医学講座

形成外科と保険診療の歴史2016

 私の保険診療へのこだわりには理由があります。
 形成外科医になってもうすぐ40年になります。
 25年は勤務医として働きました。
 大きな病院の形成外科は、
 原則として保険診療しかできません
 公立病院などは、
 条例改正までしないと、
 自費診療ができないところがあります。
      ■         ■
 中村純次先生の想い出
 2011年6月14日の院長日記です
 私たちの年代の形成外科医にとって、
 日本形成外科学会社会保険委員会と、
 中村純次先生のお名前は、
 忘れることができない記憶です。
 毎年春の日本形成外科学会で、
 中村純次先生のお話しがありました。
   ■     ■
 中村先生は、
 東京慈恵医大のご出身で、
 東京厚生年金病院で形成外科を担当されました。
 日本形成外科学会の重鎮でした。
 昔は…
 保険で治してあげたいのに…
 保険適応にならない 病気がありました。
   ■     ■
 2008年6月30日の院長日記、
 山形大学の事件⑥に書いてあります。
 生まれつき、
 耳がない子どもさんがいます。
 今は、保険適応になっていますが、
 昔は耳をつくる手術が
 保険適応になりませんでした。
 昭和50年の毎日新聞社会欄に
 「ボク、左耳がほしい。健保なぜきかないの?」
 という記事が出ました。
 耳がない病気の子どもさんが、
 当時の田中厚生大臣に手紙を書きました。
    ■     ■
 その翌日に、
 「左耳、手術できるよ」と、
 田中厚生大臣が健康保険の適応を認め、
 それが毎日新聞の記事になっています。
 このことを書かれたのは
 日本形成外科学会で、
 長い間、社会保険委員をなさった、
 東京厚生年金病院の故中村純次先生でした。
 中村先生が、
 1982年に
 日本形成外科学会25周年記念誌に書かれました。
    ■     ■
 キレイなるために
 鼻を高くする
 おっぱいを大きくする
 これはもちろん美容外科の手術です。
 保険はききません。
 不慮の事故や
 熱傷で
 キズができてつっぱっている、
 そのキズを少しでもよくしたい。
 これは形成外科の手術です。
 形成外科では保険診療で手術をしています。
    ■     ■
 私たちの先輩にあたる形成外科医が
 長い年月をかけて保険適応にしてきた、
 【形成外科戦いの歴史】があります。
 今では、
 乳癌手術で無くなった乳房を再建するのに、
 健康保険が使えます。
 誰も不思議には思いません。
 10年前は保険適応ではありませんでした。
   ■     ■
 厚生労働省と折衝して、
 形成外科の必要性や有用性を説明し、
 長い年月をかけて…
 保険適応を拡大してくださったのが、
 故 中村純次先生でした。
 毎年春の学術集会では、
 私たちに保険診療のしくみやルールを、
 懇切丁寧に指導してくださいました。
 形成外科の保険診療を発展させて下さった業績は、
 日本形成外科学会にとっては、
 勲一等以上の偉業だと思っています。

      ■         ■
 私がJA帯広厚生病院形成外科に勤務した時代
 釧路労災病院形成外科に勤務した時代
 市立札幌病院皮膚科に勤務した時代
 なんとか保険で治してあげようと、
 たくさん努力をしました。
 あまり知られていないことですが、
 今でも、
 事故でできた顔のキズでも、
 保険で治すのが難しいことがあります
      ■         ■
 交通事故と顔のけが
 2011年12月17日の院長日記に書いてあります。
 一番困るのが…
 健康保険の適用にならない治療です。
 現在の日本の健康保険制度では…
 運動制限がない傷あとは…
 手術費用が出ません。
 つまり…
 目が閉じられないとか…
 口が開かない場合以外は、
 目立つ傷あとでも健康保険の対象とはなっていません。
      ■         ■
 日本形成外科学会では…
 長年にわたって国と交渉していますが…
 ◇瘢痕拘縮形成術について
 ⑴単なる拘縮に止まらず運動制限を伴うものに限り算定する。
 …と明文化されています。
 運動制限のない拘縮(単純な傷あと)は、
 算定できない⇒保険請求できない
 …という決まりになっています。
      ■         ■
 もっと困るのが…
 傷あとの茶色の色素沈着です。
 このような『しみ』は保険の対象となりません。
 でも…
 交通事故の被害に遭った女性は…
 事故のおかげで…
 私の(美しい)顔が台無しになって…
 先生何とか治してください
 どんなにお金がかかっても…
 保険会社に請求してください
 …と来院されます。
      ■         ■
 私は30年以上形成外科をやっていますが…
 何度か保険会社と喧嘩したことがあります。
 患者さんは困ってるんだから…
 保険で治療できるようにするのが…
 あなたたちの仕事でしょうに!
 形成外科で治療する頃には、
 自賠責保険を使い果たしていて、
 治療費を払ってもらうのに苦労した人もいました。
 保険会社には、
 自分の娘がけがをしたら…
 …という気持ちで対応して欲しいと…
 いつも思っています。

      ■         ■
 私の人生の中で、
 北海道中央バスの車内放送
 わきが手術は健康保険で受けられますという、
 広告を流したのは、
 開業への思い②に書いた、
 少しでも形成外科のことを知ってほしい、
 形成外科は保険診療で受けられることを知ってほしいという、
 私の強い願いからです。
 無理なお願いをきいてくださった、
 KMアドの門脇さんには今でも感謝しています。

“形成外科と保険診療の歴史2016”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    もうじき 荻野先生が亡くなられて一年になりますね。 まだまだ 保険が効かない 手術があることは残念ですね。厚生労働省の方々は自分や子供がその立場になったら いくらかかっても自費で なんて言えるのでしょうか?
    生命保険もよく見ておかないと 手術給付金が落ちないものがあるので要注意です。網膜剥離の日帰りレザー手術は出たのに 爪を剥ぎ取って形を整える手術にはでませんでした。 山大の事件で脚が壊死した女性はどうされているでしょうか。。。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。形成外科はまだまだ認知度不足です。生命保険の給付金がおりる手術もあります。札幌美容形成外科では眼瞼下垂症手術で診断書を書くことが多いです。山形大学の事件の女性患者さんには申し訳ないという気持ちです。

  2. なっちゅん より:

    ボク、左耳が欲しい、、、
    を拝読し心が痛みました。
    しかも結構多いとの事で驚きました。
    保険適応にならないのはおかしいですよね
    今は保険対応になってよかったです。

    先生がワキガを保険適応ですとバスの車内放送で
    流されたのは
    画期的だと思いました。
    現在でも知らない方が多いと思います。
    眼瞼下垂もそうです。

    先生ような志のある方が議員さんにいたら
    世の中がもっと変わると思います。

    世の中、まだまだ理不尽な事が多すぎます。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。基本的に厚生労働省のお役人は医療費を削減することしか考えていないように感じます。健康保険をあれこれ変えても、結局、お金儲けしか考えていないような人たちが次々と新手で請求してきます。このいたちごっこが続いているように強く感じます。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ