医学講座

二重と隆鼻で飯が食えた時代

 世界における隆鼻術の歴史
 …の続きです。
 ひと昔前の美容整形の時代は、
 二重と隆鼻ができれば、
 十分にやっていけたそうです。
 美容整形といえば、
 目と鼻でした。
      ■         ■
 今は骨を切る手術もあれば、
 頭蓋骨に人工骨をくっつけて、
 おでこの骨をまるくする手術もあります。
 時代は変わったものです。
 アジア人の美容外科手術は、
 日本が発祥の地です。
 日本人が考えた手術法がアジアに広まっています。
      ■         ■
 埋没法の歴史
 2013年11月15日の院長日記です。
 埋没法は歴史のある手術です。
 札幌美容形成外科HPに記載したように
 古く1920年代に日本で考えられました。
 もともと眼科の睫毛内反症さかさまつげ手術の応用です。
 1920年というと…
 今から100年近く前になります。
      ■         ■
 埋没法の歴史に詳しいのは、
 サフォクリニックの白壁征夫先生です。
 英文論文を書かれています。 
 埋没法が普及したのは…
 ナイロン糸の発明が大きいです。
 終戦後に女性のストッキングが普及したのと同じです。
      ■         ■
 戦後、景気回復とともに…
 東京の十仁美容整形で、
 二重手術が行われたそうです。
 当時は厳重な企業秘密
 手術に入れるのは限られた先生だけ、
 若い先生は手術室ナースから秘中の技を聞いて覚えたそうです。
 問題だったのが固定に使う糸。
 今のように異物反応が少ない糸がありませんでした。

      ■         ■
 埋没法で二重にできない目
 …もあります。
 私が一番多く手術をしているのが、
 眼瞼下垂症手術です。
 自分も手術を受けました
 埋没法では、
 黒目が大きく出て、
 まつ毛が上向きにならない人がいます。
 ぎょうざの皮のように薄い、
 挙筋腱膜という膜を引っ張る手術をします。
      ■         ■
 二重の手術が進歩したように、
 隆鼻の手術も変わりました。
 昔は象牙を使っていた時代もありました。
 私は象牙は一度しか見たことがありません。
 変形していました。
 今でも使われているのが、
 シリコンプロテーゼです。
 私は適応を選べばいい方法だと思っています。
      ■         ■
 眼瞼下垂症手術は簡単な手術ではありません。
 私が手術をさせていただいても、
 左右差、
 再発、
 腫れがとれない、
 …などのトラブルになることがあります。
 できるだけ満足度の高い手術を目指して、
 日々考えながら手術をしています。
      ■         ■
 隆鼻の手術は、
 もともと耳鼻科の先生が担当していました。
 病気の鼻中隔の手術を、
 耳鼻科の先生がしても、
 不満足な結果になることがあります。
 鼻は難しいです。
 ちょっとでも鼻の粘膜が腫れると、
 鼻閉鼻づまりになります。
 なんちゃって医には無理です。
 鼻の専門家、
 耳鼻科医が手術をしても難しいので、
 私は鼻中隔の手術はしていません。

“二重と隆鼻で飯が食えた時代”へのコメント

  1. えりー より:

    美容外科の手術は日本から
    アジアへ広まっていったのですね。
    厳重な企業秘密で希少価値の高い
    技術だったのでしょうか。
    眼瞼下垂症の手術も鼻中隔の手術も
    簡単ではないので絶対に、
    なんちゃって先生にお願いしては
    だめですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。アジア人の美容外科手術は日本の技術が広まりました。現在では韓国や台湾にも優秀な先生がいらっしゃいます。海外で手術を受ける日本人も多いですが、中国の富裕層が日本に来て手術を受けています。簡単な手術ではないので技術力があり言葉がしっかり通じる先生に手術を受けてください。相性も大切です。

  2. さくらんぼ より:

    目も鼻の手術は奥が深いのですね。なんちゃての誘いには乗らないで信頼できる医師を捜すことが大事ですね。息子は耳鼻科で鼻中隔湾曲症の手術をしたのですが、鼻が常に出て寝ると胃の方に鼻汁が落ちていくし、アレルギーになり牛乳、チーズがだめになりました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。せっかく手術を受けられたのに思いもよらない結果になり残念です。しっかりと先生の指示を守られたでしょうに。手術をきっかけにアレルギーになるのはほんとうにつらいことです。私は聞いたことがありませんでした。

  3. なっちゅん より:

    目と鼻が多かったのに
    今は本当におでこ迄する方がいますね。
    怖いと思います。

    いい先生に巡り会って欲しいです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。昔は目と鼻でした。今でも人気があります。複雑な手術は誰にでもできるわけではありません。鼻中隔を切ってトラブルになり修正手術を求める人が多いそうです。治せる先生はほんとうに限られています。

  4. なっちゅん より:

    さくらんぼさん

    ご子息様、鼻の手術をされた時
    大変だったのですね。

    今もまだアレルギー症状が続くとは
    辛いですね。
    何とかならないものでしょうか?

    お見舞い申し上げます。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ