医学講座

フシジンレオ軟膏

 昨日のバラマイシン軟膏に続いて、
 軟膏シリーズの続きです。
 今日はフシジンレオ軟膏です。
 私が医者になる前からある薬です。
 フシジン酸ナトリウムが主成分です。
 皮膚科でとびひなどに処方されることがあります。
 黄色ブドウ球菌などの、
 グラム陽性球菌に強い抗菌力があります。
      ■         ■
 バラマイシン軟膏との違いは、
 やけどなどの創面に塗ると、
 痛いです
 緑膿菌りょくのうきんなどの、
 グラム陰性桿菌には抗菌力がありません。
 使い方を間違えると効きません。
 耐性菌ができることもあります。
      ■         ■
 バラマイシン軟膏は、
 痛くない
 いい軟膏
です。
 でも、
 欠点があります。
 MRSAえむあーるえすえいという、
 耐性菌には効きません。
 MRSAに感染すると、
 たとえフィブラストスプレーを使ってもあとが残ってしまいます
      ■         ■
 北大形成外科の関連病院に、
 形成外科メモリアル病院がありました
 2002年1月に、
 時計台記念病院に統合されました。
 私は若い時に、
 形成外科メモリアル病院に2回勤務しました。
 たくさんの熱傷患者さんの治療をしました。
      ■         ■
 形成外科メモリアル病院では、
 熱傷患者さんに、
 バラマイシン軟膏と、
 フシジンレオ軟膏を、
 1:1で混合した軟膏を使っていました。
 薬局長の八木先生が苦労して混合してくださいました。
 八木先生のお名前から、
 YGわいじー軟膏と呼んでいました。
      ■         ■
 私の恩師、元市立札幌病院院長の吉田哲憲先生は、
 日本熱傷学会特別会員です。
 吉田先生が、
 日本熱傷学会で、
 抗菌性外用材について報告したことがあります。
 私も調査のお手伝いをさせていただきました。
 仲間うちで、
 北大形成外科抗生物質班と呼ばれていました。
      ■         ■
 北大形成外科の関連病院を調査した結果、
 多くの病院がMRSA感染で苦労していたのに、
 バラマイシン軟膏と、
 フシジンレオ軟膏を混合した、
 YG軟膏を使っていた形成外科メモリアル病院では、
 MRSAがゼロでした
 この調査結果を知っている人は、
 少なくなってしまいました。
      ■         ■
 抗生物質軟膏を熱傷創面に使うのを嫌う先生がいます。
 耐性菌が問題になることも理解できます。
 でも、
 せっかくフィブラストスプレーを使っても、
 熱傷創感染を起こすと大変です
 62歳の熱傷専門医である私は、
 小児の熱傷患者さんには、
 フィブラストスプレーと、
 バラマイシン軟膏フシジンレオ軟膏を混合した軟膏をすすめます。
 この軟膏は痛くありません

“フシジンレオ軟膏”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    フシジンレオ軟膏も初めて聞きますが、とびひや水疱瘡の時処方される青い蓋に入った白い軟膏とは違いますよね? MRSAでは本間先生に一度お聞きしたことがあります。 介護福祉士が その患者さんのたんの吸引消毒液だかを誤ってこぼし、買ったばかりの靴と白衣を捨ててきたことです。 思い出しました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。フシジンレオ軟膏はチューブに入っています。先生によって使う軟膏は違います。MRSAはほんとうにやっかいな菌です。浅いやけども深くなってしまいます。

  2. なっちゅん より:

    先生は熱傷専門医でもあったのですね。
    知りませんでした。
    流石です。
    勉強熱心ですもんね。

    仮に、やけどをして、
    こちらから皮膚科で
    薬を指定するのも、その先生のプライドを
    傷つけるのではと思ってしまいます。

    こういう時はどうしたら
    いいのでしょうね?

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。先生にこちらから薬を指定することはできませんね。最近は軟膏より創傷被覆材そうしょうひふくざいというのを使うこともあります。私なら痛くない軟膏を選びます。昔は熱傷治療もしていましたが、今は急患に対応できず、熱傷治療はあまりしていません。

  3. まみ子 より:

    先生お疲れ様です。
    当院ではとびひにはリンデロンVG軟膏が多く使われます。とびひは小児に多い皮膚病で痒みを伴います。抗生剤の内服も処方します。
    リンデロンVG軟膏のGはゲンタマイシンのGなので痒みをおさえながら、菌も殺していくと言う考えです。

    フシジンレオ軟膏も処方する事もありますが、頻度としてはあまり多くはありません。

    バラマイシン軟膏とフシジンレオ軟膏は1:1の割合で良いのでしょうか?

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。バラマイシン軟膏とフシジンレオ軟膏の比率は1:1です。私はいい配合比率だと思います。MRSAにやられることは少ないです。

  4. すみれ より:

    詳しい事まで勉強されているのですね。熱傷は経験したくないと思いますが、痛くない薬は助かります。今まで、学んできた賜でしょう。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。患者側から見ると痛くない治療が一番です

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ