医学講座

第1回弁論準備手続2016年9月13日(札幌地裁)

 今日は16:40から札幌地裁です。
 前回の第2回口頭弁論
 平成28年7月25日(月)の最後に決まりました。
 高橋智先生から、
 ラウンド法廷とお聞きしました。
 裁判所書記官に聞いたところ、
 3階の丸いテーブルがある部屋でするそうです。
      ■         ■
 相手方弁護士は東京の事務所にいて、
 こちらから電話をかけて
 スピーカーで電話を聞きながら、
 双方が話すそうです。
 傍聴はできないので、
 今回は私と家内が行きます。
 家内は柵の外で、
 テーブルには着かないで入室を許可していただきました。
 裁判官の許可がいるそうです。
      ■         ■
 私は第3回口答弁論だと思っていました。
 裁判所にお聞きしたところ、
 第1回弁論準備手続というそうです。
 弁論準備手続期日とも呼ぶようです。
 円形のテーブルに、
 裁判官と弁護士が着席して、
 弁論準備手続をするのだそうです。
 裁判もわからないことがたくさんあります。
      ■         ■ 
 第1回弁論準備手続
 事件番号 平成28年(ワ)第816号
 建物明渡請求事件
 原告 大同生命保険株式会社
 被告 医療法人札幌美容形成外科
 期日 平成28年9月13日(火)午後4時40分
 場所 ラウンド法廷(3階)

 内容は明日の院長日記でご報告いたします。

“第1回弁論準備手続2016年9月13日(札幌地裁)”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    今日は弁論準備手続なんですか。
    そのようなものがあるとは、知りませんでした。

    これは本当に進捗度が悪いですね。
    だから裁判は長くかかるのでしょうね。

    裁判が長くかかると普通は疲弊すると思います。
    先生は何事にも負けない性格をお持ちなので
    頑張り通せると思います。

    奥様と行ってらしてください。
    報告お待ちしてます。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。今日は札幌⇔東京を電話回線でつなげて手続きをするそうです。いろいろ経験してきます。明日ご報告いたします。

  2. ラズベリー より:

    コメントありがとうございます。【建前】の老朽化で、わざわざ隣のビルを取得して、それを【正当事由】って無理過ぎると思います。賃貸人の営業権が優先され、北海道新幹線開通で巨万の富を築づく為に本間先生やその家族、社員、患者は手術を受けられないなんて酷いと思います。裁判で手術を受けられない患者は悲惨ですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。私だけのためではなく同じように立退きを迫られている人にいい判例を残せるようにがんばります。ご声援に感謝いたします。すばらしい博識にただただ驚いています。すごいですね。

  3. さくらんぼ より:

    お疲れ様です。 そのような法廷がある事すら知りませんでした。 荻野先生の時はなかったように思いますが。準備とはなんのためになんでそんな事をする必要があるのでしょうか? 三回目じゃなく準備なんて大同生命の企みかなんかじゃないのでしょうか?気になります。 明日学会気をつけて! 山形から応援しています。 負けないでください!らずべりぃさん 何でもいいので 勝つように色々advice下さい。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。今日は充実した日でした。私も発言することができました。ふつうの法廷とは違って、円卓を囲んで裁判長と相手方の2人の弁護士、こちらの高橋智先生と私が同じテーブルに着きます。裁判官は法廷では黒の法衣ですが今日はネクタイでした。裁判長とご挨拶もできました。とても素敵な方です。ふつうの法廷以上にゆっくりとお話しができました。次回は11月4日(金)16:00から第2回弁論準備手続です。手続きのは入れないのだそうです。

  4. ラズベリー より:

    【弁論準備手続】というのがあるのですね。【争点と証拠】、原告者である某生命保険会社様は【老朽化立て直し】と【名誉毀損】ですかね?。是非、借地者である本間先生は、【生存権及び営業権侵害】【知る権利】を争点とされるのでしょうか。頑張って頂きたいです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。今日の弁論準備手続では、こちら側から提出した新証拠のビデオ(大同生命から1月6日に電話があった際の札幌美容形成外科の防犯ビデオ)について『どこの部分が語気強く詰問調なのか?』を明らかにしてほしいという高橋智先生の意見や、裁判長からこれからの訴訟をどのように進めていくか?ということについて双方から見解を述べました。ラウンド法廷は円卓を囲んで裁判長と話すので相手方弁護士の目を見て話します。私はこの法廷がいいと感じました。

  5. 田舎の農家のおっさん より:

    原告側は立ち退き交渉がうまくいかないと、ブログが悪いといちゃもんをつけてきましたね。たくさんのお客様から信頼されてお金をあずかる生命保険会社のやることでしょうか?
    私は法律には無知ですが、もし原告側の主張が通ったとしたら世も末です。本間先生の健闘をお祈りいたします。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。大同生命は私が電話で話したことと、その後に院長日記で書いたことを第一の問題としています。それで店子として不適格と主張しています。こちら側からは平成28年1月6日に大同生命から電話があった際の札幌美容形成外科の防犯ビデオの録画ファイルを証拠として提出しました。相手方は語気強く詰問と訴状に書いていますが、私が聞き直しても高橋智先生が聞いても語気強く詰問で店子として不適格とは思いません。どの部分が詰問なのか?明示していただきたいと高橋智弁護士から要望しました。裁判長はとても穏やかで優しい話し方をなさいます。法律を守る仕事に誇りと責任を持っていらっしゃると感じました。

  6. 破邪顕正 より:

    『話せばわかる』のが日本人。
    しかし最初から丁寧な説明も無く、人心を踏みにじる、営利至上主義の大同生命は、世間から糾弾を浴びるべきです。

    医療に精通した高橋先生が付いているのは頼もしいですね。
    よく存じていますが、札幌で一番信頼の出来る弁護士だと思っています。 応援しております。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。高橋先生のことを褒めていただきありがとうございます。うれしいです。信頼できる弁護士さんです。連絡も密に取ってくださいます。大同生命ビルは閉鎖されました。樹木の剪定もされていません。これからどうなるのかよくビルを観察しています。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ