医学講座

第106回日本美容外科学会(JSAS)東京③

 品川プリンスホテルで開催されている、
 第106回日本美容外科学会(JSAS)は勉強になります。
 美容外科医の本音が聞けます。
 シンポジウム2テーマ:
 10:20-11:40
 座長:保志名 勝
 SY-5
 吸収性プレートを利⽤した⽿介軟⾻L 型フレームによる⿐尖形成術と⿐翼縮小+挙上術による効果の検討
 田中真輔 
 城本クリニック新宿院
 SY-6
 側貌を改善させるための⿐中隔延⻑術時の付加⼿術
 村松英俊 
 湘南美容外科大阪梅田院
 SY-7
 外⿐(nasal envelope)の整⿐術
 室 孝明 
 ビスポーククリニック
 SY-8
 ⿐背のspindle 切除で、正⾯の丸みは改善できるのか
 大橋菜都子 
 ヴェリテクリニック

      ■         ■
 どの先生の発表も素晴らしかったです。
 でも鼻のシンポジウムを聞いて、
 つくづく鼻は難しいなぁ~
 …と思いました。
 私はプロテーゼを使った隆鼻術しかしません。
 私のは控えめなI型プロテーゼです。
 それでも、
 元に戻してくださいという人がマレにいます。
      ■         ■
 シンポジウムをお聞きして、
 L型プロテーゼが気に入らないので、
 鼻中隔延長術の手術をしたものの、
 やっぱり元のプロテーゼがよかった
 …という患者さんいると、
 会場の有名な先生が発言されました。
 L型プロテーゼを抜くのはできますが、
 鼻中隔延長術は、
 元に戻すのが困難です。
 私は鼻の手術はしませんが、
 ベテランでも難しい手術だと感じました。
 美容外科医は大変です。

“第106回日本美容外科学会(JSAS)東京③”へのコメント

  1. えりー より:

    学会ご参加お疲れさまです。
    専門的な事は難しくてよく
    わかりませんが、
    患者さんの細かな要望に対応
    しなければならない美容外科の
    お医者さまは大変だと思います。
    ストレスも多いのではないかと
    思いました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。鼻の手術は手術後のイメージをとらえにくいので余計に難しいです。ベテランの先生が手術をしても難しいと思いました。

  2. さくらんぼ より:

    お疲れ様です。 鼻は 息子が悩んでます。副鼻腔炎の手術をして鼻の骨を削ってから 鼻がまっすぐでなくなり右に曲がるようになり戻すことも手でできますが 治らないかなあといってますが、耳鼻科か形成外科かわかりません。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。さくらんぼさんの息子さんは耳鼻科です。難しい手術なのだと思います。困りましたね。

  3. なっちゅん より:

    学会お疲れ様です。

    鼻中隔延長術を元に戻す手術は
    難しいのですね。

    しかも初めて聞いた
    手術名のような気がするのですが・・・

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。鼻中隔延長術は最近よく発表があります。難しい手術です。不満足な方もいらっしゃるようです。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ