医学講座

第2回弁論準備手続記録(札幌地裁)

 第2回弁論準備手続
 事件番号 平成28年(ワ)第816号
 建物明渡請求事件
 原告 大同生命保険株式会社
 被告 医療法人札幌美容形成外科
 期日 平成28年11月4日(金)午後4時01分~午後4時50分
 場所 ラウンド法廷(3階304)

      ■         ■
 昨日、札幌地裁に行ってきました
 昨日は晴れでしたが、
 今朝の札幌は雪です。
 東京からいらした弁護士さんは、
 お二人とも夏靴でした。
 一日違いで雪になりました。
 夏靴は転倒の危険があります
 今回はラッキーでした。
      ■         ■
 昨日は約1時間もかけて、
 裁判官がじっくりと話しを聞いてくださいました。
 ありがたいことと感じました。
 病院にたとえて言うと、
 午前中の混雑した外来では、
 患者さんからゆっくり話しを聞くことができません。
 説明もせいぜい数分です。
 次の患者さんが待っているからです。
      ■         ■
 患者さんとご家族に、
 時間をかけてゆっくり説明する時は、
 通常診療が終了後に、
 だれも待っている患者さんがいない時間に、
 特別に外来や病棟で時間をつくることがあります。
 裁判所の口頭弁論が、
 病院のふつうの外来診療のようです。
 口頭弁論の期日が10:30だったとすると、
 10:30には2件の口頭弁論があります。
      ■         ■
 次の予定も入っているので、
 広い法廷で、
 裁判官がじっくり話し聞くことは不可能です。
 ラウンド法廷は、
 書記官が執務している部屋の横にあります。
 小学校の教室を少し狭くした程度の部屋です。
 裁判官1人と書記官1人、
 じっくり話しをすることができます。
      ■         ■
 病院でいうと、
 ナースステーション横のカンファレンスルームで、
 患者さんとご家族に説明する雰囲気です。
 こちらも質問や発言ができます。
 裁判官と会話ができます
 札幌美容形成外科の担当は、
 札幌地裁民事第5部4係
 根本宜之裁判官です。

      ■         ■
 法律を守る裁判官として、
 紛争を早く解決してあげたい

 …という強い情熱を感じる素敵な方です。
 事件番号 平成28年(ワ)第816号
 建物明渡請求事件

 昨日のラウンド法廷では、
 まず被告側(札幌美容形成外科)から、
 解決の道について聞かれました。
      ■         ■
 私から、
 スノー会舘ビルの時代から建替計画があり、
 試算をした経緯をお話しました。
 立退料をもらっても課税されるので、
 クリニックの移転には莫大な費用がかかることをお伝えしました。
 裁判所の向いにある、
 札幌国税局に相談したことも伝えました。
      ■         ■
 今の税制では、
 立退料であろうと、
 保証料であろうと、
 金銭を受領した場合には課税対象となります
 現在の立地条件は、
 札幌駅前通地下歩行空間の開通により、
 札幌市内でも最も利便性が高い場所です。
      ■         ■
 現在の立地条件と同じ場所を探すと、
 賃料は現在のほぼ2倍以上になります。
 これも移転が難しい理由です。
 駅前通りの人気が高いことから、
 ビルに空室がないのも事実です
 さまざまな要因で、
 移転が難しいことをご説明いたしました。
      ■         ■
 大同生命ビルの斜め向いには、
 赤れんがテラスと呼ばれるビルがあります
 その場所にあったのが、
 札幌三井ビルです
 三井不動産が所有していたビルです。
 ここに入居されていた歯科診療所は、
 札幌第一生命ビルに移転され、
 赤れんがテラスの新築時に戻りました。
      ■         ■
 札幌美容形成外科も、
 同じように、
 仮診療所を準備してもらい、
 新大同生命ビルへの入居を求めていることをご説明いたしました。
 こちらとしては、
 金銭での解決は考えていない
 診療を継続することが解決の道であると、
 裁判官にお伝えしました。
      ■         ■
 私たちの後で、
 虎門中央法律事務所の、
 板垣幾久雄弁護士
 柴田征範弁護士のお二人とも、
 約15分程度、
 じっくりとお話しをされました。
 昨日は相手方から準備書面の提出はなく、
 次回は12月1日(木)16:00から第3回弁論準備手続です。
 じっくりとお話しを聞いてくださった、
 札幌地裁民事第5部4係
 根本宜之裁判官
に感謝しています。
20161104

“第2回弁論準備手続記録(札幌地裁)”へのコメント

  1. すみれ より:

    裁判って大変なんですね。希望が叶うように祈ります。来月1日、今度は、早いですね。お休みの木曜ですか?結果がいいように祈ります。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。今回は相手方から準備書面が出されていませんでした。裁判所としては紛争を早く解決する手助けをしたいという考えだと思いました。さすが法律を守る裁判官だと感じました。木曜日は休診日なので診療に影響が出なくてありがたいです。すみれさんに応援していただいいてうれしいです。

  2. さくらんぼ より:

    こちら側の思いが伝わりよかったですね。 店子として不適切なんて言ってないで 本間先生と高橋智弁護士の主張通りにすることが 解決する事です。山形から応援してます。裁判というより話を聞いてもらうなんて初めて知りました。 札幌雪が降ってましたね。 若い女性もおしゃれなマリンブーツの映像ですよ、夏靴なんて滑って転んで札幌の病院に入院ですよ(笑)

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。裁判所にもあたたかい心を持った裁判官がいらっしゃるのがわかりました。裁判所はかたいイメージで黒い法服を着た方だと思っていましたが、ラウンド法廷では私服でネクタイです。こちらの意見も聞いてくださってありがたいと思いました。になっていい先生に出会った患者のようでした。

  3. なっちゅん より:

    ラウンド法廷は話をじっくり聞いてくださり
    今回もよかったですね。

    双方歩み寄れる形でと裁判官の方は思っているのでしょう。

    ですがしかし仮のテナントの用意、
    新ビルへのテナントへの迎え入れは
    絶対にして欲しいです。

    大同生命さん、お願いです。
    本間先生から病院をとりあげないでください。

    店子としてふさわしくないと思われたのは
    ただの勘違いだと気づいてください。
    1月6日の電話の口調も証拠として提出されたわけですし。
    それに大同生命さんは、なんといたって中小企業の味方なんですから。

    円満解決して欲しいです!
    先生、頑張ってくださいね!

    話は変わりますが
    じっくり話を聞いてくださる病院は
    そうです、混んでます。

    先日、皮膚科で2時間待ちました。
    長く待つときは7時間だそうで、
    驚きました。

    私の大きくなっていった、ほくろはウイルス性のイボでした。
    液体窒素をつけてもらい
    ぽろっと取れました。
    先生、ありがとうございました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。裁判所はこわいイメージでしたが、きちんと被告の言い分も聞いてくださることがわかりました。ありがたいことです。

  4. えりー より:

    昨日はお疲れ様でした。
    そして今日も、わかりやすい内容
    ありがとうございます。
    裁判官と話しの出来るラウンド法廷、
    初めて知りました。先生の話しを
    しっかり聞いてくださった様子で
    良かったです。望まれる解決の道へ
    進んでいく事を願っています。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。ラウンド法廷は裁判官との距離が短くあいさつもできます。調停とは違った雰囲気ですが私はこのラウンド法廷が好きです。解決への道は長いと思いますが、しっかりこちらの主張も聞いてくださりありがたかったです。

  5. くくるん より:

    この記事読んだら、先生が今の場所で診療を続けたい気持ちがとてもよくわかりました。
    診療と並行して裁判も大変だと思いますが、体にはお気をつけておすごしください。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。このビルは古いですがとても使い勝手がよくて居心地がいいビルなんです。新しいところには正直なところ移転したくありません。でも裁判所の判断には従います。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ