医学講座

保険で治せるものは保険で!

 私が開業する時に考えたことです。
 日本美容外科学会HPの自己紹介にも書きました。
 平成16年8月、札幌美容形成外科を開業しました。開業する時に、美容外科・形成外科という医療を、リーズナブルな価格で提供するという原則を考えました。
 せっかく毎月高い健康保険料を払っているのですから、『健康保険を使えるものは保険で安く手術いたします』というのが私の考えです。私のモットーは『いいものを安く』。保険診療で手術が可能な疾患は保険で治療しています
 日本の厚生労働省は、国民にわかりやすく医療保険制度を説明していません。一部の人はワキガ手術や眼瞼下垂症手術を保険でできると知っていますが、大部分の国民は知りません。医学部や看護学校で試験に出しても学生は間違います。
 美容医療業界も競争が激しく、札幌にも新しい美容外科が次々と開店します。
 どんなに競争が激しくなっても、適正な料金で生活を快適にする技術力があるクリニックは生き残ります。
 私のロマンとビジョンは、最高水準の安全で快適な医療を適正な価格で提供することです

      ■         ■
 残念なことですが、
 美容の2文字がついただけで、
 うさんくさく思われます
 現実に胡散臭いクリニックがあります
 院長日記に書いた内容を削除してくれと、
 内容証明郵便を送ってきたところもありました。
      ■         ■
 札幌美容形成外科には、
 強力な助っ人、
 弁護士法人高橋智法律事務所がついてます
 高橋智弁護士から内容証明を送っていただき、
 その後は何も言ってきません。
 頼りになる弁護士さんです
      ■         ■
 どうしても保険適応にできない疾患もあります。
 私が一番感じるのは、
 女性の小陰唇肥大です
 とてもお気の毒な方がたくさんいらっしゃいます。
 見た目の問題ではありません
 下着や生理用品にあたって、
 赤くかゆくなっていて、
 日常生活に支障がある方が大部分です。
 親切丁寧に手術をしています
 一回だけですが脱毛も無料で施術しています。
 いつの日か保険適応になるとよいと思って手術をしています。

“保険で治せるものは保険で!”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    先生のブログを見てなければ美容整形=保険が効かない でした。先生のブログを拝読してから保険が効く手術があることを知りました。 知らない人はたくさんいます。

  2. なっちゅん より:

    内容証明で削除を求めて来るなんて、驚きです。
    自分の病院に不利益があるから、真実が語られてる先生の日記が邪魔だったんでしょうね。

    保険適用にしない病院は事務量が増えるからなんですか?
    そもそも先生位熱く患者さん思いじゃないんでしょうか?

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。わきがや眼瞼下垂症手術を健康保険でしない美容外科が多いのは料金が安いからです。眼瞼下垂症手術は丁寧に手術をすると3時間近くかかることもあります。TVでCMをしているようなクリニックでは眼瞼下垂の手術が50万円近くするところがあります。広告宣伝費だけで毎月の数百万円もかけているクリニックでは、とても保険ではペイしません。これが一番の理由です。保険診療はもうけが少ないのです

  3. さくらんぼ より:

    削除して欲しいブログコメントがあるのですが、内容証明はどう書けばよいのですか?

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    私の場合はすべて高橋智弁護士にお願いしています。こちらから削除依頼をしたことはありませんが、不当な要求をされることはあります。ブログのコメントでしたらサイトの管理者にお願いしては?とも思いますがいかがでしょうか?

  4. さくらんぼ より:

    ありがとうございます。サイトの管理者にも それに関係しておられる方にもおねがいしましたが、庶民の願いなど聞いてくださいません。 内容自体は普通なんですが、私しかわからない 腹立たしい内容です。それを見るたびに頭がおかしくなるので削除して欲しいとおねがいしても してくれません。

  5. しろたぬき より:

    私はもともと顎を上げて物を見ているせいでおでこにしわが寄っていたのですが、夕方になるとまさに「ガチャピン」。
    目の奥の深いところの痛みで眼科を受診するものの、特に疾患は見受けられず。
    いよいよ困り果てていたところ、眼瞼下垂では?と友人に教えられ、札幌では大変有名な形成を受診しました。そこで生まれつき眼瞼挙筋と瞼板がはずれていて、眠そうな子供だったはずと言われ、手術をすることになりました。たしかにその通りでした。
    受診時、片眼の症状が特に顕著でしたが、片眼のみ保険適用で、もう片眼は挙筋短縮なしで普通の重瞼でした。術中不安を訴えましたが、もし症状が出たら後からまた手術すればいいと言われ、そのままになってしまいました。
    腫れが落ち着いてからやはり両眼瞼のテンションが違って違和感があると訴えましたが、
    「そのままよりよくなったはずだし、あなたの場合は片方の眉毛を上げて物を見る癖があるだけだよ」と取り合ってもらえませんでした。
    今でも片目は夕方になると幅の広い二重で、写真を撮るとなんだか目にゴミが入った人のようです。
    ここを読んで、保険診療はもうけが少ないのところでドキッとしました。そのように考えたくはないのですが、どちらの目も同じ状態だったのに、片眼だけが保険適用だったのは何故なんだろうとずっともやもやしたままです。
    術後に問題のある患者さんのコメントに本間先生は、もともと手術した先生に相談に行くことを勧めていらっしゃいますが、やはり勇気は出ません。
    このまま目の奥の痛みを我慢してゆくか悩んでいるところです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    当院では片側だけ保険適応で対側は自費はありません。ただ左右差のある先天性眼瞼下垂症はとても治すのが難しく当院で手術をしても再手術となることがあります

  6. くくるん より:

    いいものを出来るだけ安く。
    先生は庶民の味方ですね。
    競争が激しくなると、なおさら医療の質が求められるようになるかと思います。

    院長日記の削除依頼の内容証明郵便がくるんですか。
    自分たちのことを言われてる自覚があるからですよね。
    書かれたくないなら、まともな方向に軌道修正したらいいと思いますけどね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    北海道から生まれた世界の企業が
    ニトリさんです。私は似鳥昭雄社長の講義をお聞きしてよいものを安くの決意を新たにしました。おねだん以上は美容外科にも通じます。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ