医学講座

裁判を避けたい美容外科の立場

 大手美容外科を相手にたたかうのは、
 弁護士さんでも大変です。
 作戦が必要です
 美容外科訴訟と弁護士さん
 美容外科の医療事故を経験した弁護士さんなら、
 美容外科の弱み
 …を知っています。
 大手美容外科は、
 訴訟を避けたいのです
 できるだけ、
 訴外で解決を望みます。
 なぜでしょうか?
      ■         ■
 もし裁判になると、
 事件番号 平成30年(〇)第〇〇〇号
 …のように事件番号がついて、
 医療事故が公開されます。
 裁判所の掲示板に、
 原告
 〇〇〇子
 被告
 医療法人〇〇会〇〇美容外科

 アクアフィリング注入感染事件
 …のように掲示されます。
      ■         ■
 裁判所には毎日マスコミが来ていますから、
 すぐに裁判を傍聴され、
 報道されるリスクがあります。
 週刊誌に狙われるリスクもあります。
 安全ですぅ
 …と莫大な広告宣伝費をかけている美容外科にとって、
 〇〇美容外科
 アクアフィリング注入による感染で集団提訴

 こんな見出しで週刊誌に載ることを一番嫌います。
      ■         ■
 大手美容外科
 …との交渉に慣れた弁護士さんなら、
 公開しないことを条件として、
 高い賠償金や手術費用を、
 大手美容外科の代理人弁護士と交渉します。
 TVにちょっとCMを出すだけで、
 1000万円の広告宣伝費がかかります。
 その広告費のことを考えると、
 内密にしてくれる
 …ことはとても価値があるのです。
 アクアフィリング被害にあった方は、
 上手に交渉してもらって、
 ガッポリ賠償金をもらってください
 2つの日本美容外科学会が推奨しない注入剤はダメです。

“裁判を避けたい美容外科の立場”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    美容外科の弱みとは気づきませんでした。
    裁判所には毎日マスコミが来てるんですか。
    それは訴訟になる事を恐れますね。

    内密にして十分な賠償金を貰うことがお勧めですね。
    被害にあった方は大変でしょうが
    弁護士さんをたてないと舐められますし
    その美容外科の思うつぼです。

    頑張って下さい!

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。美容外科側は患者さんの【他人に知られたくない】という【弱み】を利用します。患者側も美容外科側の【マスコミに知られたくない】という【弱み】を利用すべきです。高額の広告宣伝費にくらべたら患者さんに払う賠償金は安いものです。美容外科側はブランドが傷つくことをおそれます。原告となった患者さんの名前がたとえ裁判所の掲示板に出ても誰も見ていません。マスコミが見ても患者さんの名前は出しません。

  2. さくらんぼ より:

    そうです。裁判所法廷前と玄関から入った事務所前に 今日の裁判が分刻みで書かれています。もちろん報道の方々も入ります。できれば 知られたくないですよね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。裁判になって一番困るのは高額の広告宣伝費をかけている美容外科です。患者さんは名前を見られたところでマスコミが報道することはありません。相手方の弱いところを交渉材料に使うのです。アクアフィリングでは患者さん側には何の落ち度もありません。

  3. えりー より:

    昨日に続いて拝読しまして、
    なぜ大手美容外科は「訴外で解決」を
    望むのか?についてよくわかりました。
    看板や「安全です」の標語に
    キズがついたら困ることも一つの
    理由なのですね。
    今日も知らなかった事を
    教えて頂きましてありがとうございます。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。私が美容外科の手の内をお話しするのは同業者としてアクアフィリング被害にあった方に申し訳ないという思いからです。せっかくきれいになろうと思ったのに感染して膿が出て、その上、取り出すのに高額のお金がかかるのは残念なことです。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ