医学講座

皮膚がんの見落とし

 私が形成外科を勉強した、
 北海道大学では、
 たくさんの皮膚がんの手術をしていました。
 市立札幌病院形成外科
 JA帯広厚生病院形成外科でも、
 皮膚悪性腫瘍の患者さんを診ました。
 私の財産になっています。
      ■         ■
 今の若い先生の中には、
 高級優遇
 …という言葉に惹かれて、
 卒後研修が済んだら、
 すぐに大手美容外科チェーン店に就職。
 卒後数年目で、
 ○○美容外科札幌院院長に就任
 …という先生もいます。
      ■         ■
 学生時代に、
 満足に講義も出席しないで、
 皮膚科なんて勉強しなかった先生が、
 なんちゃって美容皮膚科医
 なんちゃって美容外科医になったとします。
 なんちゃっての先輩医師から、
 ちょっとレーザーのSWの入れ方を教わっただけで、
 すぐにホクロの治療をする先生もいます。
      ■         ■
 はいはい、
 おホクロの治療は簡単ですょ…
 当院の最新式レーザーで取れば…
 一回で簡単に取れますょ

 …なんて危険な治療です。
 悪性腫瘍を見逃す可能性があります。
 悪性黒色腫や基底細胞癌は見分けがつかないことがあります。
 皮膚がんの見落としは大変なことになります。
      ■         ■
 ホクロと悪性黒色腫
 2012年9月30日の院長日記です。
 ほくろと悪性黒色腫の鑑別診断は、
 皮膚悪性腫瘍を専門とする医師でも、
 難しいことがあります。
 特に早期の小さな(薄い)病変を…
 肉眼だけで的確に診断するのは、
 極めて難しいことがあります。
      ■         ■
 ホクロだけではありません。
 女性も、
 男性も、
 性器に悪性腫瘍ができることがあります。
 単なるかぶれによる赤味だと思ったら、
 乳房外ページェット病という、
 悪性腫瘍のこともあります。
      ■         ■
 乳房のしこりに気付くのは、
 患者さん本人です。
 皮膚悪性腫瘍は、
 手術をする先生、
 皮膚を最初に診た先生が、
 何か変
 …と気付かないと見落とします。
 若い美容外科の先生には、
 皮膚悪性腫瘍を勉強していただきたいです

“皮膚がんの見落とし”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    母も脚に黒い水膨れが治らず また 鼻の頭にも目玉みたいな出物ができたので総合病院の皮膚科にいきましたが、山大に帰らねばならないとかで二回診察していただきましたが、組織検査もしないままです。形成外科にかかればよいんでしょうか?

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    やはり皮膚科がいいと思います。個人で開業されている腕と性格がいい皮膚科医はいらっしゃらいませんか?いないかなぁ~?

  2. なっちゅん より:

    足の裏のほくろは悪性腫瘍の可能性があるので切除した人を2人知ってますが、それ以外の箇所も危ないんですね。
    私は年ともに身体にほくろが出てきました。
    父もそうなので遺伝だと思います。
    札幌で皮膚科に行ったら、除去可能と言われましたが痛いし、数もあるのでやめました。
    加齢のお医者様でした。
    若手は勿論の事、経験を積んでるように見えるドクターも危ないんです。
    気になったら、悪性腫瘍か確かめてもらう必要性がありますね。
    今回も勉強になりました。

  3. なっちゅん より:

    今日、地下街の飲食店で火事があり、煙で騒然となったそうですね。
    先生が教えてくださった、駅前通りの新しいビルが写っているように思いました。
    まあるいデザインがお洒落なビルでした。
    死者が出なく幸いでしたね。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ