医学講座

ほくろとメラノーマの鑑別

 札幌美容形成外科の診療メニューには、
 ほくろ切除はありません。
 もちろん、
 ホクロをレーザーで取る治療もしていません。
 一つの理由は、
 ホクロ除去手術2017
 …に書いた通り、
 所得税法施行令第207条、所得税基本通達73-4のためです。
      ■         ■
 美容目的のほくろ除去手術は、
 保険適応になりません。
 国が決めた決まりだからです。
 もう一つは、
 美容外科や、
 美容皮膚科で多く行われている、
 レーザーや機器によるホクロ除去では、
 病理組織診断ができないからです。
      ■         ■
 万一ほくろだと思って切除した部位が、
 メラノーマだったとしても、
 わかりません。
 ホクロ除去からしばらくして、
 あごの下や、
 くびのリンパ節が腫れてきて、
 大騒ぎになることがあります。
 患者さん本人も忘れていることがあります。
      ■         ■
 私は研修医の頃に、
 悪性黒色腫をたくさん治療した皮膚科の大先輩から、
 ホクロは悪性化したら大変です。
 ホクロを焼いて刺激して、
 その上、取り残して…
 もし…
 万一悪性化したら取り返しがつきません
 ホクロは切除して病理検査をすべきです。

 …と教えていただきました。
      ■         ■
 私自身も、
 メラノーマの患者さんを看取ったことがあります。
 たった1個のホクロが、
 もしメラノーマだったら大変なことになります。
 何度も言いますが、
 経験を積んだ皮膚科医ですら、
 ほくろメラノーマの鑑別は難しいです
      ■         ■
 しみの診断は難しいです
 …に書いたことです。
 私が心配するのが、
 相談無料の美容外科や美容皮膚科です
 ○○スキンクリニックなんて、
 ピンクのど派手な看板が目に付きます。
 皮膚科専門医ですら難しいシミの診断を、
 学生時代に満足に皮膚科の講義も聴かなかった、
 なんちゃって美容皮膚科医が、
 なんちゃって美容外科医の先輩に教わって、
 は~い、
 おホクロの治療は簡単ですょ~

 なんて治療をしてしまうことです
      ■         ■
 おいおい、
 あんたね~
 せめてダーモスコピーくらい撮って見ておかないと、
 そのレーザーを当てようとしている黒い病変が、
 MMえむえむ(悪性黒色腫)だったらどうするの?
 訴えられたら、
 100%敗訴だょ

 …と心配したくなるようなピンクの看板のクリニックが、
 そこらじゅうにあることが心配です。
 専門医でも難しいのが、
 ほくろやしみの診断です

“ほくろとメラノーマの鑑別”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    皮膚科専門医でも難しいメラノーマ。
    怖いですね。

    ほくろの変化に気をつけていこうと思いました。

    なんちゃってを
    のさばる世界にしないでほしいです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。ホクロやシミなど黒い病変の診断は難しいです。ホクロが簡単に取れるという認識は間違っているのです。

  2. さくらんぼ より:

    ほくろだけでなくしみも癌のことがあるのですか? メラノーマだとわかったほくろはえぐり取っても転移しているのでしょうか? ほくろは誰にでもあるので その鑑別が難しいのですね。 もしメラノーマと言われたら 助かるのか助かった人がいるのか、どんな治療なのか詳しく知りたいです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。その通りです。茶色のシミに見えた部位がメラノーマだったなんてことがあるのです。メラノーマで切除しても転移して亡くなる患者さんが多数いらっしゃいました。今は切除不能なメラノーマでも薬による治療が可能になりました。昔だったら助からなかった患者さんが助かるようになりました。すごいことです。日本人が発見した薬です。

  3. くくるん より:

    専門医の先生でも、メラノーマとほくろとの鑑別が難しいことは昨日も書いておられましたね。

    ちなみに病理組織診断が普通の美容外科や美容皮膚科で出来ないというのはどういうことですか?

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。美容外科や美容皮膚科で行うホクロ除去はホクロをそのままレーザーで焼く治療です。蒸散じょうさんと言って煙を出して焼いてしまう治療が大部分です。そうすると組織は切除しません。病理組織診断にはお金がかかります。簡単に言うと一つの病変を病理組織診断に出して病理医に診てもらうと約1万円もかかります。ホクロ一個を5000円で取る美容皮膚科で一個10000円の病理診断は無理です。これができないからくりです。

  4. すみれ より:

    専門医でも診断に苦労するほくろやしみはよほど先生を選ばなくてはいけませんね。日本では嫌われてるソバカスもアメリカではチャームポイントらしいです。国によって異なる事もありますが、ほくろもしみも場所によっては悩み事になるかもしれません。とるときには、病理検査を忘れずに。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。色白の白人はわれわれ黄色人種より皮膚癌になりやすいと言われてます。紫外線による影響を受けやすいことも理由の一つです。単なるシミかと思ったらメラノーマだったなんてこともあります。くれぐれも気をつけていただきたいです。

  5. ayu より:

    記事を見て気になったのですが、以前乳首に一ミリないくらいの黒いほくろのようなものがあり授乳していたので気づいたらとれてしまいました。
    これがもしメラノーマだったら転移してしまうのでしょうか?
    三年はたっているのでいまなにもなければほくろだったのでしょうか?
    気づいたらとれてしまい病理検査などしてないので不安になりました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    おそらくそれはホクロでもメラノーマでもないと思います。心配いりません。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ