医学講座

救命ASUKAモデル

 平成30年1月31日、昨日の朝日新聞朝刊の記事です。
 ぜひ読んでいただきたいと思います。
 (小さないのち)悲しみと歩む②
 救命、ASUKAモデル
 「ママ、大好き」「何言ってんのー」。2011年9月29日朝、小学6年生だったさいたま市の桐田明日香さん(当時11)は冗談交じりに母親の寿子さん(47)に投げキスをして、自宅を出ていった。
 その日の夕方、駅伝のメンバーを選ぶ選考会が校庭であった。明日香さんは全力で1千メートルを走りきった直後に、倒れた。
 ■11分間措置なし
 教師らは呼吸があるなどと判断し、担架で保健室に運んだ。救急車が到着するまでの11分間、心臓マッサージなどの救命措置は行われなかった。学校には、心臓に電気ショックを与える自動体外式除細動器(AED)が置いてあったが、使われなかった。意識が戻らないまま、明日香さんは翌30日の夜、家族が見守るなかで息を引き取った。
 呼吸に見えたのは「死戦期呼吸」と呼ばれ、心肺停止後に起こる「あえぎ」だった可能性があるという。救急車を待つ間にAEDなどの救命措置が行われていれば助かったかもしれないと、寿子さんは思っている。
 絵が好きだった明日香さん。学校のテストの裏などによくイラストを描いていた。将来の夢は母親と同じ看護師。「大切なものは家族と友だち。幸せなことは私が生まれてきたこと」。明日香さんは自分のプロフィルにこうつづっていた。好きな男性と幸せになるために、きちんとした女性になろう。そんな目標を「自分への手紙」に書き、宝物入れにしまっていた。
 ■教訓踏まえ冊子
 「何があったか知りたいんです」。寿子さんは学校に問うたが、教師たちはうつむいて無言のまま。裁判を起こされることを意識しているようにみえた。
 「明日香はどうしたらいいと思う?」。寿子さんは心の中で娘と語り合った。学校の対応に不満は大きかったが、憎んだり闘ったりするという感情は生まれなかった。学校も友だちも大好きだった娘の気持ちに寄り添い、再発防止のために動き出す道を選んだ。
 当時の市の教育長で、責任を感じてひとりで桐田さん宅に謝罪に訪れた桐淵博さん(64)が、寿子さんの思いを受け止めた。市教育委員会や医師、有識者らに呼びかけ、事故の教訓を踏まえた救急対応マニュアルづくりに乗り出した。
 明日香さんが亡くなって1年後。市教委は、人が倒れたときの対応マニュアルを冊子にまとめた。呼吸や脈拍の有無を判断する方法を説くのではなく、「わからない」場合はAEDを使うとしたことなどが特徴だ。「ASUKA(あすか)モデル」と名づけた。寿子さんや桐淵さんは全国各地で講演し、普及に努める。
 ■学びが救った命
 山口県長門市の高校3年生、的場浩一郎さん(18)は中学生だった2014年、学年全員が参加する救命講習でASUKAモデルを学んだ。講師は、桐淵さんの講演を聞いた地元の救急救命士だった。的場さんは「救えたかも知れない同年代の死があることに驚き、悔しいと思った」という。
 翌年、的場さんは同県萩市の駅伝大会に出場した。担当区間を走り終えると、60代ぐらいの男性が近くで倒れていた。通報などは任せ、近くのスポーツ施設に駆け込んでAEDを運び出し、救命措置をしていた医師に渡した。男性は一命をとりとめた。走る前から「あそこならAEDがありそうだ」と目を付けていたという。
 人の命を救う仕事がしたいと思うようになり、救急救命士の資格を目指して勉強してきた。この春から関東の消防局で働き始める。
 「明日香は助からなかったけど、明日香の命がだれかを助けているようでうれしい」。寿子さんはピンク色の形見の腕時計をつけ、これからもASUKAモデルの普及活動を続けていく。
 (後藤泰良)
 ■追及だけでなく防ぐ視点を
 2016年の人口動態統計によると、1~19歳の死因の1位は「不慮の事故死」だ。525人の子どもたちが交通事故や転落、火災などで亡くなっている。
 子どもの事故が起きると、保護者や学校などの監督責任が問われがちだ。一方、事故をどう予防策につなげていくか、という視点はおろそかにされてきた。
 産業技術総合研究所(東京)によると、予防には「法制化による規制(Enforcement)」、事故が起きにくい製品開発などの「環境改善(Environment)」、意識や行動の変化を促す「教育(Education)」の「三つのE」の視点が大切だという。「ASUKAモデル」は、教育の視点から考えた予防策といえる。世界保健機関(WHO)もこうした科学的な対策を各国に求めている。
 予期せぬ死を減らすには、幸いにも死に至らなかったケースの分析も欠かせない。だが、子どもの事故の全体像が詳しく分かる統計は日本にない。どんな環境で事故が起きたのか、年齢や身長、季節などでリスクはどう変わるのか。個人情報を除いたデータを医療機関や行政機関、専門家らが共有するシステム作りが求められている。
 (板橋洋佳)
 ◇ご意見を〒104-8011(所在地不要)朝日新聞社オピニオン編集部「小さないのち」係にお寄せください。


ASUKAモデルを広めようと講演する桐田寿子さん。明日香さんの形見の腕時計がいつも一緒だ=2017年11月、栃木県栃木市、後藤泰良撮影
(以上、朝日新聞より引用)


      ■         ■
 桐田明日香さんのご冥福をお祈りいたします。
 私はASUKAモデルを知りませんでした。
 大切なことだと思います。
 心肺蘇生は、
 札幌医大麻酔科
 研修をさせていただいいたおかげで、
 できるようになりました。
 63歳でも気道確保も気管内挿管もできます。
      ■         ■
 なんちゃって美容外科医が、
 患者さんが急変した際に、
 看護師さん、
 救急車を呼んでください!

 …と叫んだと聞いたことがあります。
 麻酔薬でアナフィラキシーショック
 …を起こすこともあります。
 われわれ医療従事者にも、
 救命ASUKAモデルは役立つと思います。
 心から明日香さんのご冥福をお祈りしています。

“救命ASUKAモデル”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    先生は挿管も出来るんですね。
    失礼ながら、驚きました。

    ASUKAモデル、私も知りませんでした。
     
    明日香さんのご冥福を心よりお祈り致します。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。札幌医大麻酔科で半年間研修させていただいたおかげで気管内挿管も心肺蘇生もできるようになりました。医学部6年間では実際に患者さんに針を刺して注射したり採血もできません。もう少し医学生にも実地練習をさせるべきです。学校にAEDがあっても使える先生がいないと役に立ちません。ご自分の娘さんが亡くなって大変なのに講演をなさっているお母様が素晴らしいです。心からご冥福をお祈りしています。新聞を読んで涙が出ました。

  2. えりー より:

    心臓マッサージは20年前の自動車学校で
    人形を使って習った以来していません。
    実際に人が倒れていたら驚いて動けなく
    なる情けない自分になりそうです。
    AEDの使い方や心臓マッサージの講習会
    など機会があれば参加したいと思いました。
    「救命ASUKAモデル」
    心に留めておきたい記事のご紹介
    ありがとうございました。
    助かる命が少しでも多く救われますように
    と願っています。
    桐田明日香さんのご冥福をお祈りいたします。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。私が住んでいるマンションにはAEDが設置されています。もし自分が倒れたら誰かが使ってくれるかなぁ~?と思います。お医者さんも看護師さんも住んでいるマンションですがその場にいた方が使えないとダメですね。

  3. さくらんぼ より:

    息子2人は医療従事者として心肺蘇生の講習は受けています。今なら助けられたらと思います。過去に二度、人工呼吸をする場面がありました。2人とも近所の私より若い人でした。機械の下敷きになり機械をどかしてレスキューがくるまで明らかに死んでいるMさんを見ているわけにもいかず、たまたま次男がいて救急車がくるまで人工呼吸し続けました。 もうひとりは隣の息子さんが風呂の中で亡くなっていたのをなぜか119番しないで、私の家に電話がきました。救急車に電話して心肺蘇生のやり方を指示されましたが、その方も亡くなってました。 山形市で以前山大生が119番したのに来てもらえず亡くなり裁判になり前市長市川さんは市の責任はないと争っていましたが、今の佐藤市長になってから遺族に謝罪にいかれとてもいい市長さんでよかったです。もう少し心肺蘇生のやり方を広めて欲しいです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。さくらんぼさんの2人のご子息様はご立派です。山形の市長さんがいい方になってよかったです。裁判で訴えられるとかではなくて、亡くなった人に『助けてあげられなくてごめんなさい』が必要だと思います。AEDの講習会や心肺蘇生の講習会はもっと広まるといいですね。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ