むほどに若い感性に引きこまれる。
▼〈いとをかし平成女子はインスタにほうじ茶キャラメルフラペチーノ〉高3長野天音(あまね)。平成の清少納言たちは筆でなくスマホでせっせと発信する。〈この時代生きた心地がしないのだなにをするにも指先ひとつ〉高1中村優太。何でもスマホや携帯で済ませる日常には高校生でさえ疑問を覚えると知り、安心する。
▼就職を詠んだ歌に光る表現が多かった。〈水高生鮪(まぐろ)も鰹(かつお)もさばけます自信あふれる就職試験〉水産高3年向坂友里(むこうざかゆり)。晴れやかに面接に挑む姿が浮かぶ。〈機械化で消えてなくなる仕事知り将来の夢決められずいる〉高1粟野夏乃子(あわのかのこ)。いずれ人工知能(AI)に奪われる職種を見極めたい。だれにも切実な問題だろう。
▼〈姉が来て嬉しそうに見せた物世界に一つの内定通知〉高1細谷地郁哉(ほそやちふみや)。家族一同、安堵(あんど)の息をつく。それでも受け止め方は親子で違う。子には自立のとき、親には寂しい離別のとき。〈決まったよ喜ぶ私と温度差が寂しさが増す母のほほえみ〉高3田中日菜(ひな)。
▼ひとり暮らしの父や祖父を思いやる。〈石川でひとりはたらく父の家部屋にあふれる家族の写真〉高1二宮由美花(ゆみか)。〈田舎町一人で暮らす祖父を見て次の休みの予定を空ける〉中2堀田夏生(なつき)。
▼時代が移っても変わらないのは若き日の恋である。〈下駄箱(げたばこ)にラブレターがね入ってた顔面真っ赤プチトマトだね〉高3平石健太。
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 若い人のいい感性です。
 私は、
 水産高3年向坂友里むこうざかゆりさんの
 水高生 まぐろもかつおもさばけます 自信あふれる就職試験
 高1二宮由美花ゆみかさんの
 石川で ひとりはたらく父の家 部屋にあふれる 家族の写真
 高1細谷地郁哉ほそやちふみやさんの
 姉が来て 嬉しそうに見せた物 世界に一つの 内定通知
 この3つが心に残りました。
      ■         ■
 昨日のセンター試験のことが今朝のTVで話題になっていました。
 ムーミンの問題だけではなく、
 英語の問題にも、
 出題者の作問の苦労が見えました。
 前期試験まであと1ヵ月です。
 悔いのないようにがんばっていただきたいです。
 最後まで諦めないでがんばることです

“現代学生百人一首2018”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    どの句も良いなと思いましたが
    投稿はパソコンかスマホなのでしょうね。

    このご時世、原稿用紙に向かう人は
    なかなかいないと思います。

    ムーミンはムーミン谷出身だそうで
    物議を醸してますね。
    3点がプラスされたら
    えりーさんのご子息様が有利になると考えてました。

    他にもありましたか、知りませんでした。

    今日は免許更新でした。
    警察署なのでもう一度行かなくては行けません。

    写真撮影に臨み、先生の日記で検索して
    白の服を着用していきました。
    目も見開きました。

    写真映えするようにメイクを
    少し濃い目にしてみました。
    吉と出るか凶と出るか?

    すみれさんが最近見えないので
    心配しています。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。運転免許更新の写真に私の院長日記がお役に立ってよかったです。インスタ映えよりも運転免許証の写真映えは大切ですよね。すみれさんはお元気です。

  2. さくらんぼ より:

    どんな試験も気を使います。風邪をひかないよう 栄養を採るよう、私は栄養をとらせすぎ10キロも体重を増やしてしまいました。ウィルス消毒液や首から下げるウィルス除去剤もかいました。 本命は受かった新潟の大学でなく、山形の学校でしたが受からなかったので新潟にアパートを探しにいきました。ところが 補欠合格になり山形を選びました。今でもトイレ一面国家試験問題が張り巡らせてあります。 実技は別として補欠で合格した者が三年の時から国家試験模擬試験ではずっと合格ラインでした。 がんばればできます。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。さくらんぼさんのご子息様は受かって当然だったのです。間違って落とした学校がおかしいと思っていました。トイレ一面に問題を貼っておくのはいいことだと思います。私も受験生の頃にやってました。最後まであきらめないことは私の座右の銘です。

  3. えりー より:

    若い人の感性は素敵ですね。
    私は高一中村優太くんの
    「この時代いきた心地がしないのだ
    なにをするにも指先ひとつ」が
    心に残りました。
    先日、大学のサテライトキャンパス
    に参加させていただいた時に
    高校生の人達が
    自分の悩みを客観的にみつめて
    研究してパワーポイントで発表
    するというものを聞かせて
    いただきました。
    皆さんの自分に向き合う
    姿勢が素晴らしいと思いました。

    息子もしっかり自分と向き合い
    本間先生のように最後まで諦めないで
    後悔のない道を選択して欲しいと
    思っています。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。ご子息様は大丈夫です。若者には無限の可能性があるという言葉も私が好きな言葉です。代々木ゼミナールの副校長をなさっていらした勝浦捨造先生が大学受験ラジオ講座でよくおっしゃっていました。50年近く経っても忘れません。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ