医学講座

第61回日本形成外科学会(福岡)④

 3日間の第61回日本形成外科学会が終わりました。
 とても有意義な学会でした。
 学会長の久留米大学医学部形成外科清川兼輔教授、
 久留米大学医学部形成外科教室の皆さま、
 ありがとうございました。
 福岡でたっぷり勉強させていただきました。
      ■         ■
 学会長の清川兼輔教授は、
 私とほぼ同年代の教授です。
 清川教授が、
 会員懇親会の会長挨拶で言われた言葉が印象的でした。
 久留米大学医学部を卒業して、
 形成外科医になると言ったところ、
 お母様から反対されたそうです。
      ■         ■
 私の親は反対しませんでしたが、
 清川先生のお母様は、
 そんな(美容整形の)医者になるために、
 あなたを医学部に入れたのではない。
 形成外科医になって、
 ちゃんと家族を養っていけるのか?

 …とご心配なさったそうです。
      ■         ■
 九州男児の母は、
 ご子息の将来のことを心配なさったのだと思います。
 清川先生の学会運営を見て、
 形成外科医が、
 皮膚科とか、
 美容外科をやらなくても、

 形成外科の保険診療だけで、
 ちゃんと食べて行けるようにしたい

 …という強い思いを感じました。
      ■         ■
 私も清川教授と同じ思いです。
 形成外科だけで、
 (美容外科や)
 (皮膚科を標榜しなくても)
 ちゃんと食べて行けるようにしたい
 …とあらためて思いました。
 札幌美容形成外科も、
 形成外科の保険診療をメインにして、
 私の残された人生を送ろうと思いました。
 清川会長、いいお言葉をありがとうございました。

“第61回日本形成外科学会(福岡)④”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    お疲れ様でした。気をつけてお帰りください。私はあの皮膚科の教授に追い出されさえしなければ、本間先生はずっと病院勤務の形成外科医師だったと思います。有意義な学会でしたね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。私と同年代の先生の中には定年になっている人がいます。追い出してもらったおかげで開業医になれて、勤務医時代の何十倍も何百倍も手術ができました。定年もありません。ある意味感謝しなくてはいけないかも?です。形成外科が世の中に認められ、美容整形と混同されない時代が来ることを願っています。

  2. えりー より:

    3日間の学会のご参加お疲れさまでした。

    本間先生も清川教授も同じ志しを
    お持ちなのですね。

    お医者さまになれたらどの診療科目でも
    素晴らしいと思いますが
    親心は複雑なのですね。

    形成外科、美容外科、皮膚科
    どれも心も前向きに救ってくれる
    大切なところだと思いました。

    お気をつけてお帰りください。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。とても有意義な学会でした。形成外科の保険診療だけでやっていけるのが目標です。これからもより良い医療を提供するように努力します。

  3. なっちゅん より:

    学会お疲れ様でした。

    本間先生のような誠実な方が開業され
    患者様にとっても幸せな事です。

    スマホが重く短文ですみません。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。調子が悪くて入力しにくいのに申し訳ありません。私は形成外科が好きなので、形成外科でちゃんと食べてゆけるようになればいいと思っています。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ