医学講座

溶ける糸と溶けない糸

 とける糸は自分で抜いて
 2015年9月14日の院長日記です。
 溶ける糸はとけません
 専門用語で溶ける糸は吸収糸きゅうしゅうしと呼びます。
 一番有名な吸収糸は、
 米国ETHICONエチコン社のバイクリルという製品です
 もっと安い製品もありますが、
 大きな病院で使うのはバイクリルです。
      ■         ■
 この製品情報を読んでください。
 吸収期間約56~70日と書いてあります。
 つまり最低2ヵ月以上は残っているのです。
 この溶ける糸が残っていると、
 ちょうど細いピアスの穴ができるように、
 縫ったところに穴ができます
 その穴に垢がたまることがあります。
 大変です。
 硬くなってしこりになります。
      ■         ■
 男性も女性も、
 性器の手術を受けて、
 溶ける糸で通院不要と言われて、
 手術から3週間経過しても、
 もし糸が残っていたら、
 お風呂できれいに洗ってから、
 自分で引っ張って抜いてください
 連続縫合という縫い方だったら、 
 するすると抜けることがあります。
      ■         ■
 もし引っ張っても抜けなかったら、
 病院へ行って抜いてもらってください。
 1ヵ月以上溶ける糸が残っていたら、
 ピアスの穴ができるように、
 手術をした部分にしこりができます。
 もうしこりになってしまった方は、
 近くの形成外科の病院で診てもらってください。
 とける糸で通院不要はおすすめしません
      ■         ■
 だまされないでください!
 溶ける糸なんてうそです。
 吸収糸と呼ばれる糸があります。
 バイクリルという名前の商品名で売られている、
 米国製の糸が一番有名です。
 専門用語でとける糸は…
 吸収糸きゅうしゅうしと呼びます。
 とけるのではなく、
 分解されて吸収されるだけです。
      ■         ■
 しかも…
 分解されて吸収されるまでには…
 一ヶ月以上かかります。
 分解される…
 ということは、
 自分の身体が糸を異物と認識するからです。
 当然、糸がついている部位では、
 炎症が起こり…
 キズは赤く硬くなります。
 つまりキズは目立ちます。
      ■         ■
 形成外科でも、
 とける糸を使います。
 表面を縫うときに使うのは、
 口の中などの粘膜。
 鼻の奥で抜糸が難しい部位。
 あとは身体の中の腸管粘膜など…
 力がかからない部位に使います。
 少しでもキズを残したくない部位…
 (顔や瞼など…)
 にはとける糸
 絶対に使いません
      ■         ■
 クリニックにとって…
 抜糸の時間や、
 通院で経過を診る時間は、
 儲からない赤字部門です。
 高いお金を取って…
 短時間で手術を済ませ…
 あとは抜糸も通院も不要というのは、
 悪徳美容外科の一つの指標です
 お母さんにも相談できないのが、
 性器の手術です。
 くれぐれも気をつけてください
 小陰唇肥大は外国人も困ってます
 恥ずかしいことではありません。
0912-1

“溶ける糸と溶けない糸”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    溶ける糸は力がかからない部分に使うんですね。
    溶ける糸は、
    もう使用されてないのかと思ってました。

    溶ける糸は溶けなくて
    逆に傷口が目立ってしまうなんて
    怖いです。

    溶ける糸で通院不要をうたってる病院は
    なんちゃってなんですね。

    皆さん、気をつけてください。
    騙されないでください。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。溶ける糸で通院不要のクリニック、もし溶ける糸も溶けない糸も同じ料金ならまだマシです。悪質なのは溶ける糸の料金を高くしているところです。原価はせいぜい1本1000円も変わらないのに何万円も高くしているところがあります。溶けない糸だとボコボコのハム状態になると説明したところがあるそうです。逆なんですよねぇ~ひどいもんです。

  2. さくらんぼ より:

    私は病気で手術した事が何回かあります。扁桃腺は抜糸があったか子供だったので忘れましたが 鼠径ヘルニアは抜糸があり 子宮全摘はホチキスみたいな針の抜糸があり 、巻き爪はあったような、脊髄腫瘍もあったようですが、頸部脊柱管狭窄症はなかったです。 変性側わん症並びに腰部脊柱狭窄症では背中の大半を切りましたが、抜糸はなかったです。どこもみにくくなった所はありません。 陰部も他の方々と比べたことがないのでよくわかりませんが、かなり勇気がいりますが気になる方は受診ですよね。 K男さんは おしっこが近く 大学病院の泌尿器科を受診したらバケツにおしっこをしてください。と言われ 、その回りに同じ年代の医学生がずらっと並びに 尿をする様子をみていてとても恥ずかしくて二度と大学病院の泌尿器科には行かないと行ってました。そんな事って本当にあるのでしょうか?

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。ふつうの扁桃腺摘出手術は抜糸はありません。整形外科の手術で抜糸がなかったのは皮下縫合という抜糸しない糸で丁寧に縫ったから皮膚縫合はしなかっただけです。それだけ丁寧に手術をしてくださったのです。どこの大学病院泌尿器科かわかりませんが、同年代の医学生の前で排尿は考えられません。子供でも見られるだけでおしっこは出なくなります。

  3. すみれ より:

    溶ける糸というのは、すべてを先生におまかせしているので、医学的な事はわかりません。これまで手術をしたことがないけど、糸にもいろいろとあることがわかりました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。すみれさんのように、ふつうの患者さんは『すべてを先生におまかせ』なんですよね。でも信じてはいけない先生がいるんです。そこが美容外科のこわいところです。溶ける糸を商売の道具に使って料金を高くしています。しかも説明するのが無資格の受付さんだったりします。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ