医学講座

眼瞼下垂症講座⑥【アレルギー】

 若い人の眼瞼下垂症には、
 アトピー性皮膚炎や、
 アレルギーで、
 目をこすりすぎたのが…
 原因になることもあります。
 目をこすることで、
 瞼板(けんばん)についている、
 眼瞼挙筋がはずれてしまいます。
 そうすると、
 モーターの力
 に伝わらなくなるので、
 瞼が上がらなくなります。
      ■         ■
 重症のアトピーになると…
 まぶたが真っ赤になるほど、
 腫れている人もいます。
 アイプチが決まらないので…
 何度も塗りなおして…
 皮膚が真っ赤になっている人もいます。
 すっぴんでは外に出られないので、
 とにかく二重にしてください!
 と懇願されることもあります。
      ■         ■
 赤く腫れている皮膚は、
 出血しやすいです。
 赤くなっているのは…
 炎症で皮膚の血管に
 いっぱい血液があるからです。
 どんなに丁寧に手術をしても、
 出血する確率が高くなります。
      ■         ■
 目をこすると、
 せっかく手術をしても、 
 また下垂になります。
 アトピーがある人は、 
 しっかりと治療していただいて…
 赤味や
 腫れがおさまってから手術をします。
 アイプチでかぶれた皮膚も、
 炎症がおさまってから手術です。
      ■         ■
 腫れた状態で二重のラインを決めると…
 どうしても広くなってしまいます。
 アイプチを止めて…
 腫れがおさまると…
 二重の幅が狭くなることがあります。
 眼瞼下垂症手術をすると、
 眉が下がります。
 そうすると…
 二重の幅が狭くなります。
      ■         ■
 せっかく理想の二重になれたのに…
 3ヵ月もすると…
 二重のラインがすっかり狭くなった…
 といわれることがあります。
 埋没法の二重手術でも…
 眼瞼下垂症手術でも…
 手術後に狭くなるのは、
 残念なことです。
 かぶれによる腫れがあるのに
 無理に手術をすると狭くなります。
      ■         ■
 アイプチをしないと…
 まるで別人になってしまう…
 というのも理解できます。
 ちょっと赤くなっているだけ…
 と思われますが…
 そのちょっとで…
 微妙な形が変わってしまいます。
 一生に一度の手術なので、
 よいコンディションで
 手術を受けていただきたいです。
 アトピーがひどい人には、
 優秀な皮膚科医を紹介してから
 手術をしています。

“眼瞼下垂症講座⑥【アレルギー】”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    アトピーやアレルギーで目をこすって赤くなっていては せっかく手術しても二重の幅が狭くなってしまいがちな事もわかりましたが、アトピーや花粉症などのアレルギーは完治するには長い期間かかりますよね。そういう方は すぐには手術できないので あまり 手術はむかないのですかね。。 でも 本間先生はほんとに誠実な医師の鏡のような方ですね!だって 儲け主義の所だったらそんな事教えてくれないで即 手術!え? !となるところ 私たちの立場に立って教えてくださりありがとうございます。

  2. まみ子 より:

    アトピーは状態が良くなったり悪くなったりを繰り返す病気ですが、良いコンディションの時に手術をしてもまたアトピーが悪くなった場合なども想定し、術後も皮膚科医との連携が必要だと言う事でしょうか?

    *さくらんぼさんへ*

    9月に札幌でも郷ひろみのコンサートがあります。先に楽しんで下さいね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】

    まみ子師長さん、コメントありがとうございます。確かに、快くなったり悪くなったりを繰り返されます。私が申し上げたいのは、皮膚科に通院しない人。1年も前にもらった薬がまだ残っているような人。

    同じ皮膚科でも、まみ子師長さんの皮膚科とは違って、症状が改善しない皮膚科に通院している人などです。下垂で目が開かないのは辛いので、状態がよい時に手術をして、その後の治療は皮膚科で継続していただいています。

  3. さくらんぼ より:

    アトピーや花粉症が完治していなくても しっかりしたところで 治療していて 状態がよい時に下垂などの手術をして、こすったり 、腫れないように 皮膚科に術後も通院すればいいのですね。アトピーの人は治らないと手術できないのかと文面から思いましたが、違ってました。 よい皮膚科の見分け方がわからないのですが・・あまり近くに皮膚科がないので

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ