医学講座

粉瘤はかたくて小さなうちに手術

 粉瘤
 手術
 札幌
 検索すると
 私の院長日記がヒットするようです。
 ありがたいことです。
      ■         ■
 粉瘤は摘出手術が必要です
 袋を摘出する手術です
 摘出手術が一番やりやすいのは、
 かたくて小さな粉瘤です。
 葡萄(ぶどう)を例にすると、
 商品にならない、
 硬い緑色のうちです。
      ■         ■
 粉瘤は、
 毛包にできた袋に、
 あかがたまる病気です。 
 あかなので
 くさいです
 感染して大きくなると、
 袋がとけてしまいます
 膿と血がたまっています
      ■         ■
 感染した状態では、
 切開して膿を出すことしかできません。
 切開しただけでは、
 袋が残るので、また垢がたまります。
 切開後は血が出ます。
 通院が必要になります。
 申し訳ありませんが、
 札幌美容形成外科では対応できません。
 完全予約制なので、
 連日の予約が取れません。
      ■         ■
 感染して切開が必要な時は、
 近くの皮膚科や外科に通院してください。
 感染が広がって、
 蜂窩織炎(ほうかしきえん)になることが、
 まれにあります。
 入院治療が必要になることもあります。
 感染して大きくなる前に手術を受けてください。
      ■         ■
 こちらの院長日記も参考になさってください。
 粉瘤(ふんりゅう)の手術
 粉瘤(ふんりゅう)の手術2013①
 粉瘤(ふんりゅう)の手術2013②
 粉瘤(ふんりゅう)の手術2013③
 粉瘤(ふんりゅう)の手術2013④
 粉瘤(ふんりゅう)の手術2013⑤

“粉瘤はかたくて小さなうちに手術”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    胸の粉瘤は綺麗にとれませんでしたが、皮膚科で手術した背中の脂肪腫はきれいに取れました。小さいうちに取ると傷も小さいからと言われました。

  2. なっちゅん より:

    粉瘤は垢だから臭いのですか。
    ヒットするのに先生の所では対応してないんですね。
    残念ですね、患者さんは。
    でも予備知識が出来て患者さんは安心できたとおもいます。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    申し訳ありません。粉瘤の切開は術後の処置が必要なので実施してていません。麻酔をして切開をするだけでしたら信頼できる皮膚科や外科で受けても大丈夫です。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ