医学講座

第2回弁論準備手続2016年11月4日(札幌地裁)

 今日の札幌は晴れです。
 寒いです。
 札幌の予想最高気温は4℃、
 予想最低気温は1℃です。
 東京は、
 予想最高気温は18℃、
 予想最低気温は9℃です。
 飛行機も通常運航の見込みです。
      ■         ■
 裁判所に行くのは4回目です。
 平成28年4月23日に、
 特別送達という郵便物が届きました。
 大同生命との裁判①
 ある日、
 突然、
 建物明渡訴訟の被告になりました。
      ■         ■
 この院長日記で正確に記録を残すことで、
 将来、私と同じような立場に立たされた人が、
 参考になるように書いています。
 こちらは小さな地方都市の医療法人、
 相手は巨大資本を持った生命保険会社です。
 ふつうに考えると向こうが強いです。
      ■         ■
 平成28年5月30日第1回口頭弁論
 平成28年7月25日第2回口頭弁論
 平成28年9月13日第1回弁論準備手続
 ほぼ2ヵ月ごとに裁判所に行ってます。
 季節は初夏から、
 初冬になりました。
 裁判は時間がかかります。
      ■         ■
 裁判の争点は、
 日本初のブログ裁判です。
 私が院長日記に書いたことが、
 店子として不適格だと主張されています。
 相手方は、
 私が平成28年1月6日午後3時半に、
 電話で話したこが高圧的で語気鋭く詰問であり、
 その後に院長日記で書いたことを第一の問題としています。

 それで店子として不適格なので、
 【賃貸契約の継続は不可能】と主張しています。
      ■         ■
 前回の
 平成28年9月13日第1回弁論準備手続でこちらから、
 防犯ビデオの録画記録を証拠として提出しました。
 まだYouTubeにはUPしていませんが、
 裁判の進み具合を見て、
 UPしようと考えています。
 ふつうの日本人が聞いたら、
 高圧的で語気鋭く詰問とは感じません。
 札幌美容形成外科の診療にも影響が出て、
 患者さんにもご迷惑をかけています。
      ■         ■
 この裁判がなければ、
 ふつうに診療ができていたはずです。
 ただ、
 裁判に勝たなければ、
 札幌美容形成外科は閉院することになります。
 代替地となるビルがありません。
 相手方が提示した立退料では、
 莫大な費用と税金がかかり、
 倒産すること間違いなしです。
 私は最後まで正々堂々と闘います。
 みなさまのご支援に感謝しています。

“第2回弁論準備手続2016年11月4日(札幌地裁)”へのコメント

  1. えりー より:

    先生の記録は後世の人に
    役立ち感謝される事と思います。
    患者をしっかり診ている医師は
    文章が上手だと聞いたことが
    あり本間先生もそうだと思いました。
    ご健闘お祈りしています。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。私の院長日記が将来、老朽化したビルから追い出されそうになった人のためになるようにという思いで書いています。がんばります。ありがとうございます。ご声援に感謝いたします。

  2. 田舎の農家のおっさん より:

    本間先生が証拠に出した防犯ビデオが裁判に有利になればいいですね。店子として不適格と主張する大同生命さん、あなたたちこそ生命保険会社として不適格じゃないですか? 大同生命さん、悪徳不動産みたいなことやってていいのですか?最近の日本の政治は大企業を優先する傾向にみえますが、司法の裁判所だけは大小関係なく公平な裁判をしていただきたいです。これは、札幌美容形成外科だけの裁判だけではなく、
    日本の中小の経営者さんたちが、大企業に屈しないための見本となる裁判になると思います。ご健闘をお祈りいたします。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。裁判所に行くとこんなに紛争があるの?というくらいたくさんの裁判が掲示されています。裁判所に掲示されている裁判の中には損害保険会社に請求を求める裁判が数件(数社)ありました。大企業には専任の弁護士もいるでしょうし訴訟を起こされても問題はないのでしょうね。中小企業は大変です。裁判の日は診療を中止して裁判所に行きます。将来、老朽化したビルで生計を立てている人が役に立つブログを残します。ご声援に感謝いたします。ありがとうございました。

  3. なっちゅん より:

    悲しいです。
    閉院なんて寂しすぎます。

    私はやすやすと行ける距離ではありませんが
    本間先生には審美眼と素晴らしい腕をお持ちなので
    終わってほしくありません。

    先生が納得して引退する時がその時だと私は
    望んでいます。

    店子として不適格とは酷すぎます。
    事実をありのままブログに書いただけなのに。

    絶対に負けないで下さい!

    早く証拠のYouTubeを見たいです。

    次の裁判で裁判官が見て聞いたら
    貼り付けていただけますか?

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。今日の裁判は言った言わないの世界ではなく、裁判官がお互いから別々に話しを聞いてくださいました。お互いの主張がどこで折り合えるかわかりませんが、裁判官は判決を書くより紛争を解決してあげたいというお気持ちだと感じました。ありがたいと思いました。ご心配いただきありがとうございます。

  4. さくらんぼ より:

    先生は的確に正確にこのブログに残しています。
    店子として不適格なんて こちらから言い返せば 診察に支障があり わきが の手術もできなくされました。なんとかして欲しいのは先生の方で 大同生命さんは 診察の支障をきたすような事をされているのですよ! 大同生命さんのイメージは もっと人間味があり 革新的だと思いました。 イメージを壊さないでください。 先生どうなりましたか?気にしながら仕事してました。 頑張れ 本間先生!

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。今日は裁判官がゆっくり時間を取ってくださり、こちらの主張をよく聞いてくださいました。相手方からも時間をかけて聴取されていました。法律を守る裁判官として何とか紛争を解決してあげたいという熱意が強く感じられました。次回は12月1日(木)16:00からになりました。ご声援に感謝いたします。

  5. すみれ より:

    今日の4時pm、祈っていました。大変な問題が続きますね。東京は晴天で、雪降る札幌を思っていました。法学を学んでいても、なにもお手伝いできません。ただただ祈るばかりです。お身体に気をつけて頑張って下さい。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    ご心配いただきありがとうございます。すみれさんにまで応援していただき感無量です。今日は裁判官がじっくりと話しを聞いてくださいました。ありがたいと感じました。判決を書くことを優先するのではなく、紛争を解決してあげたいという熱意が感じられました。とても素敵な裁判官です。

  6. くくるん より:

    今日ですね。あまり大したことは言えませんが、、、。
    大きな組織に屈することなく闘える先生はすごいです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    大きな組織でも大きな会社でもおかしいものはおかしいと主張するのが私の人生です。日本から医師名義貸という制度を無くしたのは私と朝日新聞の加賀さんとNHKの山田さんです。

  7. ラズベリー より:

    こんばんは。昨日、書いたコメントが載ってないのですが、、、

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。今日は裁判所に行かなくてはならず、更新する時間がありませんでした。今日の院長日記に転記させていただきました。申し訳ございませんでした。

  8. ラズベリー より:

    某、生命保険会社様との裁判ですが、原告者様には全く大義がないのです。前にも書きましたが、北海道新幹線開通が無ければ、古ビルを手に入れたりしません。事業拡大目的なのは、バレバレなのです。生命保険会社様は、老朽化したビルをわざわざ(意図的に)手に入れたのです。ですから、『老朽化』を立ち退きの正当の事由にする事は困難です。原告側の弁護士や事務所も選択ミスかもって思います。交渉したいなら、札幌界隈の弁護士に依頼するのがベストですもの。本社は東京でも、交渉する相手は札幌ですから。そして、弁護人が出された本も、原告側にとっては最悪ですしね。調停中に提訴されてますしね。極めつけは『立退き料に税金』『本間先生は提訴されて退去リスクも合わさり診療制限』。損害を主張されてるのに、崖っぷち、中小企業の味方的なCM料金あるんですね。驚きました。中小企業の味方の証明して頂きたいですねhttps://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1382.htm ※外れ馬券は『経費』という裁判を思い出しました。立ち退き料に税金もおかしな話ですねぇ

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    昨日いただいたコメントを、本日の院長日記に転記させていただきました。応援していただきありがとうございます。

  9. ラズベリー より:

    答弁、弁護させて頂きます。某、生命保険会社様が閲覧して頂けているのであれば幸いです。形成外科は、病気を扱う科というのは、以前記載した通りです。薬処方をするだけの科ではなく、基本的に手術があるという事でございます。テナント選択において、器具のスペースを確保したり、手術室がある場合、中央配管等、様々な準備が必要かと思います。某、生命保険会社様は、そのあたりはどの様にお考えなのでしょうか。退去料で料金を貰っても課税される事についても某生命保険会社様は平気なのでしょうか。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。私以上に詳しく説明していただきありがとうございます。こちらとしても代替診療所スペースを探したのですが、とにかく札幌駅前通りの人気が高く移転しようにも空き店舗がありません。手術室には配管も電気も水道も必要なので入居できるビルが限定されます。今日の結果は明日報告させていただきます。ご声援に感謝いたします。ありがとうございました。

  10. ラズベリー より:

    お忙しいのに掲載ありがとうございます。昨日のブログにコメントを記載したのは、先生が本日裁判だとわかったからです。原告側の弁護人は、自分の著書との呪縛に取り憑かれて無いことを願うばかりです。著書って、主張したいこと、その分野で仕事してますって証明みたいなものですよね。著書と正反対の主張を裁判でされるのって、辛いですよね。ポリシーを曲げて生きているみたいでしんどいと思いました。著書こそが、本心なのでしょう。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。昨夜は今日の裁判に備えて早く寝てしまいました。今日も手術をして処置をしてダッシュで16:00に間に合うように裁判所に行きました。たくさんのコメントをいただきありがとうございます。

  11. 匿名 より:

    こんにちわ
    勝たなければ閉院ですか!?
    先生に子供達の お手入れ して貰おうと
    思ってます
    それまで現役で居て下さい
    最近は育児と仕事と金欠で行けてませんが…

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。裁判に負けて建物明渡となると閉院です。どうなるかわかりませんががんばります。ご声援に感謝します。子育てをがんばってください。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ