医学講座

引っ越しの春

 平成30年3月9日、朝日新聞朝刊、天声人語です。
 引っ越しの春
 江戸の絵師、葛飾北斎は大変な転居癖があったらしい。数えの90歳で亡くなるまでに、93回すまいを変えたとされる。1日のうちに3回引っ越しをしたこともあるというから、相当の猛者である。
▼絵に熱中するあまりだろう、部屋は散らかり放題で、どうにもならなくなると家を変えた。新しい環境に身を置くことも好きだったようで、生涯で100回の転居を目指すと語っていた。住み替えが、晩年まで変化を続けた画風の活力になったのだろうか。
▼入学、就職、転勤……。春は引っ越しの季節である。住む場所を変えると、新しい自分になる気がする。そんな経験をお持ちの方もおられよう。だからこそ荷物を出すときには、今までの自分を置いていくような寂しさもある。
▼〈この部屋を出てゆく/ぼくの時間の物指しのある部屋を〉。詩人の関根弘さんが、慣れ親しんだ場所を去る気持ちをつづっている。使わなくなった炬燵(こたつ)や火鉢を残していくが〈ぼくがかなしいのはむろん/そのためじゃない/大型トラックを頼んでも/運べない思い出を/いっぱい残してゆくからだ〉。
▼この春いつもと違うのはドライバーの不足だという。希望日に転居できない「引っ越し困難者」が生まれそうだと昨日の経済面にあった。いつにもまして落ち着かないシーズンになりそうだ。
▼詩人は置いていった思い出を〈かならず/とりにくるよ〉と書いた。新天地での忙しさが一段落したら戻ってくるといい。たとえ心の中だけの旅であったとしても。
(以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 私も数多く引越しをしました。
 多くは医局人事という
 北大形成外科からの指示でした。
 民間企業でしたら、
 転勤しても退職することはありません。
 私たち医師は、
 たとえ大学医局の指示でも、
 自己都合退職でした。
      ■         ■
 朝日新聞に、 
 葛飾北斎は
 1日のうちに3回引っ越しをしたこともあるという

 …と書いてありました。
 私の最高記録は、
 一年間に3回転勤だったと記憶しています。
 年金も、
 雇用保険も、
 その都度自己都合退職でした。
      ■         ■
 2018年2月は、
 一度決まった引越し先がダメになりました
 設計図も、
 家具も、
 ダメになってしまいました。
 私自身は、
 もう二度と引越したくない
 …が本音です。
 引越しまであと11日です。

“引っ越しの春”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    天才は何処か違いますね。

    父が転勤族でしたので
    私も、もう引越はしたくありません。

    設計図も家具も駄目になったのは
    非常に残念でしたね。

    ですが再移転先が見つかり
    幸いでした。

    箱詰めなど
    残り11日間、頑張って下さい。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。ヤマト運輸さんにお願いしたので箱詰めも開梱もヤマトさんがしてくださいます。とてもありがたいことです。私は現場での打ち合わせや確認、役所へ出す書類の準備です。自分の荷物整理ができていません。がんばってこれからやります。

  2. さくらんぼ より:

    私は一度も引っ越しをした事がありません。引っ越し手伝いは長男が大学の時と次男が最初の専門学校に行った時と帰ってきたときレンタカーのトラックを主人と次男が交代で運転してきたときだけで、あと次男は愛知県から東京に東京以外の関東地区に引っ越しした時も独りで引っ越ししたようです。 最近も結婚のため引っ越したようですが、できれば宮城あたりに住んでほしいです。主人の実家も母の故弟の奥さんも近く東京の息子のところに行くので宮城の家も空き家になりもったいないです。 先生は本当に寿命が縮んだのではないでしょうか?二週間で移転開院はみなさん徹夜?と思っていますが、心配で手紙を書きました。 でも 本間先生だから困難を乗り越えられたのだと思います。今までの経験が生かされたのだと思います。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。寿命が縮まったかどうかはあと何年もしないとわからないと思います(と願っています)。移転しても死んでしまったらおしまいです。今までの人生で一番つらかった引越しは札幌医大を追い出された時でした。自分で荷物をまとめて出ていくのは嫌な気持ちでした。幸いなことに田中さんという方が手伝ってくれて自宅まで運んでくれました。ありがたかったです。ご恩は一生忘れません。

  3. えりー より:

    春は引っ越しや別れの季節ですよね。
    本間先生は一年に3回も引っ越し
    なさったご経験があるのですね。
    私は子供の頃は学区内での引っ越し数回。
    社会人になって市内で何度か引っ越しを
    したくらいです。
    今は息子の引っ越し計画をたてているところ
    です。

    一度決まったことが無しになるのは
    とても落胆なさったと思いますが
    新たなビルでのスタートを応援して
    います。

    私は昨日は胃が痛くて大変でした。
    疲れがたまっていたのだと思います。
    本間先生もご自愛ください。

    本間先生、なっちゅんさん、さくらんぼさん
    息子へのご声援に感謝しております。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。お母様もお疲れになったのだと思います。私は一浪で札幌医大に合格した日に熱を出して寝込みました。移転した後で疲れが出て倒れないようにします。ご声援ありがとうございます。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ