医学講座

皮膚移植の方法①

 保険でも見た目重視の形成外科
 …のつづきです。
 顔に皮膚がんができたとします。
 大部分の皮膚癌は、
 手術で切除します
 当然、顔にキズができます。
 大きな皮膚がんを手術すると、
 皮膚が足りなくなります。
      ■         ■
 皮膚移植という方法があります。
 この皮膚移植は難しいです。
 ブラックジャックという手塚治虫さんのマンガがあります。
 主人公のブラックジャックは、
 顔に傷があって、
 移植した皮膚の色が違います。
 ブラックジャックに移植された皮膚は他人の皮膚です
 皮膚がんの手術で移植する皮膚は、
 本人の皮膚です。
 本人か一卵性双生児の皮膚でなければつきません。
      ■         ■
 どこから皮膚を採取して、
 どのくらいの厚さで移植するかで、
 見た目がまったく違います
 ふつうの人が考えるのは、
 お尻などの目立たない部位からの皮膚移植です
 形成外科では、
 お尻から顔に皮膚移植をすることは、
 まずありません。
 目立つからです。
      ■         ■
 皮膚に余裕があれば、
 皮弁ひべんという方法で皮膚を移動します。
 皮膚移植より、
 皮弁の方が目立ちません。
 近くの皮膚を移動するので、
 皮膚の色や質感が似ているからです。
 私たち形成外科医は、
 少しでも傷が目立たない方法を考えて、
 皮膚移植をしています。
 高齢者の顔だったとしても、
 少しでも見栄えがいい手術法を選択するのが形成外科医です。

“皮膚移植の方法①”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    テレビでブツブツの顔の人が
    お尻の皮膚を移植したらどうですか?
    と言われたそうです。
    でもお尻もブツブツなので
    無理だったそうです。

    形成外科のお医者様では
    ないということですね。

    皮弁という言葉は
    初めて知りました。
    移動させるんですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。培養した自分の皮膚で美肌にするという技術はありますが、お尻の皮膚を顔に移植してブツブツを治すというのはありません。皮弁のことをFlapフラップと呼びます。形成外科医の腕の見せどころなんです。

  2. さくらんぼ より:

    整形外科では自家骨を腰から採ったりします。皮膚はお尻から採るのだと思いました。何処の皮膚をどのようにくっつけるのでしょうか?今日は脚があまりにも痛いので、整形外科にいって来ました。息子からは、痩せなかった自己責任だーと言われ。もう戻らないと言われました。膝の隙間がなく、ぴたりとくっついてい手術しかないようです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。膝の痛みは困りましたね。膝の手術は大変そうですね。皮膚移植は皮膚を採取する部位や方法がさまざまです。形成外科医がお尻を第一選択にすることはまずありません。一番多いのは大腿部(ふともも)の外側です。頭皮から採取することもあります。

  3. えりー より:

    私の母は若い頃に湯たんぽで
    足のすねをヤケドして
    皮膚の移植をしたと言って
    いました。何十年も経って
    いますが傷が少し残っています。
    皮弁という言葉、方法が
    あるのですね。
    初めて知りました。
    今日も知識をありがとう
    ございます。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。湯たんぽのやけどは低温やけどで深くなるため皮膚移植をすることがあります。皮弁ひべんで低温やけどを治すことはまずありません。皮弁は顔に使うことが多いです。これから寒くなるのでやけどに注意しましょう。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ