医学講座

女性ホルモン補充療法

 昨夜のためしてガッテンで、
 女性ホルモン補充療法をやっていました。
 タイトルは、
 オンナをあきらめない!
 40代からのカラダ管理
 NHKも変わりました。
 とても参考になる内容でした。
      ■         ■
 見逃した方は、
 11月2日(火)午後4時05分~4時50分
 11月3日(水)【2日深夜】午前2時00分~2時45分
 に再放送があります。
 是非、ビデオに録画して、
 ご覧になってください。
 次が放送の要旨です。
      ■         ■
 エストロゲンは、
 妊娠や出産をコントロールしたり、
 女性らしい体つきを作る大切なホルモンです。
 閉経が起こる50歳前後に近づくと
 分泌量が激減してしまいます
 どんなにキレイな女性でも、
 年齢によるホルモン分泌の低下は防ぐことができません。
      ■         ■
 卵巣機能の低下によってエストロゲンが減ります。
 そうするとエストロゲン分泌に関係する、
 脳の視床下部(ししょうかぶ)というところが混乱します。
 その結果として…
 視床下部がコントロールしている
 自律神経のバランスまでが崩れます。
 ほてりや汗、冷え
 人によっては、
 不眠や気分の落ち込み、頭痛、肩こり、疲労感などが出ます。
      ■         ■
 2002年のためしてガッテンでは、
 ホルモン補充療法で、
 乳がんと子宮癌のリスクが増すと放送されました。
 ところが…
 その後の研究で、
 しっかり癌検診を受けながら治療をすれば、
 安全に治療できることが、
 科学的に証明されました。
      ■         ■
 残念なことに…
 日本でホルモン補充療法を受けているのは、
 対象年齢の女性のわずか2%です。
 欧米先進国に比べると…
 とても低い数字です。
 エストロゲンだけではなく、
 プロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンも使うのがポイントです。
 2つのホルモンを使うことで、
 癌のリスクが減りました。
      ■         ■
 このホルモン補充療法は、
 更年期障害に効くだけではありません。
 美容外科では、
 究極の若返りといわれています。
 をすると…
 キレイになるのは、
 女性ホルモンが分泌されるためです。
      ■         ■
 50歳を超えてから…
 はちょっと難しいことがあります。
 生理が不順になってきたら、
 婦人科でホルモン補充療法を受けてください。
 私の同級生に藤井美穂先生という女医さんがいます。
 札幌医大産婦人科講師→天使病院産婦人科部長を経て
 現在は時計台記念病院産女性総合診療センター長です。
 とてもよい先生です。
      ■         ■
 私が女性だったら、藤井先生にかかります。
 ホルモン補充療法は保険適応です。
 お肌もキレイになります。
 骨も強くなります。
 悪玉コレステロールも減ります。
 欠点は、
 生理のような出血があることです。
 エストロゲンとプロゲステロンで、
 子宮内膜が脱落するために起こります。
 若返ったためだと考えてください。

“女性ホルモン補充療法”へのコメント

  1. ユキ より:

    見逃しました。再放送情報ありがとうございます。
    録画して観たいと思います。

  2. さくらんぼ より:

    子宮がなくなってからホルモン療法を希望した事がありましたが、なぜか医師から する必要はないと断られたのでそれ以来 お願いしてません。 子宮がないのですから出血はしませんよね。 私も 更年期みたいなので今度 婦人科を受診したら 頼んでみます。 寒い毎日ご自愛ください。

  3. プリムラ より:

    私も姉もNHKの放送を見ました。体の冷えや不眠、情緒不安定などここ1~2年悩み続けています。体調不良で仕事を休んでしまったこともあります。本当につらくなってきました。
     姉はホルモン補充療法をすすめてくれましたが、私は「癌になるリスクがある」という理由でずっと尻込みしているのです。
     いつも本間先生の日記を読ませていただいて、「知らないことをたくさん教えてくれる」と思っています。そしてホルモン補充療法について、もう少し積極的に考えてみたいという気持ちになりました。家族のためにも、元気な私でいたいのです。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ