医学講座

眼瞼下垂症講座⑨【切開の長さ】

加齢による眼瞼下垂症では、
皮膚が余って伸びています。
どんなに高価な…
カシミヤのセーターでも…
長年着ていると…
伸びてしまうのと同じです。
人間の皮膚も…
加齢とともに伸びます。
      ■         ■
伸びた皮膚は…
丈(たけ)を詰める必要があります。
つまり…
余っている皮膚を切り取ります。
どんなに丁寧に手術をしても、
切開の長さが長くなり…
切り取る皮膚が多くなると…
手術後の腫れが強くなります。
      ■         ■
若い方と、
高齢者では、
キズの治りも違います。
高血圧などがあって、
手術中の血圧が高い。
緊張しやすい性格で…
手術中に血圧が上がる…
などで皮下出血の程度も異なります。
      ■         ■
長い切開が必要な…
ご高齢の方は…
手術から一週間程度は、
醜いアヒルの子状態になります。
鏡を見ると…
手術しなければよかった…
なんて思う人もいます。
美しい白鳥になるまで…
一ヵ月以上かかります。
      ■         ■
プチ整形のようなつもりで…
簡単に治ると思っていらっしゃる方には…
すぐに手術をおすすめしません。
十分に休みが取れる時期に…
手術を受けてくださいとご説明いたします。
ごみ出し
掃除
洗濯
ご飯の支度
最低一週間はお休みです。
      ■         ■
年中無休
有給休暇なし
の主婦の方には、
眼瞼下垂症手術の後くらい…
ゆっくりと音楽でも聴いて…
ご自宅で目を閉じて休んでください。
とご説明しています。
腫れが取れたら…
旅行でも…
温泉でも…
同窓会でも…
ゆっくり参加なさってください。
視界が広くなりよく見えるようになります。


手術前です


切除する皮膚です


手術一ヵ月後です
まだ腫れが残っています

“眼瞼下垂症講座⑨【切開の長さ】”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    写真の方はほんとに黒目が大きく見えるようになり目がパッチリしましたね。視野も広くなり肩凝りとかも少なくなると思います。年を重ねるほど切開部分が長くなり 休養も長く必要になるのですね。なんちゃってチェーン店の美容外科は簡単にできるとしか宣伝していないのでトラブルもたくさんでるのですね。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ