医学講座

第132回日本美容外科学会(JSAPS)学術集会(沖縄)④

 沖縄で開催された、
 第132回日本美容外科学会JSAPS
 …で印象に残ったご発表です。
 16:30〜17:20一般演題2
 座長:新城 憲 (形成外科 KC )
 6、 脂肪注入による豊胸術にて多発する小嚢胞を生じた1例
 演者:吉種克之( 東京イセアクリニック)

 とても考えさせられるご発表でした。
      ■         ■
 ご発表の要旨です。
 CMCバッグによる豊胸術を受けた後に、
 バッグを取り出し、
 脂肪注入によって豊胸を受けた患者さん。
 その後に、
 小さな嚢胞のうほうを多発し、
 摘出したという症例です。
 数個のしこりは経験することがありますが、
 多発例ははじめて見ました。
      ■         ■
 多発した小嚢胞のうほうを摘出したところ、
 内容は脂肪滴でした。
 大きいものから、
 小さいものまで多数あり、
 摘出するのは大変だったと思いました。
 吉種先生は手術が上手なベテランの先生です。
 脂肪滴をつぶすこともなく、
 とてもきれいに摘出されていました。
      ■         ■
 会場の先生から、
 多発する小嚢胞を生じた原因として、
 血流に問題があったのでは?
 …とご発言がありました。
 実は私もJA帯広厚生病院に勤務していた時代に、
 病気で顔面が変形した患者さんに、
 脂肪注入をしたことがありました。
 数年はとてもよい経過でしたが、
 注入した脂肪は萎縮してしまいました。
 脂肪滴はありませんでした。
 病気が原因なのか?
 血流が原因なのかわかりません。
      ■         ■
 今回のご発表で、
 私は、
 やはり、
 注入による豊胸術は、

 自分の身内なら受けさせない
 …と考えました。
 アクアフィリング豊胸
 …の演題はありませんでしたが、
 2018年7月現在では、
 豊胸はバッグがいいと思います

“第132回日本美容外科学会(JSAPS)学術集会(沖縄)④”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    バッグより自然がいいと思い
    脂肪注入されたのでしょうが
    大変な問題発生ですね。

    豊胸したい方、現状はバッグがいいようです。
    どうか、本間先生の声が
    1人でも多くの方に届きますように!

    本日リハで頭痛、午後から立ち直りました。
    暫く続けた方が良さそうです。
    ご心配おかけしました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。頭痛が快くなられてよかったですね。余分な脂肪があるお腹や太ももから脂肪を吸って平らな胸が膨らめば夢も膨らむます。でも膨らんだ胸からしこりがたくさん出てきたら『何これ?』って思います。少しでもリスクのあることは(私は)おすすめしません。

  2. えりー より:

    学会お疲れさまでした。
    講演のご感想ありがとうございます。

    豊胸手術のその後に、いろいろと
    トラブルが起きることがあるのですね。
    そのようなリスクも頭に入れて
    納得して手術を受けた方が良いと
    思いました。

    お医者さまから身内なら受けさせない
    というお言葉をお聞きできることは
    患者さんにとってありがたいと思います。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。美容外科や形成外科を専門とする医師にもいろいろな人がいます。私は少しでも乳がん発見の妨げとなるような豊胸手術はすすめません。私と反対の意見の医師もいると思います。

  3. さくらんぼ より:

    そういった例はまれだと思うのですが、私も血流が悪い方で 脚の湿疹やむくみに悩んでます。血液さらさらは飲んでいますが、そういった人は不向きな手術なのでしょうね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。血液さらさらの薬を飲んでいるのと血流が悪くて注入した脂肪が定着しないのとは関係ありません。会場の先生が指摘されたのは以前にCMCバッグで豊胸を受けたことでした。最先端の技術で脂肪注入を受けても100%生着するという補償はありません。私は自分の身内でしたら豊胸目的の注入は受けないように助言します。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ