昔の記憶

奨学金破産② 息子の死から8年、督促状

 平成30年2月16日、朝日新聞朝刊の記事です。
 奨学金破産の連載最後です。
 奨学金破産② 息子の死から8年、督促状
 保証人追いかけ、延滞金も
 手元にはA4封筒の束がある。中には奨学金の貸与が決まったことを告げる、日本学生支援機構からの通知。埼玉県立蕨(わらび)高校の仲野研(けん)教諭(59)は高3の生徒たちに配り、呼びかけた。
 「開ける前に、自分が月々、いくら借りることになるのか封筒の端に書いてごらん」
 正しく書ける生徒は約100人のうち7割ほど。「じゃあ、大学を卒業したら、どれぐらいの金額になる?」「毎月、いくらずつ返す?」。ペンをもつ生徒たちの手が止まった。
 仲野教諭らが担う「奨学金」事務は、申請書類を集めて機構に送るなど、手続きを支えるのが役割だ。作業は単純だが、数百万円単位のお金に関わるだけに責任は大きい。
 「私が借りた40年前と違い、いまは利子がつく場合もあるし、回収は厳しい。借りるデメリットも知らせないと、子どもたちを窮地に追いやりかねない」。生徒や保護者には、「奨学金といってもローンです」と伝えている。
 0.37%――。
 機構が2016年度、回収が難しいと見込んだ奨学金約1690億円のうち、実際に債権回収をあきらめた割合だ。同じように税金をもとに貸し付け事業をする機関のなかでは極めて低く、機構の深追いぶりがうかがえる。
 機構は、債権放棄の基準をこう定めている。
 〈返還未済額が1万円未満でかつ2年以上無応答〉
 つまり、1万円でも残額があるか、2年前まで連絡がついていれば請求を続ける。例外は自己破産、行方不明など。本人が死亡しても、債権を放棄するとは限らない。
 2012年秋、北海道の港町に暮らす夫婦のもとに、265万円の一括返還を求める督促状が届いた。39歳の息子を膵臓(すいぞう)がんで亡くし、8年がたっていた。「なんで、いまごろ」。連帯保証人である夫宛ての書類を見ると、息子は借りた185万円のうち80万円ほど返していた。残金と利息の合計123万円に加えて、延滞金が142万円。延滞金は死後の分も含まれていた。
 妻(77)が機構に電話をすると、担当者は言った。「払えなければ裁判になります」。脅されているようだ、と感じた。
 本人が亡くなった場合、日本学生支援機構法では、借りた額の全部か一部の返還を免除できる、とされている。ただ、施行細則には「返還を延滞した額は、これを免除しない」とあり、延滞していると機構は免除を認めない。
 夫婦は法廷で争うことを選んだ。裁判記録によると、機構は息子の死後8年間、連帯保証人に請求してこなかったことを認め、延滞金を半分にした分割払いを提案した。総額で199万円。依頼した弁護士は「すべて免除させるのは難しい」という。「これ以上延ばすと延滞金がかかります。裁判を続けますか」。唇をかんで和解案をのんだ。
 年金暮らしで貯金はない。2014年になんとか50万円を返し、その後も毎月2万円を振り込んでいる。借りるときは担保も審査もなく貸してくれたが、返すときは事情をくんでもらえない。妻は振込日が迫ると、近くの郵便局まで軽自動車を走らせる。夫が89歳になる春まで、あと4年続く。
 機構によると、回収を強めた2009年以降、長く手をつけていなかった未回収分についても一斉に支払いを促すようになったという。
 ■「家族主義」見直し求める声
 じつは、保証人制度は機構にとっても負担になっている、と幹部は打ち明ける。「制度がある以上、回収できる可能性が低くても、連帯保証人と保証人を追いかけざるをえない。その分、手間とコストがかさむ」
 昨年5月の民法改正では、中小企業の経営者が融資を受ける際、公証人が連帯保証人に会って意思を確かめることが原則になった。マンション契約でも、保証人ではなく保証会社との契約を求める例が増えている。保証人制度をめぐるトラブルを防ごうとする流れがある。
 奨学金問題に取り組む岩重佳治(よしはる)弁護士(東京弁護士会)はいう。「家族の形が多様化し、経済環境も変わっているのに、教育を受けさせるのは親の責任という考えが根強い。親子の共倒れすら招く家族主義を見直すべきだろう」(諸永裕司、阿部峻介)

77歳の妻の手元に残る、月2万円の振込票

 ◇奨学金や保証人制度についてのご意見やご自身の体験をお寄せ下さい。asahi_forum@asahi.comメールする、03・5540・7834(ファクス)、または〒104-8011(所在地不要)、朝日新聞社特別報道部「奨学金破産」係まで。
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 今朝の朝日新聞を読んで、
 埼玉県立蕨(わらび)高校の仲野研(けん)教諭(59)のお言葉、
 奨学金といってもローンです
 0.37%
が印象に残りました。
 高い金利とは思いませんが、
 延滞には利息
 …それも息子さんが亡くなった後もです。
 8年前に膵臓がんで39歳の息子を亡くしたご両親は、
 今でも忘れられないと思います。
      ■         ■
 そんな高齢のご両親に、
 督促を忘れていたかどうか知りませんが、
 今頃になってから、
 督促状なんて、
 あまりにもひどすぎます。
 延滞金が142万円
 延滞金は死後の分も含まれていた

 何とかこのような制度は改革してください。
 息子さんを癌で亡くしたご両親が、
 あまりにもお気の毒です。

“奨学金破産② 息子の死から8年、督促状”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    そうですね。亡くなった後、催促が来るなんてびっくりで きちんとした理由がある場合は免除すべきです。 我が家の場合はパソコンのグラフィックデザイン大学卒業後自宅からシステムエンジニアとして勤務していたので、奨学金返済の書類などは私が持っていたので、八年勤務して学生になった時は学校で手続き用紙をもらい 四年 休ませてもらいました。 でも亡くなった後まで年金暮らしの親にまでくるような制度はぜひ変えてください。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。大切なご子息が癌で亡くなられて、8年たった時に督促状なんてどうかしています。そもそも8年も放置していた理由がわかりません。癌で亡くなった場合などは特例をもうけて返済免除にすべきです。とてもお気の毒に思いました。

  2. えりー より:

    息子さんを亡くしただけでも、
    お辛いのにご高齢のご両親に
    8年も経ってから延滞金付きの
    催促状が届くなんて、
    借りたものは返さなくはならない事は、
    理解できますが本当にひどい話しだと
    思いました。
    学ぶ人のためにもっと優しい世の中に
    なって欲しいです。
    奨学金は借金=ローンだということ、
    リスクも考えて覚悟して借りなければ
    ならないことを忘れてはいけないと
    思いました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。朝日新聞はいい時期に特集を組んでくれました。奨学金は借金なんですね。癌になった時など返済免除にする特約があるといいと思います。ぜひ制度をかえてください。

  3. なっちゅん より:

    やはり
    奨学金といってもローンです
    の言葉が響きました。

    先生から記事を紹介されるまで
    奨学金から自己破産になる人がいるとは
    思いもよりませんでした。

    8年間、一度も請求して来なかったのに
    その間の延滞金を要求してくるのには
    到底、納得がいきません。

    法律は必ずしも弱者の味方ではないんですよね。
    裁判費用がかさむから和解案をのむしかなかった。

    息子さんを膵臓がんで亡くされたのなら
    亡くなるまで早かったのではないでしょうか。
    とてもお辛いと思います。

    その上、裁判、年金から支払
    生活は困窮してきます。

    法律に情はないとしか思えません。
    なら奨学金制度を変えて欲しいです。

    ご両親を思うと涙が溢れ出ました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。米国の事情はNHKのビジネス英語で杉田敏先生からお聞きしていました。日本もおなような状況とは知りませんでした。医学部を含めてぜひ制度を変えてほしいですね。

  4. ラズベリー より:

    お久しぶりです。日本では7人1人が貧困というデータもあります また、貧困状態にある子どもの学力は10歳(小学4年生)を境に急激に低下するとも言われてます。大阪府箕面市の2.5万人データで判明。(日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム分科会より引用) つまり経済的に裕福ほど塾に行かせられて余程勉強嫌いでない限り投資された分に結果が出やすいということになります。扶養者の経済力が子供学力に比例しますし、有名大学に入れば就職しやすいと社会がレールをひいています。しかし、昨今、有名大学を出ても選ぶ方向性によっては就職先がなく非正規ということもあります。非正規拡大や紹介会社に利益が生まれる仕組みが小泉政権下によって確立されました。
    どこかで某会長をされてる『正社員を無くしましょう』構想です。紹介会社に利益が出るようし、現在は経済財政諮問会議のメンバーなのです。非正規の拡大と紹介会社の手数料 年収で20~30%が高額過ぎてブラックな会社はずっと派遣会社で回すしかやれないそうなるのです。
    人を大事にしない、労働基準法や労働安全衛生法を遵守しない会社は人は絶えず辞めていきます。企業が困るのは定着率、紹介料の高さだと言えるのかもしれません。
    さて、本題です。非正規を拡大したことにより、大卒出でも返済出来ない、親もそこまで経済的に元々ゆとりが無い、そして破産ということになった人もいるのだとおもいます。解決策として非正規の縮小(なるべく正社員)です。またすぐに働けるよう資格をもう少し作っていったり、資格の共通化も必要だと思います。ある資格をとって特定の指定箇所で働く(例えばuターンiターン)なら借りていた奨学金を免除するとか減額するとかあればいいと思いました。クラウドファンディング教育奨学金の普及もしていく必要があると思います。また、働きながらでも学べるよう夜間大学や通信大学の普及も要ると思います。これからの時代は頭が良いだけでは生きてはいけず『考える力』や『発想力』、先見の明がある人が生き残ると思うので貧困にも負けずに頑張っている人なら自ら道を切り拓いて欲しいですが学べるチャンスは必要で給付金や税金面などでサポートを拡大するべきだと感じますね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。私にできることは限られていますが、何とか奨学金で自己破産だけは避けたいです。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ