二重・眼瞼下垂

ミューラータッキング法と腱膜固定法

 手術をやればやるほど、
 難しいと感じるのが、
 眼瞼下垂症手術がんけんかすいしょう手術です。
 100人の目を手術すると、
 200通りの目があると感じるくらい、
 同じ人の目でも左右で違います。
 それを治すのが先生の腕でしょ!
 …と患者さんから言われます。
      ■         ■
 自由診療の美容外科も、
 保険診療の形成外科も、
 満足度UPのため、
 苦労しています。
 日本の先生も、
 台湾の先生も苦労しています。
 西洋人とアジア人の目は違います。
 アジアの先生は同じように苦労しています。
      ■         ■
 私が札幌美容形成外科を開業した13年前は、
 日本の眼瞼下垂症手術は、
①横浜の西條先生が開発されたミューラータッキング法
②信州大学形成外科の松尾清先生の腱膜固定法
 大きく分かれていました。
 急速に広まったのが、
 信州大学形成外科の松尾清先生が開発された、
 腱膜固定法です。
 NHKのためしてガッテンの影響も大きいです。
      ■         ■
 札幌美容形成外科で行っている眼瞼下垂症手術も、
 松尾先生の腱膜固定法に近い手術です。
 厳密に言うと松尾先生とまったく同じではありません。
 健康保険の眼瞼下垂症手術、
 眼瞼挙筋前転法という手術です。
 使う糸や、
 糸を固定する位置、
 糸を固定する方法は、
 私が考えた独自のものです。
      ■         ■
 二重埋没法
 術者によってやり方が違うのと同じで
 健康保険の眼瞼下垂症手術も、
 先生によってやり方が違います。
 両目で20分の先生も、
 片目で20分の先生も、
 私のように両目で2時間以上の先生もいます
 一つ言えることは、
 ミューラータッキング法は手術時間が短いです。
 いろいろな先生がいろいろな手術をしています。
 ご自分に合った先生を選んでください。

“ミューラータッキング法と腱膜固定法”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    ミューラータッキング法は
    どのような眼瞼下垂にいいのですか?

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。先生によって手術法が違うだけで眼瞼下垂のタイプによる違いはありません。最近は両方を組み合わせた手術をなさる先生もいます。

  2. すみれ より:

    手術にもいろいろあるものだと驚きました。どんな仕事も大変でしょうが、特に細かな神経とてわざを必要としますね。真面目でこまかな仕事のできる本間さんにピッタリだと思います。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。手術は自分の手を動かして組織を操作する作業です。ちょっとした手加減で結果が変わります。なるべく患者さんが喜んでくれるように丁寧にしていますが、時には予想しないことも起きます。どんな時にも冷静に対処することが必要です。自分には向いていると思ってやっています。

  3. さくらんぼ より:

    噛んでしまいそうな名前の手術法ですが、本間先生は人の何倍もかけて丁寧に手術されているのですね。それでもたまにクレームがくる難しい手術なんですね…

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。経営のことを考えると短時間で手術をして一日に何人も手術をするとクリニックの収益は増えます。私が聖路加国際病院で手術をしていただいた時は約2時間程度かかりました。自分が手術をする時も『手術を受けてよかった』と思っていただけるように丁寧にしています。それでも時々予想しない左右差が出ることがあります。日々いろいろと考えて勉強もしています。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ