院長の休日

被災犬しろたんの縁

 平成28年11月16日、朝日新聞朝刊、
 ひとときへの投稿です。
 被災犬しろたんの縁
 2年前、動物保護施設から譲り受けた犬の「しろたん」は、すっかり私たち夫婦の息子になった。雷や台風などが大の苦手で、空模様が怪しくなると、私たちにくっついて離れない。午後4時が近づくと、前脚で何度もそーっと私をたたいて散歩の催促をする。
 しろたんは東日本大震災の被災犬で、原発事故により全村避難となった福島県飯舘村で保護された経緯がある。私たちは元飼い主の方がどんな思いで手放され、今どうされているのかずっと気に掛かっていた。
 最近、思い切って飯舘村役場へ問い合わせた。該当する3件から絞り込み、特定できたと連絡があった。まもなく元飼い主さんから電話をもらい、10月25日に夫が福島で会えた。元の家や散歩コースを車で案内してもらい、こちらはしろたんの写真や動画を渡した。
 家族の中でも、今86歳のおばあさんがかわいがっておられたそうで、「安心しました」と涙ながらに電話を頂いた。避難女性らが古い着物で作る「までい着」を縫ってくださるという。
 「大阪に親戚ができたようでうれしい」とも言われた。私たちもそんな気がしている。しろたんが引き合わせてくれたご縁である。
 (大阪府能勢町 佐久久美 主婦 70歳)
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 今朝はこの記事を見つけて、
 朝から気分がいいです。
 甘えん坊の「しろたん
 2015年1月24日の院長日記です。
 平成27年1月24日、朝日新聞朝刊、 
 ひとときへの投稿です。
 甘えん坊のしろたん
 昨年末、わが家に6歳のオス犬がやってきた。
 飼っていた犬が半年前に急死し、夫婦ふたりだけの生活になり、悲しくてさびしい日々が続いていた。そんな折、近くにある動物保護施設の犬に出会った。何度かおじゃましているうち、1匹の犬に情が移ってしまい、最期まで責任をもって飼う約束で譲り受けたのだ。
 施設の動物には、推定年齢や保護の経緯が記されたカルテがある。わが家へ来た犬は福島県飯舘村生まれ、名前は「シロ」。東日本大震災後、飯舘村は原発事故の被害で全村避難となった。村に取り残されて保護されたという。シロは大阪の施設に来て3年余り、新しい飼い主を待っていたことになる。
 わが家では名前を「しろたん」と決めた。白い雑種で、耳や背中に茶色いブチがある。まだ日も浅いのに、背中をなでてというようにすり寄って、私たちに甘えてくる愛嬌(あいきょう)者だ。
 「福島でもこうして甘えていたんやろな」
 「いまだに帰る見通しもたたない避難生活をしている人たちは、どんな気持ちやろう」
 しろたんの頭をなでながら、夫婦で話している。
 (大阪府能勢町 佐久久美 主婦 69歳)

 (以上、朝日新聞より引用)
      ■         ■
 その翌日には、
 夫婦ふたりだけの生活
 …という院長日記もあります。
 実は、
 筆者の佐久久美様から、
 お手紙までいただきました。
 ありがたいことです。
      ■         ■
 甘えん坊のしろたん」の元の飼い主がわかって、
 今86歳のおばあさんがかわいがっておられたそうで、
 「安心しました」と涙ながらに電話を頂いた。

 光景が目に浮かぶようです。
 ご主人が、
 わざわざ福島まで行かれたのも驚きです。
 大阪に親戚ができたようでうれしい」とも言われた。
 私たちもそんな気がしている。
 しろたんが引き合わせてくれたご縁である。

 いいご縁ができてよかったですね。

“被災犬しろたんの縁”へのコメント

  1. えりー より:

    悲しいニュースも多い世の中ですが、
    このような記事を見つけると
    本当に心があたたかくなります。
    しろたんは幸せなワンちゃんですね。

    夫婦ふたりだけの生活も拝見しました。
    私も先生と奥様のように
    近い将来、息子が巣立っても
    夫婦仲良く暮らしていけたらと思っています!

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。うちは夫婦二人仲良くではありませんが、何とか生活をしています。しろたんのご縁はよかったですね。

  2. なっちゅん より:

    甘えん坊のしろたんの元飼い主さんがわかってよかったですね。
    大阪から福島まで行かれたとは凄いことです。
    親戚ができたみたいってわかる気がします。

    今年、愛息がたった7歳で
    虹の橋を渡った私にとっては
    涙が出そうになりました。

    ワン友さんのとこで同じ犬種が
    14歳を迎えられました。

    しろたんも長生きしてくださいね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。わんちゃんも短命な子もいれば長寿犬もいますね。うちの犬はラップを食べて死にそうになりましたが助けていただきました。

  3. さくらんぼ より:

    同じような話ですが、隣のお宅では一人息子さんがお風呂で急死され農家も辞め老夫婦二人だけになりました。私より一つ下でしたが独身でした。何ヶ月か前 野良猫のみけが やってきました。我が家の網戸も開けかつお節を食べていきました。動物など飼ったことのないお隣さんですが、可愛そうに思いご飯をあげたらそこのお宅の飼い猫になり、りんごの木の箱の中で二匹の子猫まで産み 二人で一生懸命世話をしています。さくらんぼさん 家の赤ちゃん見ていってくださいと言われ二回ほど見せていただきました。 野良猫は品が出て 毛並みもよくなりました。 動物は人の心を癒やしたり 凄いとおもいます。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。うちは犬がティッシュを食べたり悪さをします。犬がいると二人でも癒されます。うちの犬は私がこわいのでほんとうは私のことは嫌いなんです。でも餌をもらう時だけはしっぽをふって来ます。犬も心得ています。

  4. すみれ より:

    今日、テレビで福島県の子が、小学校でイジメにあっていたと流れていました。幸せな犬もいるのですね。辛い震災でも温かな話を聞くとうれしくなります。うちも里親で獣医から殺傷処分まえの子イヌを貰いました。18年生きて大往生で死にました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。福島の子のいじめは新聞で読みました。しろたんは幸せな犬です。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ