医学講座

第61回日本形成外科学会(福岡)②

 福岡は暖かでいいお天気です。
 札幌と2ヵ月くらい違う印象です。
 芝桜が咲いています。
 学会初日にお聞きした、
 特別講演が印象的でした。
 わざわざサンフランシスコからいらしてくださった、
 広島原爆の被爆者で、平和の語り部
 笹森恵子様の講演です。
      ■         ■
 特別講演1
 4月11日(水)11:00~12:00 第1会場
 司会:平野明喜(日本赤十字社長崎原爆病院)
 SL1 笹森恵子ヒロシマ・ナガサキ平和プロジェクト
 笹森恵子ささもりしげこ( 名誉人文学博士、広島原爆の被爆者、語り部)

 今年6月のお誕生日が来ると86歳だそうです。
 とてもしっかりした女性でした。
      ■         ■
 笹森さんが、
 広島の原爆によって熱傷を受傷し、
 ご両親が熱傷の治療をしてくれたこと、
 東大分院で、
 林田先生に手術をしていただいたこと、
 米国で25人の仲間とともに、
 熱傷瘢痕拘縮の治療を受けたこと、
 原爆の悲惨さを全身で説明してくださいました。
      ■         ■
 私が一番驚いたのは、
 私の恩師、
 大浦武彦先生が発言され、
 昭和32年に笹森さんのことが新聞に載り、
 形成外科というのがまだ知られていない時に、
 米国で治療を受けたと新聞記事で知って、
 形成外科医への道を選んだ
 …とお聞きしたことでした。
 今までお聞きしたことがありませんでした。
 日本に形成外科がなかった時代に、
 米国まで行かれて治療を受け、
 世界平和のために貢献していらっしゃる、
 笹森恵子しげこさんのお話しが印象的でした。

“第61回日本形成外科学会(福岡)②”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    凄いですね。米国に行かれて治療されたことが新聞に載り 形成外科を目指されたなんて。 とても貴重なお話でしたね。お疲れ様です。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。当時は原爆乙女と有名になったそうです。日本で形成外科をはじめられた先生が何人かアメリカで修行されました。笹森さんたちのために米国で募金で集められた資金に余剰金が出たので、形成外科の先生が修行される資金になったそうです。日本の形成外科にそんな歴史があると知りませんでした。勉強になりました。笹森さんの講演がとても素晴らしかったです。感動しました。

  2. なっちゅん より:

    学会お疲れ様です。

    大浦先生はやはり偉大な方だと思いました。

    笹森様には長生きして
    今後も語り部としても活動して頂きたいです。

    芝桜、昔、北海道で6月に見ました。
    本当に2ヶ月位、違いますね。
    綺麗です!

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。福岡の人たちは親切でとてもいい街です。札幌と2ヵ月は違います。来年の日本形成外科学会総会は5月に札幌で開催されます。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ