二重・眼瞼下垂

MRD(えむあーるでぃー)って何?

 眼瞼下垂症の診断一つにしても、
 日本形成外科学会
 日本眼科学会
 統一した診断基準はありません
 もちろん、
 厚生労働省が決めた基準もありません。
      ■         ■
 MRD:Margin Reflex Distanceという測定があります。
 瞳孔(黒目の中のひとみ)の中心から…
 上眼瞼縁までの距離が…
 3.5mm未満となったら、
 眼瞼下垂という人もいます。
 ところが…
 MRD(えむあーるでぃー)の測定法すら、
 しっかりとした定義がありません。
      ■         ■
 MRDを1㎜の誤差もなく、
 自動的に測定する機器もありません。
 (少なくとも私の知る限り…)
 まだまだわからないことが、
 実にたくさんあるのが…
 眼瞼下垂症です。
 眼科医も形成外科医も手術をしています。
      ■         ■
 下の図はネットで探して見つけたものです。
 エジプトの大学のようです。
 下の図では、
 4㎜でMild Ptosis(軽度の眼瞼下垂
 3㎜でModerate Ptosis(中等度の眼瞼下垂
 2㎜以下でSevere Ptosis(重度の眼瞼下垂

 …と書いてあります。
      ■         ■
 もし眼瞼下垂で手術を受けようと思って、
 重度の眼瞼下垂症しか保険適応にならない。
 あなたはMRDが4㎜だから、
 自費で50万円(消費税別)
と、
 もっともらしく言われたら、
 ちょっと考えてください。
 私なら下の図の4㎜の眼瞼下垂症でも、
 保険適応で手術をします
 患者さんがつらい症状で困っているからです。

“MRD(えむあーるでぃー)って何?”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    人の弱みにつけ込んで
    50万円以上を、ふんだくろうとするのは
    許せません。

    お困りの方は
    やはり本間先生のように
    保険適応にして下さるような先生を
    探してくださいね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。保険診療をしていない美容外科で最初から50万円(税別)のところはまだいいと思います。【保険適応】を看板に出しておいてあなたのは軽度だから、、、…はいただけません。私は軽度で手術は不要ですとは言っても保険外で50万円も20万円も言いません。

  2. さくらんぼ より:

    MRDはじめて聞く言葉です。MRAならわかりますが。 自費でなんてとても高額でできないんで信頼できる先生にしていただきたいです、保険適用で。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。お金持ちが多い大都会なら保険外で50万円(税別)の患者さんがいると思います。北海道は不景気で保険適応の5万円でも高いという方がいらっしゃいます。確かに5万円の買物はなかなかできません。私はニトリさんのように安くて良い商品を目指しています。似鳥昭雄社長から教えていただいた商売の原点です

  3. すみれ より:

    困っている人を保険適用でみてくれる、全部の先生がそうであればいいですが。難しい手術とは思いますが、多くの人を救ってほしいと思います。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。私が勤務した市立札幌病院、JA帯広厚生病院などでは原則として保険診療でしか手術ができませんでした。形成外科は保険診療の枠の中でなんとか患者さんが希望する手術をしてきました。私たちの大先輩が苦労して形成外科の保険適応を拡大しました。【保険適応】を看板に出すなら保険でできる患者さんは全員保険適応で手術をするべきだというのが私の考えです。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ