医学講座

丁寧な説明2016

 昨日の院長日記、
 今井和男さんの著書
 不動産ファイナンスの再生・回収実務に、
 改めて丁寧に説明するという表現がありました。
 私は札幌医大病院や、
 JA帯広厚生病院で、
 リスクマネージャーを経験しました。
      ■         ■
 大きな病院だから、
 安心と思うのは間違いです。
 大きな病院には、
 大きな医療事故があります。
 私自身は無事故ですが、
 下の先生の医療ミスで、
 患者さんの家まで謝りに行ったことがあります。
      ■         ■
 不動産取引訴訟では、
 準備書面で相手を刺激するのが一つの手法らしいです。
 私は相手方から届く準備書目を読むたびに、
 この裁判は絶対に負けないぞ!と、
 強い闘う闘志をもらいます
 訴訟が起きてから、
 家賃請求書が
 損害金請求書になりました。
 これだけでもかなり強い刺激です。
      ■         ■
 私たち医療の現場でも訴訟になることがあります。
 最善の治療をしても、
 残念な結果になることがあります。
 ベテランのリスクマネージャーは、
 とにかく患者さんを怒らせないように努めます。
 私が一番勉強になったのは、
 JA帯広厚生病院の事務次長さんでした。
      ■         ■
 医師は自分の診療科以外の事故を知ることはありません。
 たとえ死亡事故が起きたとしても、
 病院全体で、
 その死亡事故の情報を共有することはしません。
 一部の人たちだけが事故対応をします。
 事務方の偉い人は、
 病院で起きた小さなトラブルから、
 大きな事故までのすべてに対応します。
      ■         ■
 私が経験したのは、
 小さな医療ミスでした。
 後遺障害も残りませんでした。
 事故が起きた時に、
 私は担当副院長と事務次長に報告しました。
 事務次長と相談して、
 患者さんの家に謝りに行くことにしました
      ■         ■
 この時点では、
 患者さんは医療ミスや医療事故に気付いていませんでした。
 私と担当医が謝りに行くと、
 言われなければわからなかったのに、、、
 …とも言ってくださいました。
 私と担当医は、
 患者さんと患者さんのご家族に丁寧に説明し、
 こちらのミスを謝罪しました。
 幸いなことに問題なく治癒しました。
      ■         ■
 医療の現場と不動産取引は違います。
 自社ビルだけを建て替えるのではなく、
 隣のビルも取得して建て替えるのだったら、
 もう少し隣のビルで生活している人のことも考えるべきです
 私は交渉を拒否したのではなく、
 忙しいから弁護士の先生に話してくださいと伝えただけです
 最初の電話で、
 私は担当の山田健さんに、
 こちらの事情を丁寧に説明したのです。
 日本初のブログ建物明渡訴訟で明らかにします

“丁寧な説明2016”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    交渉を拒否したわけではないのに表現がおかしいですよね。 先生はきちんと菓子折りまでもたれて謝罪に行かれるなんてこんな先生いないと思います。 最近 議員秘書になった知り合いの方に 常識からかけ離れたことを言われ 頭にきていますが、メールで謝罪してきただけです。本間先生の爪の垢でも飲ませたいです。議員もよくそんな人を秘書にしたものだと思います。 先生がんばってくださいね。いつまでも診療してくださいね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。菓子折りを準備してくださったのはJA帯広厚生病院の事務次長さんでした。それから私も謝りに行く時は菓子折りを用意しています。弁護士と話してくださいと伝えたのがいつの間にか変わっているようです。

  2. なっちゅん より:

    家賃請求書が損害請求書になるというのは
    どういうことですか?
    今日は多忙で、暑さも加わり
    思考能力が低下してるのか
    わかりません。

    先生が丁寧に説明してるのに
    いきなり被害者面されてしまいましたね。
    ブログに書かれて困る事は
    しないで欲しいです。

    ビルを探す猶予がほしかったですね。

    先生は打たれ強い方です。
    乗り切れるでしょう!

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。不愉快な文言がたくさん出てきます。そのたびに闘う意欲が増します。これが不動産裁判のようです。医療事故でしたらなるべくおだやかに、相手を怒らせないようにです。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ