二重・眼瞼下垂

15年前に埋没法を受けた…

 よくあるお問い合わせです。
 15年前に埋没法を受けました。
 2年前から糸が切れたようです。
 そちらで診てもらえますか?
 埋没法の糸が切れる?
 …という2010年4月28日の院長日記に書いてあります。
      ■         ■
 埋没法に使われている糸は、
 厚生労働省が認可した、
 ナイロン糸という糸です。
 髪の毛程度の…
 かなり細い糸ですが、
 簡単に切れたりはしません。
      ■         ■
 昔はナイロン糸だけでしたが、
 最近はポリプロピレンという材質も使われています。
 埋没法の糸が、
 切れてしまったために…
 二重のラインが消失した例は、
 極めてまれです。
 ラインの消失は、
 糸が切れたのではなく…
 糸と皮膚との結合が取れるのが原因です。
      ■         ■
 なんちゃって美容外科医がした手術ほど、
 これでもか…
 これでもか…
 というほど…
 結び目がガッチリしています。
 ナイロン糸も…
 ポリプロピレン糸も…
 簡単に切れたりしません。
      ■         ■
 埋没法にもいろいろあります。
 15年前にチェーン店で多かったのは…
 瞼板法の2点留めです。
 まぶたの裏側を見ると…
 瞼結膜(けんけつまく)というところに…
 白い糸のあとが横方法に見えます。
 たまに炎症で真っ赤になっている人もいます。
      ■         ■
 どこの美容外科で…
 どの先生にしていただいたか?
 正確に覚えていれば…
 だいたいどんな埋没法か見当がつきます。
 できれば…
 手術を受けた先生に診ていただくのが…
 一番よくわかります。
      ■         ■
 まぶたが腫れているとか、
 目が充血しているという時は…
 眼科で診ていただくことです。
 埋没法が原因ではなく、
 結膜炎で充血することもあります。
 札幌美容形成外科では、
 糸が切れたかどうかだけを…
 無料の美容相談で診ていません。
      ■         ■
 もともと埋没法には向かない…
 眼瞼下垂症だった人が…
 年齢とともにまぶたが下がってきて…
 黒目が隠れてしまって…
 ものが見えにくい…
 …という症状でしたら、
 眼瞼下垂症として保険診療で診ています。
 こちらのマンガを読んでください

“15年前に埋没法を受けた…”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    本間先生のまんがは わかりやすいと 好評です。今 背中が痛く ボルタレンゲルを主人に塗ってもらいました、コルセットした部分は筋肉がなくなり コルセットしてない 肩付近が筋肉質になりお腹はぶよぶよ 。 本間先生になんとかしてもらったら?と言われたばかりでした。すみません お題から外れてm(_ _)m

  2. なっちゅん より:

    本間先生的には、できれば…
     手術を受けた先生に診ていただくのが…
     一番よくわかります。

    んーそうでしょうけど、
    なんちゃって美容外科で手術をした人なら
    その後を託すのも、又繰り返しになるのではないでしょうか?

    私は出来れば
    どこの美容外科で…
     どの先生にしていただいたか?
     正確に覚えていれば…
     だいたいどんな埋没法か見当がつきます。

    との事なので
    それを言って本間先生にして頂くのがいいような気がします。

    本間先生、ごめんなさい。
    厄介な手術を先生にして頂いた方がいいだなんて。

    「これ以上こき使う気か?」とお思いでしょう。
    それ以上心労で痩せちゃわないで下さいね。

    私は眼瞼下垂症で
    本間先生に保険適用でオペして頂きました。

    プチ整形とは違い、初めは「切る」ということで驚きましたが
    やっぱ自分の勘通り、
    病気だったので腹をくくりお願いしました。

    有給でもとって、ちゃんと自分に合った手術を
    して貰った方が一生ものだと思います。
    ビクビクせず安心して過ごせる事でしょう。

    信頼出来る、良心的な本間先生の所で
    皆さん、診て頂き処置して頂いた方がいいと思いますよ。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ