医学講座

テナントリスク2016

 毎日、私の院長日記を読んでいただきありがとうございます。
 Googleで大同生命札幌ビル建替えを検索すると、
 とうとう私の院長日記、
 大同生命のリスクが一位になりました。
 2016年1月6日の突然の電話
 大同生命の言い分
 この秋、長くても年内の立ち退きを希望
 どこの世の中に、
 正月明けに突然、
 秋まで
 長くても今年いっぱいで出て行け

 …と言われて平静でいられますか?
      ■         ■
 大同生命からの宣戦布告に聞こえます
 俺は大金持ちの大同生命だ
 おんぼろのお前のビルを買ったぞ
 建て直すから出て行け

 大同生命HPに社長さんの言葉が載っています。
 当社は、より多くの企業経営者・個人事業主のみなさまを様々なリスクからお守りするため、経営者を取り巻く環境変化等を踏まえた商品の開発・お客さまサービスの向上に取組んでおります。
 代表取締役社長 工藤 稔

大同生命社長_工藤稔
      ■         ■
 NHKの朝ドラあさが来た
 主人公の白岡あさが大同生命の創立者です
 私だけではなく、
 コンタクトオフビルで働くテナントの従業員さんも、
 とても不安に思っています
 たくさんの方が、
 この院長日記を読んでくださっています。
 私は正直に、
 相手方からの通達をすべて公表しています
 立退き料も相手方からの提示額の通りです。
      ■         ■
 相手方には、
 強力な弁護士さんがついています。
 不動産業を営む人には、
 お金
 立退きがつきものです。
 いかにお金をかけずに、
 上手に立ち退かせるかが腕の見せどころです。
      ■         ■
 私がAMAZONで買った、
 相手方弁護士の今井和男さんが書いた本を読みました。
 おもしろい事例が載っていました。
 テナントリスク
 退去交渉は、
 建物が老朽化しているから退去せよとの一点張りで、
 一方的かつ強硬であったことから、
 (店子の)態度は、硬直化していた

      ■         ■
 まさに大同生命不動産部の事例です
 将来を予見するかのように、
 相手方弁護士さんが本に書いてあります
 興味い解決策です。
 担当者は、改めて丁寧に説明することに加え、
 建替え後の物件への入居を認め、
 その際の賃料においても優遇し、
 また、休業補償をすることなどの提案をすることができた。

 …と書いてありました。
      ■         ■
 何度も言いますが、
 私が求めているのはお金ではありません。
 診療の継続です。
 私には、
 患者さんを継続して診療する責任があります
 コンタクトオフビルで働く店子の従業員には、
 自分たちの生活があります
 美容室が無くなって、
 また新しい職場を見つけて、
 また新しいお客さんを見つけるのは、
 とても大変なことなのです。
 テナントリスクで竣工が遅れないように
 一日も早く新しい診療所と店舗を見つけてください

“テナントリスク2016”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    休業補償では困りますね。
    本間先生を待ってる患者さんが沢山いらっしゃるでしょう。

    ビルのテナントさん一丸となって頑張ってください。
    本間先生の紹介で同じテナントさんが
    同じ弁護士さんに依頼することになって
    よかったです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。私は休業補償をもらっても困ります。診療の継続が一番の条件です。テナントさんも困っていると思いますが、従業員も不安だと思います。

  2. tz より:

    院長先生
    コメントの返信、ありがとうございます。おそらくボーダーライン上の成績でどちらに転んでもおかしくないような状況です。
    予備校に通うことがもちろん1番最適なのは分かっているのですが、高額なためとてもではないですが通うことは難しそうです。
    もし来年も受けるなら自宅浪人をしながらアルバイトをするということになると思います。でもそれだとおそらく合格できる確率が下がるのもよく分かっています。
    以前働いていた予備校で予備校講師として働いていくことも考えています。
    自分のような能力も高くない人間が奨学金などを借りながら医学部に進学したこと自体が間違っていました。後悔してもしきれません。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    大丈夫です。今までがんばったのだから必ず国家試験を通るのです。医師国家試験といい先生はまったく関係ありません。医師国家試験に落ちて教授になった先生もいます。医師会の役員をやっている立派な先生もいます。医師国家試験は単なる暗記です。短期間に膨大な量を詰め込むだけです。そんなことは先輩である私たちが一番よく知っています。先生になれることを祈っています。

  3. さくらんぼ より:

    今病院にいます。 高橋智先生でも手ごわい弁護士さんなんですね。先生FBでも公開してください。このままでは相手のいいなりです。 先生がおっしゃるように きちんと店子さんを補償してください。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。立退き交渉は人間相手にするものです。相手方弁護士の今井和男さんが書かれた本に『一方的かつ強硬であったことから、(店子の)態度は、硬直化していた』という事例が載っていました。大同生命は生命保険会社なのに悪徳不動産屋のように一方的かつ強硬な態度で立ち向かってきました。これじゃぁお話しになりません。お金さえ出せばいいってもんじゃありません。私のようにお金はいらないという人も世の中にはいるんだってことを知ってほしいですね。

  4. tz より:

    院長先生

    返信ありがとうございます。内容が内容なので、もし不適でしたらコメント欄から削除してください。
    私が学費の高い医大にいったせいで、家庭が本当に崩壊しているということを昨日知りました。本当に家に置いておく余裕すらないレベルなんです。
    予備校なんてもってのほかですし、アルバイトもしっかりやって家庭にお金を入れないといけないレベルです。
    医師になるのを諦めて、医療系の教材の出版社か予備校の講師になるしかないと今は考えています。なんとかその二つなら食うことはできそうなので。
    医師になりたくて再受験してまで医学部に入ったのにもはや目の前で諦めることになりそうです。
    本当に、本当に悔しいです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    諦めないでください。韓国の医科大学を卒業して韓国の医師免許を取得した人が、日本の医師国家試験を猛勉強して合格した例もあります。これからの何十年という人生を考えると国家試験浪人の1年はあっという間です。ボーダーラインということは受かる可能性もあるということです。私が知っている先生で医師国家試験に落ちてその後に猛勉強して受かった先生が何人もいます。最後まで諦めないことです。今までの6年間のほうがよほど大変だったと思います。世の中には50歳を過ぎてから医師国家試験に合格した先生もいます。

  5. tz より:

    院長先生

    もう一年頑張った方がいいのは分かってるんです。
    ただ本当に困窮していて…本当どうしたらいいか分かりません。
    僕の様な人間が医者になろうっていうのがおこがましいことだったと後悔ばかりです…

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    困っているのはよくわかります。せっかく6年間も勉強したのにここで諦めてはいけません。まだ発表前です。自己採点でダメでも、不適切問題による点数調整で合格の可能性もあります。たとえ今年落ちたとしても来年合格できればお医者さんです。初期研修期間中だって地方病院を選べば年収500万円以上のところもあります。一生予備校講師をして働くより医師として働くほうがずっと収入は上です。中高一貫の学校から偏差値の高い医学部に一発で合格して国試も一発で合格した先生より、苦労して挫折した経験を持つ医師が私の理想の医師です。諦めないでください。将来きっとあの時に諦めなくてよかったと思う時が来ます。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ